スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫉妬・ジェラシー・独り占め

今朝の日経を読んでいると興味深い記事にでくわした。

「親の再婚どうする?」って話である。
記事の主は男2人兄弟で30歳を過ぎてそれぞれの家庭もある。
子供の頃、親が離婚して2人は母親に育てられたが、その苦労は並大抵でなかったという。

その親も年をとったがある日「会ってほしい人が居る」というので面会すると相手は70歳を過ぎた再婚予定の相手であったという。

「会って欲しい人」ってのがマルチの勧誘でなかったのは良かった。

そんな話を持ちかけられた子供達も成人して世間のこともわかり、複雑な心境ながらも母親の余生も考えて再婚に賛成したらしい。
やっぱいくつになっても人生のパートナーって要るよな!!ってことである。

この記事を読みながらフッと思い出したことがある。

オレの父親は弟が生後数10日の時に交通事故で他界した。

その当時、自賠責保険がどれ位の補償をしてくれたのかサッパリわからないし、その他の保険に入っていたのかも定かではないが、決してその後は裕福ではなかった。
というよりその後の貧乏生活を思うとろくな補償はなかったのではないかと推測している。

そんな貧乏生活を満喫していた子供の頃、母親が「もし再婚したらどうする?」と聞いてきたことがあった。
確かまだ小学生だったと思うので、それを聞いた瞬間弟と2人で猛反対した。

子供心に母親が誰かに取られてしまうと思ったのか、それとも全身嫉妬の塊になったのか、あるいはその両方か?

とにかく兄弟2人で猛反対して以来、その話が再び母親の口から出ることはなかった。

そして、そんなことがあったことも忘れてしまっていた今日、新聞記事を読んでフラッシュバックした。

もしかしたら、あの当時母親には想いを寄せていた人が居たのではないかなぁ・・・と。

そうだとすれば子供の我儘で再婚話をつぶしてしまい、非常に申し訳ないことをしたような気分になる。

今ならきっと諸手を挙げて祝福するやろ~と思うけど、残念なことに時計の針は戻らない。

せめてもの償いに、自分達が親を大切にしようと心を新たにした春の朝のお話でした。

せめてもの償いにポチッとヨロシク
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

でも私も反対するよ
メチャする
銀さんたちだけじゃないと思う
多分子供のころ親が「再婚する」って言われるより
大人になって「再婚する」って言われる方が反対すると思う
だって今更他人と家族になれないもん
有難いことに私は両親共健在だけど
(ポニョ子も反対するって言ってる)

Re: No title

さいこちゃんところもそうか!

やっぱ子供の頃ってそうなんよね・・
しかしその当時はわからんかったけど、今になってちょっと後悔してるよ。


そう言えば!!
今日夢の中でポニョ子が出てきたぞ!
顔も見たことないのに何故か夢の中ではポニョ子がわかった^^

No title

≫我儘で再婚話をつぶしてしまい
我がままではなく素直な気持ちだったんですよ。
おそらく私も反対してたと思います。
そんな頃、大人の事情なんて考えてないし。。
今、お母様を大切に。。。
と、自分にも言い聞かせます。
私は両親を大切にです!!

Re: No title

ひめさん
どうもありがとう!
子供の頃って「親は自分のもの」とか思い込んでいたけど、新聞記事を読んでから「親の事情もあったんやろ~な」と考えてます。

もう過ぎたことでどうしようもないけど、健在で居てくれる親を大切にしたいと思ってます。

No title

もし私が その問いを幼い子供たちに発して
一生懸命反対する姿を見たとしたら 
いじらしさにホロッとしてしまうかもしれません
大事なものは もう傍にちゃんとあるなあ、なんて・・・

再婚しない人生を選んだのは 本人自身だと思うので
今 親子仲よく 銀サンがナイスガイに育っているということが
お母さんの望んだ大成功なのじゃないでしょうか

No title

なんてことでしょうwww
ポニョ子喜ぶわ
最近ポニョ子人気低迷中だから(笑)
顔は・・・アニメで見るあんな感じ

Re: No title

密柑さん
密柑さんのコメントにホロッときて救われた気がします。
なんかこの前から救われてばっかり・・

これはこれで、母親にとっては一つの人生なんやしこれでよかったんか、と思えるようになりました。

どうもありがとう!

Re: No title

さいこちゃん
これをきっかけにポニョ子伝説が始まる。

「ポニョ子の伝説に全米が泣いた」(意味不明)

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。