スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ちふさがる壁シリーズ・総まとめ編

ブログで読むには長く感じられたシリーズも今回でおしまい!

あぁ~やっと終わったか!!せいせいするよ!とかいう人は誰?
そんな人はスルーして話しを進めよう。

ブログを書いてらっしゃる意味は人それぞれに違うと思う。
ブログという媒体を通して会社やお店の宣伝をする人。
アフリエイトに利用する人もいるし、情報発信したい人もいるだろうし、もっとストレートに誰かと繋がる手段の一つとしてブログもある。

その中でも、何かを書いて将来自分の著書を出したいと願う人も居るはず。
そんな人にターゲットを絞って総まとめとしたい。

まずは「本・新聞は必ず読もう!!」
新聞はニュースだけではなく社説やコラムまで読む。本は出来るだけ色んなジャンルを読もう。

ビジネス書を書こうと思っているあなたでも、読んでいる本が金儲けの方法やドラッカーばかりでは全く面白みに欠ける。小説や漫画でも出来るだけ多くの本に目を通すのは大切なポイントである。

小説なんか書こうと思ったら尚更多くの本を読まなければいけない。


「出版社を選ぼう!」
あなたがとても面白い小説を書き上げたとして、それを送る出版社を選ばなければいけない。
というのも、小説が得意なところもあればそうでない分野が得意な会社もある。
どの出版社が自分の書いた原稿とマッチするのかを知っておくのは大切な部分である。


「レジュメに力を!!」
あなたがとても面白い小説を書き上げたとして、そのまま出版社に送るのは避けよう。
送ったところで毎日届く膨大な量の原稿に目を通せる担当者が居るとは思えない。

そこで、簡単・適切・分かりやすくて面白く出版社の気を引くような紹介分が大切になってくる。
もし自分でそんなのが書けないと分かったら、もっと力をつけるかそれとも諦めて違う方面で才能を発揮した方が良いと思う。


「タイトルを疎かにするなかれ!!」
本のタイトルは言うに及ばず、日々更新するブログのタイトルは疎かに出来ない。
今まで記事を書いたもののタイトルが思い浮かばずに自分でボツにした日記は数え切れないほどある。

タイトルと本文の関連は常に意識しておきましょう。
ところで、このタイトルと本文の関係を作るのに天才的な能力があるブロガーさんを知っている。

誰かって??

そう、あなたのことよ!!フフフ
(しつこいようですが、あくまで出版を目指している人向けの記事なので、楽しみでブログを書いている人にまで押しつける気はない)
もう一つ「文章の勉強をしましょう」
自分が我流で文章のことについて何ひとつ勉強もしてこなかった。
書く時の基本とか決まり事とか文体とか作法とか・・・何も知らない!

従って、オレに文章の書き方なんて聞かれても答えようがないのでそんな質問をしないように!!

もしあなたの近くでそんな事を教えてくれる人がいれば勉強しておきましょう!!

最後に、賞金狙いで色んな賞に応募する手もある。
こんなの見つけた

公募ガイドのサイトはこちら

「自分の方が面白いぞ!!」って腕自慢の方はこんなところに応募して賞金まで貰えてウシッシ
公募ガイドの内容は文章だけに限らず、イラストやデザイン等色んな作品を募集しているので参考にされたし。

その他、いつも横書きのブログを書き慣れていると戸惑うのが縦書き。
横書きで良いのが出来たと思っても縦の文字数にすると違和感を覚える場合もあるので面倒でも縦書きでプリントしてみよう。

以上、ザクッと思いつくまま書いたけど、何か一つご参考にして頂ける部分があればこの上ない喜びである。

さぁ~!!

次の扉を開けるのはあなたの番かも知れない。

長い続き物にお付き合い頂きありがとう!!

いつも応援ありがとう!!
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

執念

長丁場のブログお疲れさまでした。
そしてありがとうございました。
貪るように読んだに違いない弟子たちの姿が浮かびます。
生半可なことでは出版はできない、ということが伝わってきました。
やはり、銀蔵さんの執念ですねえ。

No title

こちらこそ たくさん元気が出る素敵なお話

有難うございます!!


面白かったです!

このシリーズがすでに短編小説のようでしたね。
毎日楽しみにして読んでましたよお~。
最終回でちと淋しいなっ(笑)
私の友達は携帯小説を書いて(打って)るんですが、
アマチュアと言えど、賞レースに参加するとなると、
読者の年齢層や、ウケる内容じゃないと上位は
狙えないそうです。
ちなみに、ウケる内容とは、生徒&先生。執事とお嬢様。
社長と秘書など、禁断の恋だそうです(爆笑)
はたしてこれが彼女の書きたいものなのか???

No title

連載おつかれさまでした。
すごく面白かったです。
もっと読みたかった~。
銀蔵さんの才能をヒシヒシと感じましたよ。
もちろん情熱も!

No title

いやぁ、とっても勉強になりました。
完結が残念です。

ですが、次のシリーズに期待しています。
奥さまとの馴れ初め?(笑)

shiozyさんへ

いえいえ!
こちらこそありがとうございました!

あの日、あの場所でshiozyさんとお会いして書くきっかけを貰っていなければきっと書いてなかったと思いますね!
こうやってみると改めて書いてみて良かったですよ。

お弟子さんの出版が楽しみですね!!

よっちママさんへ

こちらこそ、毎日コメントをありがとうございました!!

皆さんから貰えるコメントや足跡に励まされましたわよ!!

ずこちんさ~んへ

いつもありがとうございます!!

楽しみに読んでましたねんて言われるとやりがいがありました!

お友達が携帯小説で賞狙いですか?
そっちの世界もちょっと興味あるかも・・

個人的な希望としましては、経験を積んだ上で社長と秘書の禁断物に挑戦してみたいですね!

もちろん、社長はずこちんさんで、わたくしが秘書でございますわよ~

きみこさんへ

天才育児ブロガーのきみこさん、ようこそ!

宣伝してくれてありがとう!どこからあんなアクセスがあったのかビックリしましたよ。

次はきみこさんがその持て余る才能をいかんなく発揮してドアを開ける番ですわ!


ところで、あのブログ名はなによ!!!!

誰かと思ったやん!

そりゃあ~きみこ家にハッピーになってもらいたいけど、あのとってつけたようなタイトルは何よ!!
きっとじいちゃんが悲しんでるに違いない!

朝一で文句コメントを入れてやろうと思ったらすでに常連さんのお怒りをかっていたようなので笑って読んでました。

164goさんへ

ヨメとの馴初めですか?


そう、あれはセミが鳴くのも諦めるような強い日差しが照りつける夏の浜辺。

焼けた砂浜でやけどをしないように飛びはねながら、あの人は陽炎の向こうからやってきた。

こんな感じ?


しかし、誰もそんな事に興味があるとは思えませんので、やっぱ次のシリーズは今世紀中にあるかどうか(・・

うふふ

銀蔵さんの第3弾 期待しています。
ほんま、ええですよ。自分の書いた本が本屋にあるんじゃもんね。
凄いなぁ。

参考になりました

銀蔵さん、お疲れさまです。

立ちふさがる壁シリーズ素晴らしかったです。(次のシリーズが楽しみ)

読んでいて、自分の人生がまだまだ平凡すぎることを痛感しました。
銀蔵さんの立ち向かう精神、すごいです!
見習いたいと思います。

この人柄が多くの人を引きつけるのかもしれませんね。

本当に勉強になりました。ありがとうございます。

No title

銀蔵さんの文才に惚れました。
面白かったです~。

連載シリーズ、次はあるのかしら♪

おもしろかったです♪

あぁ、完結しちゃったのですね。ちょっと、残念。
大変面白く読ませていただきました♪
将来、本を出す時には参考にさせていただきます♪

日曜日は驚かせてしまってすいませんね。ムスメの様子と雪の様子で行くかどうかわかんなかったもんで。でも、お会いできてよかったです♪

柿辰丸さんへ

オレの3発目と柿さんのデビュー作のどちらが先になりますかね?

といっても三発目の構想はなにも出てこないんですが・・

読書で気づいた男さんへ

いつも読んで下さってどうもありがとうございました!!

叶うのであればオレも平凡な生活が好きですが、巡り合わせというかもう無茶苦茶でしたね。

それでも遠回りと思えた事がいつか自分に返ってくるような気がします。

次のドアを開けるのは読書で気づいた男さんかも・・!!

JUNさんへ

いつも応援ありがとうございます!!

次の連載ですか・・?

もうね・・・全てを出し切った感があるので今世紀中にあるかどうか(・・

しかし、面白かったと言って貰えるのが励みになりましたよ~

ととろんさんへ

この中でなにか一つ参考にして頂けることがあれば書いた甲斐があるってもんです!!

こちらこそ日曜日は声をかけて頂いてありがとうございました。

まさか・・・と思っていたのでメッチャ嬉しかったですよ!!

あれから小雪の舞う中二人仲良く帰る後ろ姿を見ていて思いましたね。

やっぱ夫婦愛ですね夫婦愛☆””愛を感じましたよ!

とても面白かったです。

興味深い連載でした。ありがとうございました。わたしの前には「作品を完成させる」という大きな壁が立ちはだかっております。銀蔵さんが文章を書かれているときに、銀蔵さんのなかでどんなことが起こっているのかと興味がわきました。

桐矢絹子さんへ

どうもお読みいただきましてありがとうございます!!

作品の完成も大きな壁ですね!
それでもいつか壁を乗り越えるチャンスが来ると信じてますよ!
桐矢さんの作品を本屋で手に出来る日を楽しみにしております!

オレの中で起こっていることですか?
さて、何が起きているんでしょうかね?

大統領退陣のデモが起きているとか・・!

書写してみました。

大統領退陣のデモとはどのようなものかと(笑)、銀蔵さんの文章を書写してみました。あまり読点を使われないのですね。それによって文章に勢いを持たせているのかな、と感じました。
わたしはこんな感じの文章は書けないので新鮮でした。
ありがとうございました!

桐矢絹子さんへ

いかがでした?
文章がデモしてましたかね?

いやぁしかし、自分の文章を書写されるとは思ってもみませんでした!
文章に勢いとは全く考えてなくて、ただ自分の読みやすいところで使ったのでこのようなご指摘を頂いてこちらこそ新鮮そのものです!

いつか「相互書写大会」なんて出来たら楽しそうですね!

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。