スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺さる視線

日曜日に行った、高校吹奏楽部の定期演奏会会場でのひとこま。


自分の子供達の場所を探している時に、とあるご家族と出会った。

そのお母さんは、行き場所がない子供を引き取って里親として長年ご活動をされている。

その内容は知っていたが、子供達には会ったことがなかった。

それが偶然、定期演奏会の場で会うことが出来た。

微妙な問題をはらむので、詳しくは書けないが、下のお子さんはまだ幼稚園児である。


その子に初めて出会って挨拶をすると、キラキラした目でオレを見てくる。

純粋で、好奇心一杯で、天使のような目というのかね。

大人になって忘れてしまう多くのものが、子供の目には宿っている。

ニコニコと笑いながらこちらを見る目に、少しばかりたじろぐ自分がいる。


実の親と離ればなれになったとしても、懸命に生きようとする姿が心に突き刺さる。


演奏会が終わって会場を出る際に、その子がオレを見つけて遠くから手を振ってくれる。

それも、手が飛んでしまいそうな勢いである。

こちらも負けじと手を振り返しながら、思う。

この視線に負けないような大人になりたいと。

考えがまとまらず、上手く表現出来ないが、幼い子供の視線は大人を奮い立たせる何かがあるね。
広島ブログ
そう思いません?

コメントの投稿

非公開コメント

思う!


こんばんゎ(・∀・)

思う。

めっちゃ思う!!!


こどもたちの“目”に、ドキッとさせられること、しょっちゅうあるもん。

親としての自分、大人としての自分を、子供たちに育てられてるっていうか・・・


あたしもうまく表現できんけど、言いたいこと、わかってくれる?


のん♪さんへ

わかるかわる!!
この気持ちを文字で表現するのは難しいから陳腐な日記になってしまったけど、言いたいこと分かるよ~!!

子育てしているはずが、育てられているのは実は親やったとかね。わかるよ~!!

No title

その純粋な目を しっかり見つめてあげられる大人に

受け止めれる大人に なってるかな自分・・・

次男が幼稚園の時 クラスに居ました。

まだ その子は 来たばかりで

悲しそうな瞳でした。 誰のそばもよらなく

ただ一人で過ごす。

そばに来るものはすべて叩く。

うちが転園してしまったけれど

そのこは今どうしてるんだろうなぁ

キラキラした瞳になってるだろうか

よっちママさんへ

そっかぁ・・・

子供に責任はないのに、悲しい目をされたらどうしようかと思案に暮れるねぇ・・

人との出会いをきっかけにして、立派に成人してもらいたいと願うばかりです。

No title

銀ちゃんらしくて、、、
とても素敵だと思ふ!!!

娘~
〇おりちゃんの学校の人で、
またさらに仲良くなれたって、
喜んでました。

ナナママさんへ

まぁ~なんて素晴らしい!!

お互い吹奏楽部で良かったですね~!

そうそう。
この前の定期、演出と企画が凄かったと申しておりました。

特に楽器紹介が気に入ってたみたいですよ。
あんな演出を考えるのって、頭を悩ませたと思いますが、メッチャ楽しかったです。

No title

うんうん。

濁りのない
純粋な目
そして笑顔。

うまく書き表せないけど。
その瞳、いつまでも
そのままであって欲しいと
思いますよね。

No title

最近少なくなってる気がするよ
そういう目してる子
どれくらいで消えて行くんだろう?
私が会うくらいの年齢の子達
小学2年生くらいからかなぁ
しっかりしてて素直だけどキラキラしてるかなぁ
お母さん達しっかり教育されてるみたいだけど
教育しすぎ?

だからキラキラした目が曇らないように
大人もキラキラしなきゃね~

よっしーさんへ

そうですね。
大人は子供に対して責任があると思ってますが、世の中にはそう思わない大人も多いみたいですわ。

さいこちゃんへ

今年3番目にええコメント!!

人間っていつ頃から損得勘定で動くようになるのでしょうか?

小さい頃って、好奇心一杯で楽しい事を探し求めてるような目をしてるもんね。

あのキラキラに応えられるような大人でありたいと思うよ。

え、嫉妬

パパには、お母さんの陰に隠れて顔みしてくれんかったのに
あ、好きな顔じゃけ照れたんじゃ!そういうことにしよっと。

お兄ちゃんも来てくれとったんが凄く嬉しかった!

⑦パパさんへ

ㇷㇷㇷ
やっぱ子供はわかるんですよ・・・ㇷㇷ

まっ、好きな顔ということにしておきましょうか!

しかしね、何といいますか、あの笑顔が心にグサッとくるんですよ。

父性の奥底にある何かを突き刺すんですわ。。

是非あの子達が喜ぶようなことをしたいですね!!

検索フォーム

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。