スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故にまつわる都市伝説を考えるの巻

広島ブログ今日もポチッとありがとう☆

ここ数日事故の相談が相次いでいるので、保険のお話しをしよう。

交通事故。加害者になっても被害者になってもいけない。交通安全が一番と分かっていても避けられない事故も多い。

普通に道路を走行していても、対向車線から飛び出して来られたらどうしようもない面がある。

さて、事故に遭うとまず病院にかかるが、通勤時や業務中であれば、迷わず労災申請をしよう。

赤字にしておくので、この部分は忘れずに!!

大きな会社組織であれば、総務担当者も労災に関する知識をお持ちの方がいるが、中小の会社では、労災の手続きはが初めてで、どうすれば良いのかを分かっていない人も多い。

そんな時のために自分で武装しなければいけない。

通勤途中で事故に遭ったと仮定しよう。

合理的な経路で通勤していれば、労災保険の対象となるので会社に連絡をすると、担当者が「それは労災使えませんよ」とほざく場合があるそうな。

労災の適用になるならないを判断するのは、労働基準監督署であって、担当者ではない。これも一つの都市伝説で妖怪・お化けの類である。

担当者がそのような事を言えば、迷わずさっさと労働基準監督署に出向き、書類を貰ってさっさと記入して申請する。

会社が文句を言ったところで聴く必要はない。

書類には会社のハンコが必要になるが、なくても申請は出来る。

もっとも、勝手に申請をすると後から担当者と険悪になるかも知れないが、そんなことを差し引いても労災申請を優先させなければいけない。

「交通事故は自賠責優先ですよ・・」基準局の窓口でそんなことを言う職員も居ると聞いたが、ハイハイと聞いたふりをして、さっさと申請してしまうのである。

どうしてここまで労災にこだわるのかは、今まで何度も書いたが、被害者・加害者にかかわらず、怪我をしたら労災が一番あなたに優しいからである。

優しいというのは、言葉や気持ちでなく、制度が怪我をした人にとって優しい。

自賠責なんか、人身事故の場合のみ、120万円までしか出ないが労災適用になれば、そんなことはない。

煩わしい保険会社の人間と面倒臭い話し合いをしなくても済む。

これだけでも労災のメリットは大きいのである。

治療費や、休業損害の事は忘れて、治療に専念出来るのは、労災保険をおいて他にない!!と断言できる。

不幸にも労災が適用されない場合でも、治療には「健康保険」で通うのである。

こう言うと「相手が悪いのに自分の保険を使うのは納得出来ない・・・」と言う人もいるが、これも都市伝説になる。
健康保険で治療を受ける事を勧めるのは、それが本人にとってメリットがあるから勧めるのであって、健康保険を使ったからと言って保険会社が有利になる事はない。

病院の窓口で「交通事故は健康保険が使えません」と言われることもあるかもしれない。

労災隠しは犯罪になるが、事故で健康保険が使えないなんて、これもいわゆる一つの都市伝説である。

「県庁の医事課で確認したら、事故でも保険で治療出来ますと言われました」と窓口で伝えれば何の問題もない。

事故で健康保険を使うメリットは大きく、自賠責の120万円が減るスピードを節約出来る。

事故なんて関わり合いになりたくないが、いざ当事者になると知らないことばかりで、やみくもに都市伝説を信じてしまう人がいる。

ここに書いた事は、他でもない怪我をした人にとって有利になる事実である。

何よりも怪我の治療を優先させて、損をすることなく、不愉快になることもなく、一日も早い社会復帰を目指すことが重要になる。

その為には巷で囁かれる都市伝説の類を安易に信じないようにしよう。

今日、このブログを読んだ方はしっかり覚えておいてもらいたいね。

もう一つ「事故に遭ったら過失割合を有利にするために、保険会社に怒鳴り込む・・・」「先に怒鳴り込んだ方が勝ち」なんてのもよく聞かされる都市伝説で、実際はそんなことは全くない。

事故相手が怒鳴り込んで来るなんて、保険会社では日常茶飯事でそんなもの慣れっこである。

いちいち言う事を聞いていたら話しにならないので、あしらうノウハウもある。

怒鳴り込んだところで、何のメリットもない事も覚えておこう。

以上、事故にまつわる都市伝説講座でした。

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

勉強になります。

はじめましてnancyです。

なるほど…勉強になります。
ちょこちょこブログ読ませていただいています。
わかりやすいです。

nancyさんへ

初コメントをありがとうございます!!

分かり易いと言って頂くと、凄く嬉しいですね~

またこれからも気軽にコメントくださいね!!

いつも勉強になります

ご無沙汰お許しください。
「そうなんだ!」と勉強になることばかりです。

つい最近、怖い事故に遭ったツレですが、
まったく「いけない事!」ばかりしているようで・・・
すぐに、ご相談すべきでしたv-395

yuu_fu_renさんへ

こちらこそ、大変ご無沙汰をしております!
寒い日が続きますが、お変わりございませんか?

ご友人の方が怖い事故に遭われたとの事ですが、心からお見舞い申し上げます!!

法律相談には乗れませんが、解決へ向けてのアドバイスであれば出来ますので、分からないことがあればお気軽にご連絡を下さいね!

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。