スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都市伝説を考える

第2回、都市伝説を考える日記、交通事故編。


もし、あなたが信号待ちをしている時、後ろから追突されたとしよう。

過失割合は10:0。

この場合、あなたが入っている任意保険は示談交渉をしてくれないので、全て自分で手続きをする必要がある。

後ろから激しい衝撃を受けて首から頭から痛くなる。

救急車に乗せられて、連れていかれた病院での診断は「外部頸椎症候群」。つまり、むちうち症であった。

さて、痛みと事故のショックで途方に暮れているところへ、Aさんがやって来てこう言いました。


「痛い痛いと言ってたら、保険会社が金を出すから、必ず痛いと言うように・・・」と。

こんな話しを聞いたことがない?

あるいは、誰かが言ってたかも知れないね。

さて、Aさんが言うように「痛い痛い」と言ってたら、保険会社は黙って金を出し続けるでしょうか?と言うのが問題。

答えは↓↓↓


















回答は・・・


「んなことあるわけない」

もちろん、痛いものは正直に痛いと言わなければいけないが、問題は自覚症状を証明する他覚所見が必要なのである。

他覚所見とは読んで字のごとく、他から見て分かる所見。

つまり、画像検査であったり、電気を流した検査であったりと、医師の検査によって証明されなければ自覚症状だけでは相手にされない。

ギックリ腰やむち打ちの自覚症状だけでは、何の保険も出ないが、画像でヘルニアとか頚部の疾患が証明できれば誰もが納得出来る。

しかし!!!

事故に遭って頭痛が続くのに、検査をしたら異常がない。

しかし、日常生活に支障をきたすほど頭が痛い。

それなのに、他覚所見がないばかりに詐病扱いされる。

こんな理不尽な話しはないと思うが、当たり前にある。

したがって、事故を受けたら、信頼出来る医師の元で、早目にしっかりした検査を受けること。

「痛い痛い」と自覚症状を訴えるだけで通用するのは、自賠責の120万円までである事を覚えておきましょう。


広島ブログ
追加
Aさんのような知ったかぶりをする人がきて「代わりに示談交渉をしてあげよう」と言っても頼んではいけない。
頼めば100%あなたが損をする。

コメントの投稿

非公開コメント

逆に120万までは

イタイイタイが通用するってことですか?
しまった。
痛くない大丈夫って直ぐに言ってしまいます。
過去3回オカマを掘られましたが、めんどうなのでつい
じゃけ、1万貰ったんが最高ですw

No title

むちうちほど怖いものはないですね。

他覚所見も現れにくいっていうし・・・
後から、その症状出てくることもあるし・・・

かくいうよっしーの親父も
何十年も前に事故にあったむちうちが
今頃、時折痛むらしいです。

昔と今じゃ医療技術も進歩しているので
むちうちもちゃーんと診断できるのかと
思われますが、
もう、時効ですよね。

⑦パパさんへ

過去3回もオカマになったんですか?

それくらいの怪我で済んだのなら不幸中の幸いですわ!!

120万円までの損害がそれで通用すると言えば問題になりますが、120万円未満と以上では保険会社の対応が違ってきます。

実際、大けがして自費診療で診てみらったら120万円なんて、アッという間ですもんね!

よっしーさんへ

むち打ち後は出てからくる・・・というのも都市伝説の一つですが、長くなりますので控えます。

ちなみに、自賠責への請求時効は、症状固定の診断を受けてから2年となっております。

No title

こんばんは~
いつもお勉強になります。
私、運転に自信がないせいか、
どうも加害者の立場でものを見がちです。

痛い痛いって、言われ続けるような事故起こしたら困るなぁ~と
思って読んでましたけど、やはり他覚所見いるんですね。

ここまで読んだら、急に被害者の立場になって、
痛いのにデータに出なかったら切ないな~と思ってしまいました。

銀ちゃん!事故起こしたら、広島から飛んで来てくれない?!

aaconeeさんへ

その後怪我の具合はどう?

骨折とかでMRI・CT等の画像に映る症状であれば問題ないけど、頸椎の神経根圧迫なんて画像で映らないものが難しい。

おまけに、「むち打ち」と一言で片づけるのも問題で、高次脳機能障害や低脳髄液が起こっている可能性もあるから、しっかりした検査が要るのよ。

aaconeeさんが事故に遭ったりしたらマイヘリコで飛んでいくよ!!

No title

ムチウチ・・・
なりましたねえ、私も

仕事中に信号待ちで追突されました
3ヶ月くらい休んで治療しましたが キリがないので
もういいです、って切り上げて仕事に復帰しましたよ
その後も1、2年くらいは
天候が悪いとクビや背中が重苦しかったです

車にはほとんど損傷がなかったので 
調べに来た全労災さんが 本当に痛いのかねえ、といぶかしむように首を傾げていましたが
背負っていた予備のタイヤが衝撃を散らしたから 車のボディがへこまずに人の体にショックがいったんですよというのが 車のメーカーさんの意見でした・・・
たしかにぶつかられた瞬間、体がシートからボンッて飛び上がりました

事故の後「うつ」になった人もいるとも聞きました 後遺症も怖いですね・・・

密柑さんへ

へぇ~そんな事があったの!

車に衝撃がいかず、人の方に行くってのはメーカーの人から聞いたことがあるよ。

そもそも、追突=むち打ち症でと捉えてしまう方に問題があると思うけど・・・

特に、神経根が圧迫されて痺れや痛みがあっても、画像で現れない場合が多いから難しいね。

ところで、その後、生活はどう?

まだまだ色々続くと思うけど、時間があればたまにはコメント下さいね~!

検索フォーム

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。