スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ社債講座

今朝の日経一面は、カラーが使われていたぞ。

中央には浜岡原発で、その横には「なでしこジャパン」がトロフィーを掲げる写真。

ネット上では両方の記事があふれているので、あえてその間に挟まれた記事をネタにすることにした。

「個人向け社債・急回復」がそれ。

そもそも、社債とはなんぞや?

国債が国にお金を貸すのと同じように、会社にお金を貸すのが社債。

どちらも債券なので、理屈は同じで、信用力が高ければ利息は少なく、反対に信用力が低ければ利息は高い。

社債に投資するのは、元本保障ではなく、債務不履行リスクがつきまとう。

これを見分ける指標の一つが「格付け」である。

お断りしておくが、高格付けであれば問題ないわけではない。

Aクラスの格付けを得ていた、サブプライムローンが、実は腐りかけた債券であったことは皆さんもご承知のことと思う。

これは主に証券会社を通して購入する。

ウチにもメールマガジンに交じって、時々社債のご案内が来るが、当たり前のこととして、銀行預金なんぞは比べ物にならない利息が付く。裏返せば、それだけリスクがある。

そう考えると、銀行に預けっぱなしで何もしないのは、自分の資金を防衛しないのと同じ事のように思える。

この個人向け社債が急回復している背景には、郵貯定期の満期や、個人向け国債の償還期限が重なったことがあげられる。

つまり、あなたのお金を全ての金融業者が狙っているのだよ。

もちろん、保険会社とて例外ではない。

債券とはちょっと違うが、予定利率の高い商品を開発して、顧客の囲い込みを企てているのである。


ところで、同じ企業に投資するとして、株式を購入するのと社債ではどう違うのか?

株は一定の数量を保有すると議決権が与えられるが、社債にはない。

万が一投資先企業が倒産した場合、株式は紙くずになるが、社債はいくらか返済される可能性がある。

その他、リスクとリターンも違うけど、どちらが自分に最適か、よく理解して投資しましょう!!

あっ!
保険で運用しようとお考えであれば、当代理店にご用命を!!

クリックもご用命を
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。