スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カウント・ダウン

ある知人は市内にある会社に勤めている。
とある小売業の専門店で県内に数件の支店もある中規模の会社で社員数は7~80人程いるらしい。

ある日、本社より「女子社員は今後制服着用で、2着を自費で買い取ること」とお達しがあったらしい。
金額にして約2万円。

どこにも来て行けない制服を自腹で2万円。
会社からの援助は一切なく全部自腹で2万円。

いつもは清楚な女子社員もそれを聞いた途端、ヤマンバが裸足で逃げ出すくらい恐ろしい形相になったとかならんとか。

そんな怒り覚めやらぬある日、今度は会社の提携先で買い物をしろとのお達しが来た。

提携先で買い物をすれば割引があるとか、10%は会社が支援するとかではなく、数ヶ月以内に数万以上の買い物をしろとのノルマが課せられた。

このような会社の社員を正しい日本語でたとえるなら「火に油をそそぐ」とか「泣きっ面に蜂」とか「猫に小判」(?)等という。

オレはろくすっぽ会社勤めをしたことがないのでわからないが、会社の制服って1着目は支給で2着目からは数割負担とかでないの?

提携先で買い物をするにしろ、福利厚生の一環で購入額の10%は会社が負担するとかならわかるが、何万円以上の買い物をしろとは聞いたことがない。

これって腹をさぐれば、買い物をした見返りにバックマージンを狙っているとしか思えないし、そう思われても仕方ないよな。
会社がこんな本業と別のことをやりだすのは決していい兆候ではない。
現金、キャッシュが足りていないからこのようなことをはじめるパターンが多いね。

そのうちに、源泉徴収した税金やら社会保険料やらをネコババしだす可能性もある。

会社がこんなことをやりだせば、働く人の意識はすでにハローワークに飛んでしまって仕事へのモチベーションも保てなくなり、終焉へのカウント・ダウンがはじまることが多い。

気の毒なのはそこで一生懸命になって働き家族を支えている人達。

今は民事再生法なる飛び道具があるので、会社自体の存続はあるかもしれないが何とか終焉へのカウント・ダウンはストップしてもらいたいと切に願うばかりである。

ところで、もし女子社員の制服が要らなくなったらオレが貰おうかな?

こんな不埒なことを考え出すのは「あっち」の世界へのカウント・ダウンが始まっている証拠かも・・・ね。

不埒なあなたはポチッとよろしく。

不埒でないあなたもポチッとヨロシク
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪初コメです!!
いつもありがとございます!!
制服・・・高ッ!!!
でもうちの会社、以前は辞めた人のを着回ししていましたが、
さすがに10年くらいたっていたためボロボロ。。。。。
今では実費でスーツやら服をみんな買って着ています。
でもその知人サンの会社の2万には目ん玉飛び出ますね(Д)

ぜひ、銀蔵さん買い取ってあげてください。笑

No title

制服ってある方が便利だけど 2万はいやかな
私服だったらもっとかかるから
その方がお徳なのかな?
でも選ばしてもらえないしな~

会社が買った制服を一旦女子社員が着て
それをマニアに売るとかは?

Re: No title

へんてこあおりんごさん
コメントありがとうございます!
ねえ制服が自前で2万円ってびっくりしますよね!

2万円あったら青山で高級スーツが買えるのに・・・
やっぱここはオレが買い取るべきかと思案してますが、その制服を自分で着るかそれともどなたかに着てもらって楽しむか悩んでます。

変なことで悩むな?

ではまたお気軽にコメントしてくださいね!

Re: No title

さいこちゃん
マニアがここに居ますがなにか?^^

出来れば匂いつきのやつをお願いしたいね!

オレが自分で着る手もあると思うけど・・・似合うかな?

No title

こう見ても私も昔は若いOL時代がありました。
でも、制服はもちろん会社支給でしたよ。
森英恵さんデザインとかコシノジュンコさんデザインとか
バブル全盛時代でした。

今は自腹なの?厳しいですね。

銀ちゃんは自宅で制服着てるの?
その方のマニアだったのね・・。人はみかけによらないですね。
いいんですよ、そういう趣味も必要だと思います。

Re: No title

葉月さん
その頃の写真ってないの?
是非見てみたいなぁ~!!

自宅で制服着てるかって?
自宅以外でも着てるよ^^

短いスカートからすね毛出して歩いてるよ。

ほら、想像しただけで目が痛いでしょ?

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。