スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を食らう

金融ネタを書くと、一気にアクセスとコメントが減るのは何故?

それでも書かずには居られない。

昨日の日経一面「さまよう個人投資家」より。

何でも、日本には長期投資が根付かない土壌があるみたい。

長期投資の王道といえば株式か債券への投資になるが、株式投資をする人の多くが、日計り商いかそれに準ずるような短期投資がほとんどらしい。

日本人は、投資が好きで、投機は嫌いって大嘘やと思うよ。

インカムゲインを目的とするより、その多くがキャピタルゲイン狙いやのに投機を投資と言い換える矛盾を感じる。

まっ、投資であろうと、投機であろうと、自分が自分の責任において行うのはどっちでもええと思う。

しかし、どうしても不思議なことがある。


オレは以前から「毎月分配型の投資は止めておこう」と提案してきた。

お金がザックザクあって余っていて、どれだけ損を出してもそれを快感に思う人ならいざしらず、一生懸命働いた大切なお金をどうしてみすみす損をさせるの?

毎月分配型とは、読んで字の通り、毎月分配金が振り込まれる。

振り込まれるのは、ええけど、それはどこから出るお金?

あなたの投信から出る。

この時、購入した投信の基準価格が上がっていればOkとして、下がっているのに分配金って・・・?

たとえるなら、自分のしっぽをかじっているうちに、胴体まで行ってしまい、そのうちに自分自身が無くなってしまうようなもの。

また、国債でもいえるが、定期的に利払いをうけると複利効果が全く見込めないので、有利とはいいがたい。

しかし、分配金の%を下げると途端に売れ行きが落ちるとか。

中には、預金がわりに投信を購入する人もいるらしい。

これは大きな勘違いではないか。

投信と預金は全く別物で、リスクの大きさは比べ物にならないほど違う。

専門家の間では「一年後に基準価格を上回っていなければ、元本割れの大きさが社会問題になりかねない」と指摘する声もある。

そんな事、以前から指摘してたよ!!まさか、当ブログ愛読者の方で、分配型投信を購入した人はいないと信じたいが、預金替わりに投信を買うなんてねぇ・・・

保険商品の方が有利なものがあるのに、保険=ウソ臭い。投信=有利で儲かるみたいなイメージを拭うのは難しい。



やっぱ、子供の頃から金融教育をしておくのって、絶対必要やと思う。

クリックも必要やと思う
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

専門用語

お金には興味がありますが、金融商品や取引にド素人な私です。
この手の物は良く勉強しないと、ただの欲だけでは失敗の元なんでしょうが、私には難しく感じます(頭悪いか)・・
何でも勉強ってしないとお金は付いて来ないんですね。

エコエコ薪ストーブさんへ

オレもその昔、人に誘われるままに投資の真似事をして大失敗しましたよ。

それからというもの、真剣に勉強したので身に着いた面もあるように思えます。

今考えると、その時損したことが良かったように感じてます。

薪ストーブさん位、理論的な文章を書ける人でしたら、順序立てて勉強すれば身に着くと思いますよ~


こんばんゎ( ´∀`)


キャピタルゲイン…

インカムゲイン…


旦那サンが教えてくれたけど、忘れちゃった…(汗)

昔、旦那サンに「株はどうなった?」って聞いたら、「株じゃない。相場って言ってくれー!」って言われたことがあるよ。

旦那サンは、先物をやってるけど、その様子を息子たちも見てるから、きっとあたしよりも子どもの方がよくわかってるかも!!


テレビでグラフとか出てくると、「あ。そうばぢゃーー!!」って次男が言っております(笑)


仕事が軌道に乗り、貯蓄できるようになったら、国債買おうと思ってましたが、損失額が上回るのですか。

のん♪さんへ

旦那さんの運用成績はどう?

商品か日経平均やってるの?

子供の頃から、動く金融商品に親しんでいると、投資センスも磨かれると思うよ!!

インカムとは、利息や配当金のことで、キャピタルとは売買差益と考えて間違いではないよ~

蔵星さんへ

久しぶり、元気?
チビさん大きくなったでしょ?

国債の損失額が上回る・・・?

質問の意味が不明ですが、決められた期限内に途中解約しなければ、今のところ国債は損失を出しませんよ。


意味不明な文章になってしまい、失礼しました。

国債は、唯一安全な投資である。国が必ず利息を支払っているから。


ブログを拝見しましてか、昨今のデフレにより、国債を購入しても元をとる事ができなくなったのではと考えまして…。

蔵星さんへ

国債は「絶対安全」ということはありませんが、日本では一番安全で流動性も高いことは間違いありません。

しかし、デフレが原因で下がった収入を補えるだけのリターンがあるかといえば、そうもいきませんね。

もっとも、銀行に預けるのに比べたらはるかにましな投資先には違いありません。

個人向け国債の5年物か10年にするか意見が分かれるところではありますが、検討に値すると思いますよ。

但し、資金全てを国債に回すのは得策とはいえません。

目的にあわせて分散しておくのが一番ですね。

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。