スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まぬけなハンター

さぁ、これから保険業界の裏話をしよう。

こんな事を書くと、同業者から嫌われるかもしれないが、今更かまわない。

保険募集人には、生命保険募集人と、損害保険募集人がある。

乗合代理店といって、ショッピングモールで見かける保険ショップは別として、我々のような個人代理店は「一社専属」と言って、A社から金融庁に登録するとA社の商品しか取り扱うことが出来なくなっている。

万が一A社を退社したり、代理店契約が無くなったりすると、同時に登録も取り消されることになる。

B社で働こうとすれば、新たに研修を受けて試験に通り、B社から登録しないと募集活動は出来ない仕組みになっている。

損害保険の場合はまた別で、試験に合格すればどこの商品でも取り扱うことが出来る。


以上の仕組みを理解した上で、続きに入ろう。


この前、とある保険会社から、お誘いをうけた。

「お話を聞いてくださいませんか」と。


おおぉ~
これが噂のヘッドハンティングってやつですかぁ~!

オレのところにもハンターがやって来たよ!!

まぁ、話を聞くだけならOKなので、高級な店で一番安い食事をしながら会食となった。

ヘッドハンティングというのは、単なる錯覚であるが、要は「ウチの会社に来ませんか?」という引き抜きである。

なんて物好きな会社があるものか。

こんな時代に、そんな話を頂けるのはありがたいことには違いないが、そこはお断りするしかない。

前述したように、A社を辞めると登録は取り消されて、そこの保険商品は扱えなくなる。

では、オレのお客さんの今後はどうするの?

せっかく信頼関係を築いて、「保険の事はお前に任せる」と言ってご契約を頂いているのに、辞めましたので明日からは知りません・・・なんて言えるわけないよな。

おまけに、話を聞かせてくれたハンターさんは、A社の前はB社で、その前はC社で・・・

「保険会社を渡り歩いている人は沢山居ますよ・・・」なんていうから聞く気も失せた。

これを読んでいるあなたの保険担当者がコロコロ変わったらどうする?

信頼もクソもないよな。

そもそも、会社から指図されるような営業が嫌いで、個人代理店の道を選んだ。

自分は自分のやり方でやる。


失敗したら、きっと陰で笑われると思うが、それもひっくるめて自分の責任でやるから、いちいち指図されるいわれはないのである。

ハンターさん、目の付け所がシャープではなかったってお話でした。

シャープにクリック
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは~

興味深いお話しですね~
お客として伺っていると、ご担当を信頼して
契約していたら、無責任~と思っちゃう。

でも、私の場合は、よく考えてみたら、
そんなに人間関係蜜になってないから、
担当が変わっても気にならないか。。。

銀ちゃんみたいに、自分の御客さんのことを思ってくださる方の
保険に是非お世話になってみたいものです。
保険のイメージ変わるよね、きっと。

No title

そういう仕組みになってるんですね。
はじめて知りました。

特約店契約みたいなものですね。

保険って結構、信頼関係ってとこありますよね。

aaconeeさんへ

どうもありがとうございます!!

保険のイメージ変えていきたいですね。

実は、保険の仕事に入る前は、投資関係に行きたいと思ってましたが、保険の方が生活に密着した大切な商品ということがわかりまして、転向した経緯があります。

信頼出来るかかりつけ医と、信頼出来る顧問弁護士と、信頼出来る保険の人間を見つけたら、大抵のトラブルは解決出来るといわれております。

そんな存在を目指してます。

よっしーさんへ

電器屋さんの特約店に似たところがありますね。

もっとも、あちらは、取り扱ってない商品があれば、お客さんの要望で他社製品の提供も出来ますが、我々にはそれが出来ません。

保険商品というのは、ほんまに生活に密着した商品なので、まずは信頼関係ありきと思ってます。

そうじゃなくても保険て素人には難しいトコや曖昧なことが多いのに
代理店の人がコロコロ変えちゃったら
もうどうしていいかわかんないもんね

私の入ってる保険の代理店
扱ってるものは変わってないけど
電話や携帯が変わってるらしくて連絡取れないから
直接保険会社に電話しなきゃなんないみたい
ちょっとヤな感じじゃない?

銀san見習ってほしいよね

さいこちゃんへ

オレなんか見習ったら、成績の悪い営業マンに成り下がるから、誰もマネしないと思われる。

そうそう!
直接保険会社を相手に出来るスキルがあったら、安いネット生保でもええのよ。

それが出来ない人や、その他諸々、税金・年金・金融知識で顧客サポートをするところに、我々のような代理店の存在意義があると思うね。

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。