スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

後ろ髪

1人の少女との物語。

先週の何日か忘れたが道路を歩いていると1人の小学生と出会った。

ちょうど学校の下校時間に偶然近くを歩いていて、後ろから小走りに走ってきた少女とフッと目が合った。

どこの誰かも知らないが「お帰り~」と声を掛けたことから話が続く。


「ただいま」と照れくさそうにはにかむ顔が可愛い。

どうやら向かう方向が同じみたいなので、ごく自然に他愛もない会話が始まる。

オレは何か子供の心を掴むようなフェロモンでも出ているのか?
自分で匂ってみてもカレーの匂いしか分からない。

その子、聞けば小学校3年生である。
自分の子供が小3やった頃の記憶を引っ張り出して会話が続く。

今日はね、お母さんが誕生日やったんよ~とか

へぇ~お母さんは誕生日で何歳になったの?

たぶん31歳。
次はおにいちゃんが誕生日なんよ~とか・・・


へぇ~じゃあ◎◎ちゃんは何月生まれ?

私はね5月で10歳♪とか答える。


しかしお母さん若い!!
話の中にお父さんの誕生日が無かったのが気になるところであるが、さすがにそこは聞けない。


その他、学校のことや勉強のことや友達のことまで色んなことを話してくれる。

話をする内に家族が3人って事がわかった。
やっぱお父さんは居てなかったのね・・・


時間にして約20分位の道のりをそんな会話をしながら歩いていたのだが、これって親が見たら卒倒するか下手したら通報されるね。

途中、地域のボランティアの人が挨拶をしてくれるけど、あまりにも自然なので親子か知り合いに間違われていたのかも知れない。

まさか孫と間違われていた・・・なんてことはないよな!!


とにかく、子供の目ってのは可愛いのよ!!

オレが何か話す度にキラキラして素直な笑顔でコロコロ笑う姿は可愛くて仕方ない。

やっぱ子供ってのは社会の宝物と思うし、こんな子供達が安心して暮らせるようにする責任は我々大人にあると痛感した。

そんな楽しい時間も女の子の家が近づいて終わりがくる。

玄関先まで一緒に帰ってバイバイとお別れをする。


その場を離れて歩き出しながらフッと後ろを振り向くと少女はまだそこに居てこちらを見ては飛びあがりながら何度も何度も大きく手を振ってくれる。

応えるようにオレも飛び上がる。


その姿が後ろ髪を掴んで離さない。


少女が手を振る度に一本、また一本と矢が放たれ何かが心にグサッグサッと突き刺さる。

その子に対して何もしてあげる事は出来ないが、健康と幸せと安心して暮らせる社会を願うばかりである。


こんな子供達が事件や事故に巻き込まれるようなことがあってはならない!!

ねっ!!
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

最近の子供って
知らない人には挨拶ひとつしちゃいけないって感じに育ってるけど
それもどうよって感じだよね
物騒だから気持ちもわかんなくはないけど
それじゃ子供が誰かの助けが必要なときも
誰にも何もいえなくなっちゃうよね

子供は地域ぐるみで守ってあげないとだめなのにね~
銀san子供達を守ってあげてぇ~

銀sanの強面のグラサンの奥のつぶら~な眼球には
ナイスガイな優しいおじさんがつまってるんだからwww
怖くないですよ~~~

No title

有難うございます

そういってくださる大人がいるから

うちの子供達は

地域の方々見知らぬ方々に恵まれ

真っ直ぐに育っていれるんです。

感謝です!!

さいこちゃんへ

つぶらな眼球のナイスガイ・・・?


コホン・・
君は若いのに中々おっちゃんを見る目があるやないの!!

お好み焼きがええ?
もみじ饅頭?
それとも大田川のしじみはどうかな?

さぁ食いねぇ~食いねぇ~


しかしまぁ、自分とこの子供も小さい頃は親の目が届かないところで色んな形で地域の人にはお世話になってるからね。

どんな形であれ社会に恩返ししていかねば!

よっちママさんへ

自分ところの子も地域の皆さんに育てられたような一面があるからお互い様って感じですよ!!

ありふれた言葉やけど、やっぱ子供は社会の宝物ですわい!

No title

子供は正直だから心を開ける人にしか話さないものです。

きっと銀ちゃんにお父さんの様な安心感と優しさを感じたのでしょうね。

いろいろな親がいるから、いろいろな子供たちがいるけど
生まれた時から悪い子なんてどこにもいないでしょう?

みんな大人のせいです。

どうにもできない、やりきれないこともあるけど私も諦めないで
銀ちゃんの願いに賛成です。

こんばんゎ(・∀・)


なんか、グッてくる話です。

自分にも経験があるのでわかります。

あたしは、公園で、おじいちゃんと一緒に来てた男の子と仲良くなって、その子、あたしのことを「お母さん、こっち」ってあたしの手を引いて、いろんなとこに連れてったの。

4歳って言ってたけど、それ以上は聞けんやった。
時間忘れて、薄暗くなるまで遊んだけど、もっともっと一緒にいたかった・・・


やっぱね、子供も、おじいちゃんおばあちゃんも、あたしたちが守っていかないかんと思う!!


あいさつってすっごく大事ぢゃね☆

は~ちゃんへ

特別子供に対してスリ寄って行くこともないけれど、何故か子供の方から寄ってくるのよ。

何か不思議よね。

もしかしたら「安心感フェロモン」みたいなものが出てるんかな?

最近はやりきれない事件が多いけど、1人でも多く子供を見守る人が増えてくれたら嬉しいね!

のん♪さんへ

おはよう!

そうそう。
ほんのちょっとの時間でも一緒に触れ合ったら別れが名残り惜しいよね。

それは子供からしても同じ気持ちなんかもね!

こんな可愛い存在が事件や事故に巻き込まれるなんてこれ以上心が痛むことはないよ。
せめて出来る範囲で見守って行きたいと思ってる。

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。