スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3つの基準?前編

広島ブログ今日も応援のポチッとありがとう!

先日、とあるブロガーさんとお話しした時「銀蔵さん、毎日のブログネタはどうしてるの?」とのご質問を受けた。

これは、毎日更新しておられる皆さん共通の悩みと思う。

毎日の献立に加えて、ブログネタまで考えるのは、面倒以外のなにものでもあるまい。

オレも同じで、「ネタが無くなったり見つからない時は、保険の話しを書くんですよ・・・ハハハ」と答えておいたので、今日は他にネタがない事がバレバレかも知れない。。

さて、この前も事故の相談が持ち上がったので2回にわけてお話ししよう。

以前も書いた事があるが、交通事故に遭って後遺障害が残ったとする。

後遺障害といっても手足が無くなる怪我から、神経障害まで様々あり1~14級までの等級に分けられる。

14級というのは「局部に神経症状を残すもの」とあり、事故の衝撃で頚部がダメージを受けて頸椎の神経根が圧迫されたりすると、背中の痛みや手先の痺れとして現れる。いわゆるむち打ちと呼ばれている。

これが他覚所見で得られれば12級、自覚症状だけであれば、まれに14級。

ともに交通事故の受傷では、これらが一番多い。

事故で受傷後180日以上経過して、医師が症状固定の判断を下せば、後遺障害診断書を書いてもらい、提出することになる。

この時の手続きとして「事前認定」と「自賠責への被害者請求」2通りがある。

当ブログ読者の皆さんは当然「被害者請求」をしなければいけない。

理由?
それが被害者にとって利益になるから。

ここまでは理解して頂けたかな?


さて、医師に書いてもらった後遺障害診断書を、自賠責に請求すると約40日ほどで結果が通知される。

そこで14級が認定されたとしよう。

次に問題になるのが今回のテーマ「3つの基準」である。

3つの基準とは「自賠責基準」「任意保険基準」「裁判所基準」

この中で裁判所基準が一番多くの賠償金を貰える。オレがいつも言う「まっとうな賠償金」とは裁判所基準のことを指す。

誰もが怪我をして同じ等級を認定されたら、少しでも多くの保障をしてもらいたいと考えるよね?

ん?あなたは一番安い自賠責基準で満足?
では、ここから下は読まなくてもヨロシイ!


最近あちらこちらで見かける法律事務所の広告で「弁護士に依頼すれば多くの賠償金がもらえる可能性があります」と目につくが、これはその通り。

しかし、盲点があってそれは報酬がかかること。

14級の場合自賠責では75万円になるが、裁判所基準では110万円ほどになる。随分と差があるね。

ところが、これを弁護士に依頼して提訴したところで、費用倒れに終わってしまう。

良心的な弁護士は14級や12級の依頼を受けない人もいる。

では、12級や14級の被害者は自分で地裁に提訴するしかないのか??

相手は海千山千の保険会社と法律のプロである。素人では歯がたたないが、泣き寝入りも悔しい。

何とか裁判所基準の保障が貰いたいはず。

こんな時の裏ワザを明日ご紹介しよう。

広島ブログ
んなわけで明日も読んでね!

コメントの投稿

非公開コメント

はっきり言ってちんぷんかんぷん

自分がかけている保険が、
適正なのか保障に偏りがあるのか
不足しているなら何が必要なのか
サッパリわかりません。
いつか銀ちゃんに伺ってみたいです。

うーん、確かに弁護士費用のこと考えるとなき寝入りしてしまう人は多いはず。
そんな時どんな秘策があるのでしょうか?
続きが気になりますe-454

おはようございます♪
ボクはネタに困ったら、昨日笑顔になった時のことを思い出しています。たいてい、それでネタが見つかります♪

いかまりさんへ

ご相談でしたらいつでも賜りますので、お気軽に声をかけてくださいね!!

しかし、いかまりさんとお会いする時はいつも酔っ払ってるから、素面の時にお願いしますね・・(・.・;)

みゅーさんへ

そうなんですよ・・

本人訴訟も出来ますが、やっぱ壁は高いですからね・・

秘策や裏ワザというより、知っておきたい制度がありますので、またご紹介します~!!

ととろんさんへ

なるほど!!
さすがブログタイトルの「笑顔のもと」に偽りなし!!ですね。

オレもマネしよ~っと!!

検索フォーム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。