スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の抱負(防府)天満宮

正月も5日になってから今年の抱負もないもんやと思うけど、人並みに抱負を語ってみたい。

今年の抱負その一
今年こそは「うさぎとカメ」のうさぎのように突っ走って最後はカメに負けよう。


今年の抱負その二
今年こそは「アリとキリギリス」のキリギリスのように1年中遊んで暮らそう。


ところで童話に出てくるキリギリスが弾いているのはヴァイオリンやったかチェロやったか気になってしょうがない。

娘に聞くと「キリギリスはヴァイオリンでチェロはヨーヨー・マでしょ!!」とか言うし・・・

なんぼなんでもキリギリスとヨーヨー・マの違いくらい分かるわい!!



そんな今日の日経で面白い記事があった。

高齢化社会の中で輝く人達の特集で、ライブハウスを撮り続けるアマチュアカメラマンのご夫人。
きっかけは趣味のカメラサークルで写真を撮っている時、赤い髪の人に出会い撮らせてくれと頼んだのが始まりとか・・・
その赤い髪の人はいわゆるパンクロックのバンドメンバーやった。

そして、ライブハウス通いが始めるうちに評判が評判を呼んで今では写真集を出すまでに到ったとか。
記事の主は松下さんって女性の方で何と御年73歳。


もう一人の方は電力会社を定年後にブドウを作り始めた。
しかし収穫したブドウを売っても収入は30万円。

「こうなったらワイナリーを建てるしかない」と決心し自宅の担保と株主に出資をお願いして資金を集めとうとうワインの製造まで出来るようになった。
去年はそのワインが15000本も売れたとか。

なんか、お二人の記事を読んでいると最初から何かをやってやろうと意気込んでいたのではなく、自然な流れの中で自分の行く道をみつけ、いざって時には迷わず挑戦する姿が美しい。

こんな凄い先輩たちがおるんやから、日本の高齢化社会もすてたもんではないな。

ポイントはやっぱ「面白いことを見つける」に尽きると思う。

先人たちの挑戦がそう教えてくれている。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

“最初から何かをやってやろうと意気込んでいたのではなく、自然な流れの中で自分の行く道をみつけ、いざって時には迷わず挑戦する”
…素敵な言葉ですね。
私も今目の前にあることに誠意をもって取り組んでいきたいと思います。ありがとうございました。

Re: こんにちは

空飛ぶミケ猫さん
自分も先輩たちの挑戦する姿にあやかりたいと思っております。

あんな人達が多くなれば高齢化社会もこわくない!!って気がしますね。

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。