スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ちふさがる壁シリーズ・その2

昨日からの続き

毎月約200冊の新刊が出ている事を考えると
「本を出版して200冊の中に入るのはなんか簡単では?」と思う人もおるかも知れない。
実際、そんな風に考えて原稿を書く人も多いと思う。

では、とっても面白い原稿を書き上げていざ出版社に持ち込んだところで、そこでとてつもなく高い壁がある事に気付く。
その壁の名を「無名」という。

有名、無名って誰が決めるのか?
と聞かれたら返答に困るが、例えば永ちゃんの本とオレの本、どっちが売れるか?といえば答えを聞くまでもない。

歌手ほど有名でなくても、どこかの大学教授であるとか、多くの人が知っている分野で名を成した人なんかはやはり出版に関しては断然有利であることは間違いない。
反対にオレなんかは単なる大工のおっさんであった。
有名とか無名とかのレベルではない。

そんな自分が「原稿を書いてみよう」と思ったきっかけはある現場監督との会話が始まりであった。

土木・建設関係以外の人はあまり知らないと思うが土木施工を専門にする監督って凄く頭が切れる人が多い。
ビルやマンション等ではなく、橋・道路・ダムやなんかの監督である。

奴らはとんでもない数学能力がある。
外からみたら現場で働く人間なんて監督も作業員の区別もつかないと思うがそうではない。

瀬戸大橋やしまなみ海道を通ったことがある人は分かるだろう。
トンネル工事にしたって、山のあっち側とこっち側から測量をして両側から堀りはじめ、山の真ん中で開通させるのよ。
アホでは勤まらんことがよく分かる。

奴は天下のT土木の監督でオレらの現場に出向で来ていたときに出会った。
PCなんか無くても関数電卓1つで恐ろしい計算をこなす頭脳の持ち主は、出向先に馴染めずいつも一人で本を読んでいた。

本のタイトルは「金持ち父さん」

明日も続くの?
広島ブログ
1月30日平和公園内・国際会議場で行われる障害者と広島交響楽団のジョイント・マーガレット・コンサートはこちらから

コメントの投稿

非公開コメント

No title

むっちゃ 続きが 気になります。やっぱ銀蔵さん作家さんだわぁ

土木建築の現場監督さんは 知り合いは いないけども・・
たとえば 運送 JAの米倉庫の担当者

仕事がスムーズに行く場合
現場で監督する立場の人たち って、すごく 頭がキレるのよね。
”段取り八分”ってよく 言ってた。
本屋の荷物の運送って 独特だから 運転手さん って 数学得意じゃないと しんどいだろうなぁっていつも 感じてる。

なるほど

こういう裏話?は非常に興味ありますねぇ。
私もよく「役者になりたいんだけどどうすればいい?」と質問をされるのだが、そうそう簡単にはなれないというあたり似ているのかも。無名という壁わかりますなぁ。

早速

関数と聞いただけで、頭が痛くなるShiozyです。
早速に、出版への経緯(裏話)をアップいただきありがとうございます。
興味津々なのが約二名私の弟子にいますので、きっと楽しみに読むことでしょう。
(たった二人かい)

はじめまして!

銀蔵さまはじめまして!
shiozy師匠の3番弟子の桐矢と申します。

師匠のブログを介して銀蔵さんのブログを知り、今回の連載に釘付けになっております。
過去に建築に少し関わっていたことがあり、現場の話も楽しいです。わたしは就職してから絶望的に立体に弱いことがわかり(屋根伏図がかけません(恥))力学もわからなすぎるというひどいものですが。図面と現場が好きでした。

本を出版する方法、続きを楽しみにしております!

No title

すごく続きが楽しみでんすョ
緊張の糸やら、脳の血管やらはスグ切れるのですが、
頭はナマクラ包丁の私です。

はるめさんへ

やっぱ作家だわ・・・とか書店で多くの本と接しているはるめさんに言われたら嬉しいというより光栄ですわ!!

物書きで飯食ってるわけでもないので作家と言われたら恥ずかしいですが、呼ばれるようになりたいですね!

きっといつか孵化する・・・はず?


そうそう!なんでも段取り8分ですね!
これが出来てないと話になりませんからね。

段取りがバチッと出来る人ってのは、それこそ持って生まれた才能みたいな物を感じさせます。
さて、自分はどうかわかりませんが(・・

柿辰丸さんへ

そうなんですよ!!

しかしまぁ「誰でも最初は無名」と頭を切り換えてやるしかないですよね!

時間はかかるかも知れませんがあえて正面突破ってことでしょうか!

shiozyさんへ

サイン・コサイン・ルート・パイ

書いているだけで頭が痛くなりますね。

4年前に書いたこのシリーズを探してみたら17話もありましたので、中略しながらまとめてみようと思ってます。
お弟子さんが、2人って・・・

それは2人もいらっしゃるってことですよね!
オレなんて誰も居ませんから凄いと思います!!

桐矢絹子さんへ

コメントをありがとうございます!!

shiozyさんはお弟子さんは2人とおっしゃってましたが3人いらっしゃるんですね!!

屋根伏せ図・・・凄い懐かしい単語です!!
土間伏せ図にA断面図に姿図・・・切りがないのでこの辺で・・。

このシリーズを楽しみにして下さる方がいると分かりとても励みになります!!
しばらく続きますのでまたお気軽にコメントを下さいね!!

エコエコ薪ストーブさんへ

脳の血管が切れるのは非常にまずいのでやっぱナマクラ位がちょうどええのかも知れませんね~

続きが楽しみと言われたら嬉しいですわ!!
あまり長すぎて飽きられない程度に更新していきます!!

無名はつらいよ

銀蔵さんおはようございます。

「辛口」も5冊ほど小説や随筆を書き、3冊自費出版しました。

おっしゃるとおり出版社は会社としての出版は渋ります。それは内容の善し悪しにかかわらず、「辛口」が無名だからです。行き着くところは「自分の金で出版しなさい」で、出費を伴いましたが自己満足はできました。

本当に “無名はつらいよ”です。

なんでも「辛口」さんへ

えっ?
5冊も著書があるんですか?
ちょっとブログを探してみます!

No title

私 本を選ぶときに著者名見ないし
ドラマや映画を見ても脚本も原作も見ないから
有名人にとっては嫌な人かもしれないね

有名な先生が書いた本は
内容はよくても面白くなかったりするし

ところで
「 金持ち父さん 」 って何の本なんだろ
えらくストレートなタイトルΣ(・ω・)

さいこちゃんへ

オレも流行りの本って滅多に読まない傾向があるよ・・

ドラッカー関係の本は一冊もないし・・

こういうのをビジネスマン失格っていうんかな。

「金持ち父さん」ってのはね何年前か忘れたけど、ロバート・キヨサキって人が書いた資産運用の本でベストセラーになったはず(これも読んでないけど・・)

でも小説は著者で選ぶ傾向があるよ。

好きな作家の作品はハズレがないからねぇ~!!

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。