スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二重取り

震災以降、保険の話をかなり書いたが、それ以来検索でヒットする言葉がある。

災害や保険給付金の支払いについてが多いのはわかるが「労災と医療保険の二重取り」で検索されることがある。

これって結構不思議。

多くヒットするってことは、それだけ知りたがっている人が多いと解釈してもええのかな?

そこで、ちょっとだけ解説しておこう。

結論から言うと労災保険の給付金と民間の医療保険の給付金の2重取りは

何の問題もありません・・・というか大きな顔をして請求しよう。

民間の損害保険で「任意労災保険」ってのもあるけど、これは国の労災とは別物なので、こちらも問題なし!

A社の保険とB社の保険金の2重取りも

何の問題もありません。

問題があるのは、労災と健康保険の傷病手当金の2重取りで、これは×

公的保険ー民間保険の組み合わせはOK。

民間ー民間もOK

公的保険ー公的保険は×、と覚えておいて間違いではないのでご参考までに。

但し、注意が必要な部分が2点ある。

民間の医療保険は「怪我・病気で入院や通院をしたら一日幾ら出る」ってのがメインであるが、あなたの保険はどうなっているのか確認しよう。

古いガン保険や医療保険等で「○日以上入院すれば出るが、それ以下であれば出ない」保険に入ってないかな。

ちょっと古いけど、厚生労働省の統計では、平均入院日数が平成18年では18~19日位となっている。

つまり、どんな病気でも入院日数が短くなってきた。

昔はヘルニアの手術でもしたら1か月位入院してたけど、最近は1週間位でスタスタ歩いて帰るもんね。

後は通院しての治療が多いのは皆さんもご存じと思う。

そんな時代に「入院20日以上で払います」なんて保険は時代にマッチしていないことがわかる。

もう1点、通院給付金が出るかどうかも確認しておきたいポイントでもあるね。

もし、約款を読んで、そんなことになっていたら、見直しを検討するようにしましょう。。

以上、ご理解いただけたかな?

分かった人も、分からない人もクリック
広島ブログ
予約投稿につきコメントの返事が遅れますが、ご勘弁を。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

よっしーも2、3年前に
見直しました。

最初は五日以上だったのを
1日目から出るように変更しました。

これって結構、微妙ですよね。
1週間入院した場合、
診断書の価格を考えると・・・
っで、1日目からに変更しました。

よっしーさんへ

そうですね。

請求に診断書は必須ですが、それが5000円ほどかかりますから、入院一日目からと、通院でも出る方が現在の事情には合っていますね。

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。