スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今が買い時?

週末のNY金価格の下げは歴史に残るような下げ方をした。

下げというより暴落と呼ぶ方がふさわしい。

2000ドル代に乗せるような勢いで上げてきた金価格は、週末の終値が1637ドル。

ちなみに、金の価格はNYの終値×31.1035×為替レートで求めることが出来る。

こんな下げ方は、ソ連がアフガンに侵攻して以来記憶がない。

週明けの東京市場は値幅制限のストップ安必至で、先週金を買い建てた資金は、その半分以上が吹き飛ばされることになる。

数日前、ヨーロッパの債務危機で逃げ出す資金の行く末が読めない・・・と書いたが、金・原油にはむかわず一斉にリスクマネーが逃げ出したような錯覚を覚える。

明日の東京は、間違いなくストップに張り付くと思うが、もしストップが外れてくるようであれば一時的な下げで終わるかも知れないが、こんな時には絶対に、先物市場で金を買おう等としてはいけない。

また、先物価格が下がれば、後を追うように現物価格も値段を下げてくる。

こんな時、現物を扱う業者が「ここまで値段が下がったので今が買い時ですよ」と誘ってくることがある。

そんな言葉に乗せられて買ってしまうと、あなたが手にするのはジョーカーになる。

ババを掴まされないためには、自己防衛が必要なのである。

もっとも、資産として永遠に金の現物を持つ作戦なら、ケチをつける筋合いではないが、それなら下げ相場が落ち着いてからでも遅くない。

反対に、手持ちの金を売却したいと思っているのであれば、今の内ってことになる。

金のロングポジションを持っている人は、飯も喉を通らない週末になったと思われるが、一刻も早く逃げ出すしかないね。

かくも金融市場は恐ろしい
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

銀蔵さんの記事を読んで、どえらいことになっていることに気づきました。

2000ドルにのりそうだった金が、1600ドル前半・・・

おそろしいですね。

こうなると、またどこかのエコノミストが、こうなることは予測していましたと、名乗りでる人がいるかもしれませんね(笑)

読書で気づいた男さんへ

こうなる事は、予想してたんですよ~

ただし、今年の3月頃ですけどね(笑

まっ「いつかは暴落する」と言えば必ず当たりますから、ある意味いい加減なもんです。

今月の始めころやったと思いますが、金に関しては万年強気のエコノミストが、珍しく弱気コメントをしてたのが気になりました。

しかし、金価格の暴落より、債務危機の方が怖いですね。

一日も早く収まってくれないと、震災復興にも大きな影響が出るでしょうね。

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。