スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学資保険VS国債

保険屋のくせに、最近保険の話しをアップしてなかったなぁ~・・・

皆さんお使いのブログサービスではどうか知らないが、FC2にも検索機能があって、どのような単語でヒットしたのか分かるようになっている。

その中で、毎日コンスタントにヒットするのが、タイトルの「学資保険VS国債」

それだけ、関心を抱いている方が多いと解釈するが、改めて整理してみようと思う。

学資保険は皆さんご存知のように、子供の教育資金に備えるものである。

具体的には高校入学時の15歳と大学進学時の18歳に必要なお金を、今から備えておく。

色んな保険商品があるが、15歳と18歳を覚えておこう。
16歳と19歳満期もあるけど、入学時に間に合わないので、満期は15と18にしておいた方が安心である。

さて、資金の性格上、元金が保証されているものでなくてはいけない。

日本で元金保証のある金融商品といえば、銀行預金・国債・学資保険等。

それぞれに、ペイオフやデフォルトや保険会社の破綻等リスクはあるが、投信で運用するわけにもいかないので、教育資金となると、この3つに絞られる。

銀行預金は変動金利に対応してくれるが、いかんせん低金利すぎて話しにもならない。

わずかでも、預けた期間に応じたリターンを希望するなら、学資か国債となる。

個人が購入出来る国債は5年固定と10年変動に分けられる。

金利情勢は時々で変わるが、固定の方が低くて、変動の方が高い。
住宅ローンを借りるのと反対になる。

就学前のお子さんをお持ちであれば、年数に応じて、変動と固定を組み入れる方法もあるが、難点は「複利で運用出来ないところ」

年に2回利払いがあるが、こんなもの要らないから利息は元金に充当して複利にした方が効果的だが、それが出来ないのが一番のネックではないかな。

今流行りの「毎月分配型投信」と同じ理屈である。

しかし、償還期限が来たらちゃんと国が返してくれる・・・と思うので今のところは安心かな。


次に学資の特徴は、予定利率というものがあって、それを割り引いた保険料で積立をしている。
銀行預金と似ているが、ちょっと違い、予め割り引いた保険料設定になっている場合が多い。


例えば毎月1万円を積み立てて10年後に120万を目指すと、120万円+利息になるが、学資の場合は同じ10年後の120万円でも予め割り引くので保険料が9千数百円になったりする。

お察しの良い方は分かると思うが、予定利率は高い方が契約者にとっては有利なのである。

気になる方は、保険会社に学資保険の予定利率を聞いて、国債や銀行預金と比べてみよう。

もちろん、オレに聞いてくれても構わない。

さて、学資にあって国債にない一番の違いは「支払免除特則」があるところ。

免除特則とは、契約者にもしものことがあった時は、その後の保険料支払いを免除してくれるもの。

免除されても、教育資金は確保されるところに大きな違いがある。

この免除特則がない商品もあるが、その分、保険料が安くなったりする。

これは学資の大きな特徴で、他の金融商品のどれを探してもこんなものはない。


以上を考えると、大金持ちは学資保険なんか必要ないことが分かるね。
相続対策用に生命保険を活用すればよろしい。

その他、金融マーケットでリターンを上げ続ける自信のある方も必要ないかな。

それ以外、お父さんの年齢や職業・健康状態に不安をお持ちの方であれば、迷うことなく学資をお勧めする。

学資選びのポイントであるが、予定利率の高い商品と15歳と18歳で満期がくるような商品と、戻り率の高さで比べよう。

特則だらけで保険料が高くて戻り率の低い商品は、避けた方が無難かもね。

以上、学資保険VS国債のおさらいでした。
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

そうか~銀ちゃん保険やさんだったんだ!
頭に海苔つけたり、仲良ブログ紹介する人のような気がしてた~(たまに苦情まわしたり)。
保険の話は、どうも頭にはいらなくて。
一応、娘たちも保険入ってるけど、満期ずっとさきだよ!いいのかな~。
内容は、保険やさんのおばちゃん任せでどうなってるか全然検討してないや~~。
こういう観点で内容って検討するもんなんだね。何かあったらまた教えてください。

aaconeeさんへ

頭に海苔を貼りつける保険屋は、おそらく日本でオレ一人と思われます。
ちなみに、学資と国債を比較検討する保険屋も他に居るかどうか疑問・・

長野や香川につられて、お笑い方面に行きそうやったんで、軌道修正しとかんとね!!へへへ

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。