スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニサヤ講座

広島ブログ
おやっ!
気が付けば3日も更新出来ずにいたら、ランキングが急降下↓↓

更新出来ない間も、ご訪問してはポチッとして下さる方が居て、有難い事このうえないね~!

さぁ、気を取り直して更新に励もう!!

この前の日経に、生保の逆ザヤの記事が出ていたが、読んだ方がいらっしゃるかな?

「国内生保の解約率は減ったが、同時に逆ザヤの解消が進まない」とある。

さて「逆ザヤ」とは何ぞや?
以前にも当ブログでも書いたし、保険教室でも話しているが、新ためてスタディしよう。

まず、保険会社ってのはご契約者さんからお預かりした保険料を金融マーケットで運用する。

掛け捨ての保険商品では、そこまで気にすることもないが、満期の来る保険。
例えば、学資保険や個人年金や養老保険がそれにあたる。

それらの保険料をお預かりする際「予定利率」で割り引いた保険料を算出して、ご契約いただくことになる。

この予定利率より、保険会社の運用成績が悪いことを「逆ザヤ」と呼ぶ。

予定利率>生保の運用利回り=逆ザヤと解釈して間違いない。

考えれば分かる通り、逆ザヤというのは生保会社にとっては歓迎出来ない状態。

反対に利率の高い時期の契約であれば、契約者にとってはありがたいことになる。

もっとも、いくら高い利率の商品でも、生保会社が破綻すれば、絵に描いた餅に終わるリスクもあるが・・・

この逆ザヤを解消するには2つの方法があって、一つ目は、運用成績を上げることと、二つ目は利率の高い契約を解約させること。

一つ目の運用成績を上げるのは、今のようなマーケット環境では至難の業になる。

そこで二つ目が注目されることになるが、解約をされてしまうと顧客が離れてしまうので「転換」というウルトラCを使って逆ザヤの解消に努めることになる。

予定利率が高い契約を探しては、営業職員にハッパをかけてお宝保険を解約させて、利率の低い契約に転換させて、世間の顰蹙をかってきたのが、国内生保の歩みである。

ところが、最近ではネットで情報を仕入れた顧客も防衛を計るようになり、素直に解約には応じないようになった。

それが解約率の低下と逆ザヤの解消が遅れる原因となっているとか・・・

こんなあくどい営業をするから保険のイメージが低下する。

もっとも「顧客の無知につけこめ!!」ってのは保険だけではなく、銀行も証券も変わりないが・・・

さて、逆ザヤがあれば反対のこともある。

予定利率<運用利回り=順ザヤと呼ぶ。

ご契約者さんからお預かりした保険料の運用が、約束した予定利率より上回っている状態が「順ザヤ」になる。

いうまでもなく、契約者が安心なのは順ザヤ状態の保険会社との契約になる。

自分の契約している会社がどうなのか、気になる人は問い合わせをしてみよう。

「お宅の会社は順ザヤですか、それとも逆ザヤですか?」と。

ウソをついても分かることなので、正直に答えてくれる会社は親切かも知れないね。

ちなみに、オレが取り扱っている会社は「順ザヤ」である。

逆ザヤの商品なんて恐ろしくて取扱い出来ないのである。
広島ブログ
「順ザヤと逆ザヤ」これだけ覚えているだけでも損はない。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。