スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一敗地にまみれる

写真に写る少年は、年の頃なら10歳くらい。

やせ細り、身につけている一枚の肌着はボロボロで、履くものもなく裸足である。

真っ直ぐに前を見据え、ピンッと伸ばして起立している背中には、2歳くらいの男の子を背負っている。

少年が立って順番を待っているのは、死体焼き場の前である。


背中の赤ん坊の遺体を焼くために。


おそらく、背中の赤ん坊は、弟と思われる。
急ごしらえで作った火葬場の熱風にビクッともせず、弟の遺体を火葬するために佇む少年の姿に、カメラマンは慌ててレンズを向けた。



少年が写されたのは戦後の長崎で、原爆投下で両親も亡くし、代わりに少年が弟の遺体を焼きに来たと思われる。
カメラマンはアメリカ海軍写真家のジョー・オダネル氏。

この写真をアメリカ国内で発表したところ、苦境にもたじろがない日本人の姿に感銘を受けたアメリカ人は日本に対する認識を改めて、経済的な支援をしたとされる。

また、救援物資の横流しがないのも驚かれ、日本人の優しさと道徳心は、世界に広まった。

以上は、戦後の話で、ジャーナリストの後藤寿一氏が「元気が5倍出る日本史」の記事で書いてある。



「一敗地にまみれる」とは一回負けるのではない。

腹を切り裂かれて腸が地面に落ちるような負け方。

つまり再起不能のような負け方を「一敗地にまみれる」という。

そこから、どうやって日本が再建して世界に冠たる経済大国になっていったのか?

裏にはどんなエピソードがあったのかを、冒頭の少年の写真入りで書いていた。


この連載コラム。
実は東北地震が起きる前に発表されている。

2発の原爆投下に、敗戦に阪神淡路大震災に、今回の大災害。

まさに日本にとっては「一敗地にまみれる」ではないか。

しかし、この記事を読んで戦後の復興と、これからの日本の復興を重ね合わせて見るのはオレだけ?

終戦時は一枚の写真が日本人の姿を伝えてくれた。

今はネットやニュースがリアルタイムで被災者の姿を世界に配信し、諸外国からは驚きの目で見られ、100を超える国から支援の申し出があると聞く。

火事場泥棒的な奴も中には居るし、不届き者に不心得者もいるが、それでも日本は再建する!!

世界中が注目してるから、カッコ悪い真似は出来ないと思う。


広島ブログ

3月27日午後2時からの保険教室もヨロシク

コメントの投稿

非公開コメント

No title

絶対、立ち上がる、そして復興を・・・

神戸もそうだった・・・

人の愛と力をもって・・・

よっしーさんへ

今朝方はFC2も障害があったみたいですね。

復旧してくれて良かったですわ!

No title

そうそう こういう時って 海外ではよくスーパーなんかが襲われてる画像が流れてますよねv-390
海外の人たちが日本人の震災後の行動に感動しているという記事を読むとめちゃめちゃ嬉しくなりますv-410
それでも最近では空き巣とか詐欺とかが出てるみたいですがほんと悲しくなりますよね
他人を思いやる心 どの世代でも持ち続けたいですねv-363

そうそう バーガーの件 外れて残念ですv-395

No title

くっそ~
泣かせやがって!
って、泣いている場合ではないですね。
きっと今回はみんなが考え、悩んでいることだと思います。
本当に自分がこの苦難に立ち向かうことが出来るのだろうか。
誰かの役に立てるのか。
何の自信もない。
でも、せめて今できることを一生懸命やろう。
徹底的に、死ぬ気でやろう。
そんな風に思いました。
ありがとうございます。

No title

その少年の写真を初めて見たときは号泣しました…。
悲しさと強さを感じました。
でも今は被災地の人には泣きたいだけ泣いて欲しいなぁ。
それも難しいのかもしれませんけど…。

No title

その少年は何を思っていたのか

と思うと 涙ばかり出て

現実に起きたこと

受け止める力がその10歳の子を

強くさせたのでしょうね

強くなりたくなくても

強くさせた。

辛いなぁ

コロンのママさんへ

そうですよね!
まぁ、空き巣に詐欺も、どこでもあると思いますが、それでも圧倒的に少なくて、助け合う姿って驚かれるんでしょうね!!

地震があったとき、スーパーのレジで並んでた人はそのまま外に避難して、揺れが収まったら、戻ってきてお金を払って帰ったとか・・・外国では考えられないような事なんでしょうね。

バーガー残念でしたね!!
また何かするときは参加してくださ~い!

inoueさんへ

そうですよ!!
色んな人の意見を見ていると「自分でも役に立ちたい!!」って気持ちを持ってる人がほとんどですもんね!

悩んだ末に、自分の仕事をきちっとやる事が、復興のサポートになると浸透してきたみたいですね。

写真の少年に負けないような生き方をしなければ、顔向け出来ないような気持ちです。

きみこさんへ

えっ?
きみこさん、この写真を見たことがあるの?

ちょっと驚きです!

そうそう!
写真の少年、存命であれば今75歳前後かな?
どれほどの悲しみに耐えてきたのか、想像もつきません。

それでも日本はそこから復興した。

東北も日本もこれを乗り越えて、必ず立ち直ると確信してます。

よっちママさんへ

日本人として、少年の強さとか美徳ってのは受け継がれている部分があるのではないでしょうか?

勿論、戦後と今では取り巻く環境が全く違いますが、変わっていない芯の部分ってあるような気がしてます。

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。