スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子オン

本屋巡りをしながら、毎月発売される新刊に手を伸ばすのも楽しいが、本棚にある古い本を引っ張り出して再び目を通す楽しみもある。

以前は、面白そうなタイトルの本を見つけては、手当たり次第に手を出して、ババを掴んでは古本屋に持って行くことも多かったが、最近はそれもめっきりなくなった。

言い換えると、現在本棚を飾っている其々は、いつまでも手元に残しておきたい大切な一冊ばかりともいえる。
そういえば「ワルが教える・・・云々」というシリーズがあって、タイトルに魅かれて手にしたが、中身は見事なまでに空っぽであった。

反対の意味で、あれだけ空っぽな内容で、一冊の原稿を書き上げる力量が凄いと、変なところで感心したりする。


さて、数年前から始めた当ブログでは何回目かのご紹介になるが、改めて読み返して面白いのがこちら。

携帯で見られない人スマン!!
村上和雄著「遺伝子オンで生きる」サンマーク出版

筑波大学名誉教授、村上先生の著書がそれ。
「心の持ち方であなたのDNAは変わる」とあるが、どうよ?

表紙を見ただけでなんとなく変われそうな気がしてきた?

村上氏は広島でダライラマ氏と対談をしたこともあるので、ご存じの方も多いと思う。

実は、数年前に東京で開かれたサイン会&トークショーに行ったことがある。

地元でも講演会を開かれたので何度か参加した。

著書にサインももらったが・・・
もうちょっと色気のあるサインにしたらどうかなぁ~・・・

科学者の本に色気を求めるのが間違い?

オレ、不思議なことに自分が科学音痴なくせに科学者の本が好きだったりする。

本書のように遺伝子や脳科学の本なんて結構読んだ。

もっとも、素人に理解出来る内容であることが大前提であるが・・・

本書の中で印象深い点がいくつもあるが、特に覚えておきたいのが「天才も凡人も働いている遺伝子の数は数%の誤差しかない」というくだり。

イチローとオレのせっせと働く遺伝子の数はたったの数%の違いしかない・・?

反対から考えると、その数%を活かせばイチローのようになれるとも受け取れるが、それはまたちょっと違う。
たとえ数%が働くようになったとしても、勝負するグランドが違えば話しになるまい。

しかし、今何かで行き詰まり悩んでいたとすれば、変われるきっかけを与えてくれる一冊になると思う。

だから読書は素晴らしくもある。
広島ブログ
あなたが押してくれるクリックも素晴らしくある

コメントの投稿

非公開コメント

あ~
私も村上さんの本読みました。
そう、遺伝子オン的な話だった!
わすれちゃうから、話ができないのよ!

人間の潜在意識の偉大さを知る話好き!
池谷先生と糸井重里さんの対談「海馬」にはまってその後も池谷先生の本を読みました。
これで、記事書きたいと思った位!

脳は、駄目と思ったら、能力ストップみたいですね。
だから、否定語を禁止してるスポーツジムが、先日TVにでてました。

脳を数%しか使わないで死んでくなんて
勿体ないよね!
この忘れちゃう頭どうにかしたい!!

aaconeeさんへ

おっ!!
友よ!!これを読んだかね!!?

せっかく読んだのに、忘れて話が出来ないところがaacoさんらしいわ~

色んな方の実例をあげて書いてあるので、面白かったですよね。

ダメと思ったら能力がストップするのか・・・

そらまめさんも同じような内容の記事を書いてたね。

よしっ!!今からでも遅くない!!
オレは出来る出来る・・・何でも出来る・・・

aacoの脳は忘れないようになる、忘れないようになる・・・ブツブツ

銀ちゃん、ありがとう!
なんとなく霞が晴れてきたようなきがする。
で、キャタピラーじゃないし・・・

aaconeeさんへ

ブルドーザーaacoさんとおっしゃいましたかね?

霞が晴れて霧が出たなんてことないよね?

ただ、忘れる技術もある程度は必要と思いますよ!!

特に嫌なことはさっさと忘れて、次にスイッチを入れ替える。

簡単にはいかないと思うけど、この部分だけでも忘れずにしたいね。

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。