スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ちふさがる壁シリーズ・その4

さて、合計4社に原稿を送ったあとで来た返事は・・・

結論を先にいうと「全部ボツ」である。

その理由として4社が4社とも「原稿の内容は面白いが販売部数が見込めない為共同出版を提案します」とあった。

これを、超ウルトラ・スパー簡単に言うと「本を出してやるから金を出せ」或いは「本を出して欲しいなら金を出せ」とも解釈出来る。

つまり、どちらにしても金を出せと言うわけよ。


では、幾ら出せば良いのか?

そこが皆さんも気になるところと思うので余すことなく伝えよう!!(ヨッ太っ腹))

金額はそれぞれの社によって違うのだが
B社、初版1000部で150万。

S社、初版500部で約80万。

K社、初版1000部で180万。
もう1社は忘れた。
どれも結構なお値段である。
しかし、ある出版社の人に言わせると「初版は2000以上刷らないとコスト割れする」と言うのだ。
では初回1000部って何か意味があるんか・・・・
とは、その当時は気付きもしなかった。

「150万要る?」
「よしゃぁ~。銀行に借りに行って来るぜ」
自分で金を出して本を出す。
今では絶対に考えないことだが当時のオレは真剣やった。

自分で金を出して本を出すことと、全てが出版社持ちで本を出す事の大きな違いに気がついてなかった。
とにかく「この原稿を本にして本屋の棚に並べたい」これしか頭にない。


ちなみに上記の金額はあくまで一つの参考としておこう。
原稿内容やボリュームや著者によっては変わってくると思う。


K社の180万円はオレに金が無いことが分かると・・・
「あの原稿を世に出さないのは勿体ないことです。今回あなただけは特別に・・・」と言って120万円に下がった。



その120万円もないと分かると次からは相手にもされなくなった。


信用金庫や政策投資銀行(当時)にも融資のお願いに行ってもことごとく拒否された。

諦めかけていたことろTVのクイズ番組に出て、賞金を頂いてその金で本を出すという素晴らしくグレートなアイディアを思いついたオレは早速応募大作戦を敢行した。

朝は携帯からエントリーして夕方は電話エントリーに精を出す。

しかし、何時当選するか分からんものを続けていても埒は明かない。
そこで、ある出版社が主催していた○○賞に応募原稿を送った。
大賞を取ると数百万円貰える上に単行本の出版もしてくれるのだ。

「そんなありがたいものを放っておく手はないぜフフフ・・・」自分の素晴らしいアイデアにうっとりした。

クイズの応募と併せて○○大賞も狙ったのだ。

応募総数は約6000。
その中から大賞は1つである。

3月、「1次予選通過」のお知らせが届く。
5月、「2次予選通過」のお知らせが届く。
いやがうえにも期待がふくらむ。

6月、最終的に来たお知らせは、なんとか賞であった。

なんとか賞とは曖昧な表現であるが、腹が立ってはっきり覚えてないからなんとか賞なのである。

「あなたの作品は素晴らしかったが惜しくも云々・・・」と書いた賞状を貰ったのだが余りのアホ臭さにさっさとゴミ箱に突っ込んでしまい何賞だったかも覚えてない。

落胆した。
大賞を逃したことにではなく、その数ヶ月を無駄に過ごしてしまったことを後悔し自分のアホさ加減を呪った。

そんなある日、携帯にヨメから電話がかかってきた。


「フジTVから電話があったよ~」
「帰ったら電話してくれって」

まだまだ神は見捨てていない!!
オレは、その瞬間クイズミリオネアのスタジオでみのもんたと握手するシーンを想像していた。

まだ引っ張るか!
広島ブログ
1月30日平和公園内・国際会議場で行われる障害者と広島交響楽団の心躍るジョイント・マーガレット・コンサートはこちらから

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ファイナルアンサー????(ニヤリ)

おめでとう!!!

よっちママさんへ

ファイナルバァサン?
ってどんなバァサン?
(ニヤリ

うひひ

ひっぱってひっぱって、連載ものみたいにしてますねgood!

No title

ここ4回とこれからの続きのお話で
本が出来そうなんですけど( ̄m ̄〃)

フジTV

出るんじゃろうか、この終わり方は「残念でした」の様なきがするがw
学生時代、パネルクイズの予選に行ったことがあります。
受かったと思ったのにな・・・
あと、毎日おひるにあった勝ち抜く奴、あれも予選で落ちたわ

柿辰丸さんへ

あまり引っ張り過ぎたら飽きられますかね?

落としどころが難しい(・・

さいこちゃんへ

ちょうど今半分過ぎたところかな。

もしこれを本にしたところで、ブログ読んでる人は誰も買ってくれないような気がするよ(。。

No title

フジTVからの電話が
もし「ミリオネア」じゃなかった場合。

1.「笑っていいとも」のテレフォンショッキングからの呼び出し。
2.忘れていたけどアナウンサーに応募していた。
3.当時、ニッポン放送の株をうっかり大量に買っていた。

さあいったいどれなんでしょう~かっ!!
次回が楽しみだぁ~ワクワク^^

⑦パパさんへ

さぁてこの続きはどうなるんでしょうねぇ・・・

ところでパパさん!
さきほどパパさんの創作日記を読んできたんですが、1話しか書いてなかったし・・

中国新聞の短編は進んでますか?

オレは4分の3位書けましたよ!

164goさんへ

正解は・・・・




4番の・・・




紅白歌合戦の出場オファー・・・で!




ファイナルアンサー!!

もし私が銀ママだったら…

「4社ボツになった話は、いずれ笑い話になるから…、
直ちに5,6番目の出版社も、別の大賞も、全部同時に狙いなはれ!」

って、もし私が銀蔵ママだったら言っちゃうかも(笑)

(この連載、楽しみにしてます♪)

そらまめさんへ

確かに4社のボツは笑い話ですね~!!

もっともこれからもっと笑われるんですけどね(。。

色んな賞の募集って結構あるんですが、しかし!!

同じ作品を同時に他の賞に応募は出来ない決まりがあるんです(。。

ところで、これからそらまめさんの事を「マミー」と呼ばせて頂きますよ~

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。