スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

締め切り迫る!!

お知らせ続きで申し訳ないがもうちょっと付き合ってね。

オレが代理店をしているアフラック(アメリカン・ファミリー生命保険会社)からのお知らせ。

アフラックには「がん遺児奨学基金」ってのがある。

何の基金かといえば、家計を維持する主たる者、つまりお父さんと考えて間違いないが、そのお父さんをガンで亡くした高校生のための奨学金制度がある。

あなたのお知り合いにもいない?

「あそこのお父さん若いのにガンでお亡くなりになって気の毒に・・・」

「今から高校に行く子供が居るのに大変ねぇ・・」ってご家庭が。


そんな高校生のためにあるのがこの奨学金制度で締め切りが2月末まで迫っているのでもし心当たりのある方はお申し付け頂きたい。

月額25000円を高校卒業するまで頂ける。

高校が無償化になったとはいえ、電車もバスもタダでは乗せてくれないし部活にもあれこれと費用がかかるのでお金はあるにこした事はない。


この奨学金制度の特徴は

ガン遺児のためのものである(交通遺児やガン以外では対象にならない

アフラックの保険加入の有無は問わない。他の保険会社にご加入の方でも申し込み頂けるし、申し込んだからといって「うちの保険に入れ」ってこともない。

この奨学金は返還義務がない

以上が大きな特徴で日本全国から申し込み頂ける。

もちろん審査があるので誰でもOKってわけにはいかないが、もし心当たりのあるご家庭があれば一声かけて頂きたいと思う。

申込みは当代理店にても賜るし詳しい内容は

公益信託アフラックがん遺児奨学基金からもお申し込み頂けるので参考にされたし!!


せっかくこんな制度があるのに知らないのはもったいないからね!!

では、高校生の明るい未来にクリック
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

へぇぇぇ 素晴しい制度ですね!!

周りに聞いてみます♪

よっちママさんへ

でしょ?

もちろん日本全国からお申し込みいただけるし、リンク先から申込用紙のダウンロードも出来ますのでお心当たりの方がいらっしゃれば是非声をかけてみてあげてください!!

No title

ワタシも中学の時に父をガンで亡くして、奨学金のお世話になりました。

いま思えば、母がヤンチャな兄弟二人を育てる事が、どれほど大変だった事か。
こういう制度のおかげで今があるのだと感謝しています。

JUNさんへ

へぇ…そうやったんですか。
お父さんほんまに若かったんですね。

ウチも男兄弟2人なもんで母親はさぞかし大変な思いをしたと今になって分かります。

近年は交通事故の死者数は減ってもガンで亡くなる人は増えてますから是非ともこんな制度を活躍してもらいたいですね!

No title

返還せんでいいってのが助かるよね。私はどっかの出版社の社長さん個人のしてる奨学金をいただいたけど。これも同じく返還なしでとっても助かりました。なんかしらんけど・・ 公募じゃなくって学校から校長先生の推薦って形のものだったけどね。教科書代のタシになったりしてたんじゃないかと思う。

アフラックだから がん遺児なんだろうけど・・・

はるめさんへ

へぇ~!!
出版社社長個人で設立した奨学金制度なんですかね?
それはまた立派な!!

形はちょっと違うけど現在の伊達直人さんですね!

はっきりと覚えてないけどウチは交通遺児からの奨学金をもらってたと思います。
もっともちゃんと勉強しなかったんで今考えたら申し訳ない話です(・・

オレもいつかはビル・ゲイツやウォーレン・バフェットみたいに財団でも設立して何か恩返しみたいな事がしてみたい・・・←って今話題の直人さん達は大かれ少なかれこんな気持ちを持ってるんでしょうね!

なるほど

勉強になりますねぇ。
本日、2冊目完読いたしました。(遅くなりました)
夜逃げ屋の話や大学教授の話、笑わせていただきました。
また、株取り引きとか個信機関に関しては良い勉強ができました。
第3弾はいつ頃どんなものが飛び出すのか?期待しています。

柿辰丸さんへ

最後まで読んで頂きましてほんまにありがとうございます(__)

執筆してから3年が過ぎまして色んな部分で改正が行われたり取り巻く情勢は随分と変わってしまった面もありますが、楽しく読んで頂けて何よりです!!

第3弾ですか?
今はなぞかけの締め切りが迫ってますのでそっちに夢中ですが、3度目の正直でおもしろいやつを書いてみたいですね!

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。