スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステージ・Ⅱ

病院内にある個別の面談室に入ると、普段は優しい主治医がニコリともせず出迎えてくれた。

おまけに目のまえには山ほどの書類を積み重ねてある。

医師の表情からおじぃさんは直感的に「オレも最期や、とうとうお迎えが来た」と悟ったらしい。

肝心の検査結果を尋ねると、どうも奥歯にものが挟まったような言い方ではっきりしない。

益々つのる不安に押し寄せてくる絶望感。

しかし、疑惑は数分後に解消された。

検査結果が出るまでの2週間以上の間、医師も昼寝をこいて待っていたわけではなく、必死こいて転移したであろうガン細胞を探しまわっていたそうな。

しかし、ガンの細胞はどこを探してもない。

「肺がんの末期でそんなはずはない」と思い徹底的に調べるもののやはりどこにもない。

医師のうかない顔は、もしや誤診を追及されるのではないかとの思いから曇っていたことが判明した。

もとより、おじぃさんはそんなつもりは全くなく早く結果が知りたかっただけなので、ガンの転移もなく退院できればそれでOKやったが、主治医の立場としては気が気でなかったと思う。

70歳を超えて肺ガンのステージⅢの診断を受けて手術したのに転移してない・・・?

これはガン保険を案内する人間としても凄く興味深い話である。
リビングニーズ特約の死亡保険に入ってたら請求できるような感じ。

そのまま延命治療に入ってもおかしくない。
それがどこにも転移せず、退院してくださって構いませんが、再発の可能性だけはありますから定期健診だけは受けてくれとのこと。

そんな事ってあるんやぁ~!!
不思議に思い、ガン保険の保有契約数日本一を誇る某保険会社の人間に聞いてみた。

「こんな例って聞いたことある?」と。

もちろん、契約者個人を特定して噂話をするような事はしないが、保険会社の人間でも聞いたことがないと言う。


この前の事故に遭ったおばぁちゃんといい、今回のおじぃさんといいどうやっても説明のつかない不思議な話ってあるもんやな。
別に、高価な壺を買って朝晩拝んでいたらガン細胞がなくなったとか、この健康食品を食べてたから助かったとかそんな類の話ではないのでお間違いなく!!



そんな昨日のこと。
ちょうどガンのステージについてブログ記事を書いていたところ、携帯電話がランボルギーニのエンジン音を炸裂させて鳴りだした。

ディスプレーに映し出された文字は関西地方に住む友人の名前。

「おお~久しぶりやんけ!!元気か!!」

そう陽気に語りかけるオレの声はまったくもってアホみたいに虚しくなるほど元気ではなかった。


まだまだステージⅢまで続く・・・(しつこい?)

広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

銀ちゃんのお話はいつも引き込まれますねぇ~~。

ステージⅢが楽しみです。

でも、ほんとに不思議なことってあります。
科学では解明できないことがいっぱいあるのは確かです。

銀ちゃんって普段お話する時は関西弁なの?広島弁なの?

No title

「ステージ」の後に数字があるのだと思いますが
文字化けしちゃってわからないのです…。
申し訳ないのですがコメレスでこっそり教えてもらえませんか?

スルーしようかとも思ったのですが、やっぱり気になっちゃって。

は~ちゃんへ

普段話しする時?

よく「テキサス訛りやね」って言われる!

そうそう!
世の中には不思議なことってあるよね。
そんな人の話を聞かせてもらうのも結構楽しかったりするよ。

中には明らかに大げさな話もあるけど、それもまた面白い。

きみこさんへ

「コメレス」の意味が分からんかったからこちらで返事させてもらいますね。

多分数字の1・2・3・4がローマ数字にしてあるから文字化けしたのかな?
それぞれがⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳとなってます。

昨日がステージ・1で今日が2。

おじいさんが罹っていたのはステージ3と思われます。
その他わからない部分があれば何でも聞いてくださいね!

No title

どうもでした。
コメレスはコメントのお返事ということでした。
サーセン。

ステージ3かぁ~、スゴイなぁ。

きみこさんへ

後から子供に「コメレス」の意味を聞いたらそう教えてもらいました。

肺ガンのステージ3から戻ってきたおじぃちゃんは不死身です!!

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。