スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年の暮にミニミニ保険講座

広島ブログ

暮も押し迫ったこんな時になんだが、来年の生命保険料控除についてお知らせがある。

来年の話しをすると鬼が笑うとかいうけど・・・鬼なんてそこらにおったら連れて来い!!!っとまぁ、そんなことはどおでもええんです。

皆さん、毎年超多額の生命保険料を払っていると思われるが、払った保険料は所得税・住民税で控除があるのはご存じよね。

ここでいう「保険料」とは民間の生命保険会社に支払う保険料のことで、健康保険料とは違うことを覚えておきましょう。

現行の保険料控除は「一般生命保険控除」と「個人年金控除」がある。

限度額はそれぞれ
一般→所得税5万円・住民税3.5万円

個人年金控除→所得税5万円・住民税3.5万円

全体で所得税10万円の住民税7万円で合計17万円の控除がある。
この制度が改正されて、平成24年1月1日からの契約分については以下のようになる・

一般→所得税4万円・住民税2.8万円

個人年金控除→所得税4万円・住民税2.8万円

そこへ新たに「介護医療保険料控除」という制度が新設される。

控除限度額は、他の控除と同じ額で、所得税4万円と住民税2.8万円。

全体の限度額は「所得税12万円」「住民税7万円」の合計19万円となる。

控除額全体でみれば減税になるが、個々でみれば増税となる。

分かり難いかもしれないので、ポイントを3つあげるとすれば・・・

①一般生命保険料と個人年金に関しては、年を明けての契約は増税になる。

②2012年1月1日~の契約に関しては新たに「介護医療保険料控除」が新設される。

③全体では所得税・住民税を合わせた合計で2012年1月1日からの契約は年間2万円の減税になる。
あなたがご加入の保険に関して、何が介護医療保険控除の対象になるかは、生命保険会社か、各代理店までお問い合わせをして確認しておきましょう。

以上、年の暮れにミニミニ講座でした。
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。