スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人事

21日(祝)に、がん講演会を聞きに行ってきた。

場所は平和公園内にある、国際会議場。

ちょうど同じ日に別のホールで音楽の発表会があったみたいで、周囲は着飾った子供と親で大賑わい。

その横で、ガン講演会とは変な気もしたが、大切な事なので居眠りせずにしっかり勉強してきた。

我が家から会場までは、当然自転車である。


あぁ~健康になるわ~

講演会の講師、トップバッターは、広島大学名誉教授の鎌田先生。

地域のガン治療のあり方と今後についてのお話。

中でも印象に残ったのが「かかりつけ医」の利用である。

日本人には大病院信仰みたいなものがあって、なんでもかんでも大きな基幹病院を受診しようとする傾向が強い。

しかし、基幹病院と診療所を上手く使い分ける事が、ガン患者にとっても利益になるってこと。

う~ん、まったくそうかも!!

診療待ちで3時間、診察3分って当たり前にあるもんね。

勿論、設備によっては基幹病院で検査をしなければいけないが、それ以外の治療では、かかりつけ医をもつ事は患者の利益に繋がるのである。


次に演壇に立たれたのは湯崎広島県知事。

オレにとっては初の生知事の声である。

知事が嘆くのは、広島県のガン検診率の低さ。

もともと、日本自体、先進国の中では、最低の低さであるが、その日本の中でも特に広島県は検診率が低い。

せっかく、ガン対策基本法みたいな制度が出来て、検診も安価で受けられるのに、一向に検診率が上がらない。

広島県全体では、毎年約8000人の方がガンで亡くなっているのに、この検診率の低さは何故か?


それは、他人事だからである。

日本人の2人に1人がガンに罹り3人に1人が亡くなる時代にあっても、他人事なのである。

最後の講師である、東大病院中川先生が、登場するなりこんな事をいう。

「隣に座っている人を見て下さい。どちらかが、ガンに罹るはずですが、なんとなく隣の人が罹って自分は罹らないと思いませんか?」と。

そして隣に座ったおばぁさんを見ると、その目が語っていた。

「ガンに罹るのはお前の方じゃ」と。

まったく他人事であるが当たっている。

この中川先生、テレビ出演もされているらしい。
また菅原文太さんの主治医としても有名である。

早期発見と早期の治療がどれだけ大切な事か、よく分かるお話でした。


さて、もう一つ大事なことが検診の前に「ガン保険」!!

以前も書いたことがあるけど、一度ガンと診断されたら引き受けてくれる保険会社はまずどこもない。

万が一あったとしても、ペラッペラの補償内容か、べらぼうに保険料が高いか、あるいはその両方かである。

ここで気をつけておきたいのが、3点ある

まず待機期間。
契約引受が成立しても責任開始まで3ヶ月あるので、注意が必要である。

保険会社の責任が始まる3ヶ月の間に「ガン」と診断されたら保険給付金は出ないので気をつけよう。
もう一点。
ガンが若い年代の女性に増えていること。

特に乳がん・子宮頸がんの罹患率は20~30代で急激に増えていること。
こちらも、一度ガンの確定診断を受けたら、どこも引き受けてくれる保険会社は無いと思っておいた方が良い。

最後の重大な一点。
ガン保険のご用命は当代理店まで!!

検診に行く前にガン保険
広島ブログ

3月27日午後2時からの保険教室もヨロシク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうだなぁ

幸い20歳の時にがん保険入ってたから

よかったものの

実際の普通の生保と がん保険との

支払額の違いにびっくりしましたよ

でも入院するってなると かかる日常の物や

その間の子供たちの預かり保育代やら

色々かかるんですよね。



自分がかかるまではがん保険のことも

がんのことも他人事と思ってましたが

今思えば ほんと入っててよかったと

思います。


No title

手術から丸5年経とうとしています
保険会社の方が
見直しするようなこと言ってたような??
すべてまかせっきりだから
楽な顧客だろうなぁ・・・と、
いつも思いますが、なかなか勉強できません。。。

今は女性のがん検診のみですが
そろそろ、全身検査しないとですかね。。。

No title

うちの親戚は
結構ガンに対する備えはしてるほうだと思います。

親戚連中、ガン死亡率が結構高いので・・・

よっしーもがんに対する備えはしているつもりです。

どこまでしておく必要があるのかは、わからないですが・・・

No title

私も子宮内膜症が発覚しなきゃ
ガンの検診なんかしなかったと思うな~
他人事っていうより
家系的に絶対ガンになると思ってるけど
いまじゃない気がしてるんだよね

とりあえず子宮がんと乳がんは今のところ大丈夫でした
でも実際にガンになったらガン保険だけじゃ
補えないんだろうな~

よっちママさんへ

> そうだなぁ
> でも入院するってなると かかる日常の物や
>
> その間の子供たちの預かり保育代やら
>
> 色々かかるんですよね。

そうそう!!
治療費はもとより、その他雑費や収入減があるからねぇ~!



> 自分がかかるまではがん保険のことも
>
> がんのことも他人事と思ってましたが
>
> 今思えば ほんと入っててよかったと
>
> 思います。
そう言って貰えるのがこの仕事の喜びでもあるね!!

ひめちゃんへ

通販も出来ます!!

知れば知るほどガンって奴はややっこしいね!

一度に全部調べて分かるような検査があれば安心やと思うけど、部位別なのが難しいと思う。

27日の教室においで!

あなたの席を用意して待ってるよ~!

よっしーさんへ

親や親戚等に患者さんが居ますと、似たような生活習慣になる可能性もありますので、しっかり備えておいて下さい!!

よっしーさんが、ガンに罹って収入減やら治療費やらで、子供2人を路頭に迷わせたらシャレになりませんもんね!

さいこちゃんへ

若い時は、重点的に乳がんと子宮がんの検診は受けておいてね!!

実際ガンに罹った時に補えるかどうかは、それこそ数百万円から数十万で済むこともあるよ。

早く見つけてしまえば、治療費も体の負担も少なくて済むね。

ちゃんとポニョ子にも教えてあげてね!!

はい (^.^)/

広島までのチケット送って~~

で、ハンバーガー食べに連れてってね(*^^)v


ひめちゃんへ

フフ
そうくると思ったよ~!

いつか招待したいね。
その時は、お嬢と二人で来てね!!

検索フォーム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。