スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

反転

当ブログのカテゴリーは12に分かれている。

日記から経済問題・お勧め本のコーナーまで様々。

保険屋のくせに保険の話が極端に少ないのは、途中でカテゴリーを追加した為で、それ以前も金融・経済カテゴリーに書いてあるので、興味のある方は過去記事もご参考に。

まっ、仕事に関する事を書くのが一番良いのは分かっているが、保険の話ばっかり書くと飽きるのよ・・・自分が。

それでも、検索で一番ヒットするのが「賃貸VS持ち家」とか「学資保険VS国債」とか金融・保険ネタが一番多いから皮肉なものである。

お勧め本のコーナーで一番ヒットするのが「ブラック・トライアングル」その時の記事はこちら

元大手国内損害保険会社の顧問弁護士さんが書かれた本で、現在は交通事故被害者救済の為に、自分で事務所を立ち上げてご活躍なされている。

この本を読んだ感想を、オレではないどこかの保険代理店が読んで「私が扱う保険は、こんなあくどい真似をしない」と書いてあったが・・・

まったく・・・嘘つきか世間知らずのどちらかである。


さて、本題に入るが、今日のお勧め本はこちら↓↓

前にも紹介したが、本棚の奥から引っ張り出してきて、読み返してみた。

携帯で見られない人、ゴメン!

「反転・闇社会の守護神とよばれて」田中森一著。

著者は元東京地検特捜部出身で弁護士。(詐欺事件で懲役判決を受けて以来、上告したらしいがその後は承知していない)

検察内部から、財界・政界、闇社会の裏側まで知り尽くした人のお話で、ほとんどが実名で登場しているから驚く。

2007年に発売されてすぐに読んで、感想をブログに書いてあるはずであるが、古い記事なので見当たらない。

今回改めて読み返してみると、検察ってものがよく分かる。

村木局長事件しかり、まず始めに事件があるのではなく、検察のストーリーがあるのではないか。

これを読んでみると、小沢一郎の政治資金問題は果たして黒なのか、大きな疑問符がつく。


結果がどうなるのかは、歴史が教えてくれると思うけど、手にする機会があれば是非とも読んでおきたい一冊である。

毎日クリックありがとう♪
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こういう系の本好きです。

探して読んでみます。

よっしーさんへ

おっ!!
そうですか!

読み応えがあって面白いですよ~!

買ってみました

昨日ブックオフで偶然文庫を見かけたのでゲットしました。(ちなみ

に400円でした(^^)/)銀蔵さんがお勧めしていなかったらきっとス

ルーどころか目にも入らなかったと思います(笑)

文庫は幻冬舎が出版していましたよ。まだ読んでいませんが、銀蔵

さんのあらすじを読んだ後だったのでなんとなく幻冬舎が出しそうな

本だな~と思いました。読むのが楽しみです☆

そうそう。こないだヒントをありがとうございます。

葉月さんかしら?

ゆずりは日記の「ら」さんへ

おっ!!
さすが、粗筋とタイトルだけで出版社まで当てるとは、お見それいたしました!!

文庫も単行本も幻冬舎から出ています。

「ら」さんが読んだ後は是非会長さんにも薦めてみてください!!

最後の質問は・・・「ピンポン~」ですよ♪

悩んでいます

実は、46で退職して転職考えているんですが、1年間、全く採用されません。アフラックやるしかないかなー思い、地区の説明会、行きました
銀蔵さんは、この仕事、始まられる際、食べていけるか、怖くなかったでしょうか

仕事は、勤めるか、自営かーどちらかでしかないので、なやんでいますーちなみに、今まで、会社員で、自営はしたことありません

たかさんへ

コメントをありがとうございます!!

代理店を始めるかどうかお悩みとのことですね。
オレも実際のところ、不安だらけで、もしかしたら今もそれは変わってないかも知れません。

勿論、皆さんとおなじように不安を抱えての出発でした。
多少の事は知ってても、営業なんて未知の世界でしたからね。

結論だけ言いますと、この仕事をやって良かったと思ってますよ!
外からみるのと、中へ入ってみるのとは大違いで、アフラック商品もそうですが、会社のカラーが自分に合っていると思ってます。

また、一人お客さんがついてくれると、とてもやりがいのある仕事でもあります。

たかさんの事を詳しく存じておりませんので、軽々しい事は言えませんが、少なくとも自分にとっては大好きな仕事で、これからも続けていきたいと思っております。

また、なにかあれば、内緒コメントでも結構ですので、お気軽にコメントして下さいね!!

コメントありがとうございます

ありがとうございますー昔、京都から神戸まで通勤しながら、法律の勉強していました。そのころ、田中さんという億を稼ぐすごい弁護士がいるーと春秋に出ていたので、見に行きました。

北浜の一筋、中に入ったところのペンシルビルの9階にありました。ワンフロア―1室のビルです。田中弁護士一人と、数人の事務員ー事務員さんは新地のホステスさんをスカウトしたとか書かれていました。あえれば、サインほしかったんですが。ここで、匠さんや、中岡さん、伊藤さん。がいったりきたりしてたんか、思うと、身震いしました。採光がよかったのを覚えています

私は、母{介護認定1}の介護のため、滋賀に戻りました。おむつ交換と、服薬させるため、同居が必要です。仮に、母の介護がなくても、農協の共済が強いところで、30年ぶりに帰って、知人もいないところでやっていけるのかとー47歳で、介護と両立できる仕事も田舎だと求人も少ないので悩んでいます

それにくらべて銀蔵さんは、家族のため,信念を持って、次々と仕事されているので、立派だと思います

たかさんへ

法律の勉強をされてらしたのであれば、相当の知識をお持ちですね。

お母さんの介護状態をお見舞い申し上げます。

おっしゃる通り、都市部では某かんぽが強く、農村部ではJAさんの力が強いですね。

しかし、考えようによっては、たかさんの介護経験を生かせる部分もあるように思えます。

AFでは、独自の介護保険もありまして、この先ガンや介護は外して考えることが出来ない時代が来ると考えております。

今日始めてすぐに利益が転がり込むような仕事ではありませんが、たかさんの経験が生かせる場でもあると思います。

検索フォーム

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。