スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

opereation・tomodachi/2

昨日に引き続き、折口内科医院・緩和ケア医・高橋先生の公式ブログからの引用をさせて頂く。

可能であれば、あなたのブログに赤字部分の転載を希望します。


基幹病院には、大災害時に派遣される緊急医療チームがあります。
DMATと呼んでいます。
医師1名、看護師2名、事務(渉外担当)等による4-5名のチームです。
大きな病院では複数のチームが編成されています。
今回の東北地震でも、すでに派遣されて現地で活動しています。

全病院の全チームが同時に派遣されるわけではありません。
今の段階では広島県からの派遣は3-4チーム程度だと思います。
救命が期待できる段階の救命救急チームです。
さらに長期化した場合、
都道府県、政令市は、それぞれお互いに助け合う仕組みを持っています。
医療班の派遣先は都道府県としては福島県、宮城県、
政令市としては仙台市ということになるでしょうか。
1班あたり2チームで編成していきます。
つまり、
3カ所だとすると6チームが常時派遣されることになります。
(1週間程度で交代していきます。
交代期には12チームが現地にいることになります。)

その人材は、市内・県内の病院から出て行くのです。
当然その病院からは医師・看護師が減ります。
派遣される医師の外来診療は当然 臨時休止となりますし
入院患者の担当も他の医師に代わってもらわなければなりません。
当直や休日診療の当番などもふくめ、
医師や看護師の勤務シフトが非常にきびしくなるのです。
通常の状態でも過酷な勤務状態ですのに、
非常事態だから、短期間だから、
ということで病院に残って働く職員は負担増を受け入れてくれるのです。

また、被災地の重症患者は
被災していない地域の基幹病院に移送して
そこで治療をおこなう、という段階にはいります。
とくに広島では 原発事故の被ばく者治療を受け入れる発表もしています。

みなさんにお願いします。
今から当分の間、おそらく1ヶ月程度の間、
基幹病院は非常に厳しい勤務状況が続きます。
軽い症状で基幹病院を受診するのはやめてください。
近所のかかりつけ医を受診するようにしてください。

これも 「震災への貢献」 になるのです。
よろしくお願いいたします。


引用、以上。
これを読んで、なるほどと思った。

医療チームなんて重要なマンパワーで、研修を受けたくらいで出来るものではない。

また、打ち出の小槌を振れば出てくるものでもなく、限りがある。

ここは一つ、被災地の救助を優先して貰うために、我々が出来る範囲で、医療従事者の負担を減らす事も、サポートに繋がるのではないかと思う。


今日からランキングに復帰することにした。
理由?
上位にあれば、見てくれる人も多くなるかも知れないと思ったから。
広島ブログ
あなたの力で押し上げてね。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうですよ 日々銀蔵さんの記事みてもらいたくて

おしてますよ

日常を 日常に生きて消費することが

復興への第一歩だし

こんな大事な記事

なるほどなぁと

納得させられました。

今日の私の記事は お願いです

よろしくお願いします。


おはよ(・∀・)

たしかにそうじゃ!!


なんか、『あたしが』できること~って、そればかり考えてたけど、『あたしたちが』できること、けっこうあるじゃん☆

転載させていただきますね☆

よっちママさんへ

了解!!

記事の順番があるので、いつアップ出来るか分からんけど、落ち着いたら書きますね!

のん♪さんへ

サンキュー☆~””

No title

ですです。
ランキング。上に行くほど
人の目に触れること多いですからね。

よっしーもランキング復活させました。

大事な記事を一人でも多くの人に
見てもらうために・・・


転載しますよ。
お互い、何らかの役に立てばって・・・

よっしーさんへ

よっしーさんのブログでもご紹介頂きありがとうございます!
バタバタしててあちらでコメント出来ずにすいません。

ご協力に感謝致しますm(_ _)m

No title

転載さしてもらいますね。

Chikaさんへ

ご協力に感謝致します。

このような事はオレらでは気がつきませんでした。

銀ちゃんは偉い!

良いセンサーが備わってるんじゃろうね
あの記事は読んでたが、転写を思いつかんかった。
そうそう、日本人は病院信仰が強くて、普通はクリニックに行くべき
症状でも病院へ行ってしまうけえね。

No title

はい。転載させていただきました。

⑦パパさんへ

こんな問題が起きるのはオレらでは分かりませんから、提供して下さった高橋先生に感謝ですね!!

先ほどもテレビで映してましたが、現場の医療スタッフの疲労もかなりの負担みたいです。

おそらく日本中の基幹病院で起きると思われますので、広めて頂くことにしました。

164goさんへ

ご理解とご協力に感謝!!

なるほどです

軽い症状で基幹病院にいかないこと、
これも自分にできることの一つですね。
沢山の人が協力できますように!

No title

こんばんは 銀蔵さんのブログ
みてもらいたかったので
私のぶろぐで
紹介させてもらいました
勝手に のせちゃってごめんなさい

すくらむの「く」さんへ

募金以外でも間接的な貢献が出来そうです。

現場の医療関係者はもっと大変なんでしょうね!!
ちょっとでも負担軽減に繋がってもらいたいです!

らぶ★かほちゃんへ

コメントをありがとうね!!

らぶ★かほちゃんのところでも載せてくれるの?

どうもありがとう!!

検索フォーム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。