スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニTAX講座

随分前のことであるが、友人の知り合いのお父さんが自殺をされたらしい。

お父さんには奥さんと二人の息子がいた。
悲しみにくれる中で、相続される土地があると知った息子2人はお互いに話し合ってその土地を相続したそうな。

ところが、父親の死から数ヶ月後に実はとんでもない金額の負債があることが判明した。
その額は土地を処分したところでとうてい補えるような金額ではなかったという。

相続に関して何の知識も無かった2人は資産と同時に負債も相続してしまう単純承認してしまい、払いきれずに結局は2人ともが自己破産の道を選ぶしかなかった。

なんともいえない悲劇であるが、自分が相続人になったときに選べる方法として、先に書いたような「単純承認」。
他に資産を負債のバランスを考えて相続する「限定承認」があり、もう一つの手段として「相続放棄」をする方法がある。
どれを選ぶかはケースバイケースであるが、重要なポイントは「自分に相続する権利が発生した」と知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申し立てをしないと「単純承認」にされてしまう点である。

「そんなの知らなかった」では済ませてくれないので自分がいつ相続人になってもうろたえないように少しは勉強しておく必要があるね。

で、昨日もちょっと触れたけど、死亡保険金の税金について「相続税」「贈与税」「所得税」がかかる場合がある。

これもケースバイケースで全てが当てはまるとは限らないが一般的な1000万円程度の死亡保険金を受け取った場合、上の3つの内で一番お得な税金はどれ?
答えは皆さんお分かりのとおり「相続税」。

で、一番不利なのは贈与税になる。
計算方式は色々あって面倒くさいから省くけど、相続税の何が有利かって控除枠が大きいことにつきると思う。

ここで気をつけておきたい点は同じ子供が受け取る保険金でも契約方法によってどちらが課税されるか決まっているところ。

契約者父ー被保険者父ー受取人子供のパターンでは相続税

契約者母ー被保険者父ー受取人子供の場合では贈与税。

1000万円の保険金だけでは相続税ではほとんど課税されないが、贈与税になると231万円も税金がかかる。

ええっ~!?
うちはどっち?
と思った人は保険証券で確かめておきましょう!!

万が一そんなことになっていた場合は慌てず騒がず保険会社に連絡してベストな契約体系に直してもらいましょう。

以上、今日はちょっと役に立つ日記でした。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。