スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんばれ、職人!!

今日は違う記事を書こうと思ってたのに珍しい光景をみかけたので撮ってみた。
091013_1040~01
ほんまはもっと近くで撮れたのにモタモタしている間に遠くにいってしまい何のことやらわからんようになったけど、クレーンで鉄骨を吊っている写真。

これのどこが珍しいのかといえば、鉄骨建方をしている時って危ないから違う業種は入れないことが多い。
現場生活28年のオレでも滅多に間近で見たことは少ないが今回偶然道路から撮れたものの、中々迫力があっておもしろい。

小さくてわかりにくいかも知れんけど、クレーンで吊っているのは鉄骨の柱部分になっていて羽のように見える部分は梁で、あそこに柱と柱を繋ぐための鉄骨が合体する。

吊っているのはクローラークレーンといって車体が戦車みたいに動く優れものクレーンでその一番先っぽにはカメラが付いていて下の操縦席ではモニターで吊荷の様子が見えるようになっている。

下手に隠れてさぼっているとクレーンオペに発見されて親方にチクられるので注意が必要である。

おおよその目見当であるが、この鉄骨は2階分+あってその長さは10メートルくらいかな?
この鉄骨を吊るためのワイヤーを掛ける人は「玉掛け」という資格を持ってないと出来ない。
あんなでかい鉄の化け物を吊るんやから落ちたら大変なことになるもんね。

玉掛け合図者がワイヤーを掛けてクレーンオペレーターに無線と身振り手振りで合図しながら鉄骨を所定の場所に組み付ける。

化け物鉄骨をミリ単位で据え付けるので合図者もクレーンオペも熟練の技が必要なのは言うまでもない。

ちなみに、クレーン先のカメラは上からの映像しか映せない。
これでは誰が合図者かわからないので、合図をする責任者のヘルメットのテッペンには十字マークの印が書いてある。

その合図者が無線で「スラー(下げろ)」とか「ゴーへー(巻き上げ)」等の専門用語を伝えるとクレーンオペが反応して動かしてくれるって寸法で実に素晴らしい。


さて、写真を見たらわかると思うけど吊っているワイヤーは据付作業が済んだら外さないといけない。
誰があんな高いところへ外しに行くの?
鳶職人がよ。

写真ではわからないがあの鉄骨には小さいはしごが付いていてそれをよじ登ってワイヤーを外すとクレーンは自由になって次の柱を吊に行く。
そんな段取りでビルが出来上がっていく姿を見るのは意外とおもしろいので、もし街中で目にする機会があったら観察してみよう。

「あんな高い所へ行くのは怖い!!」なんて言おうもんなら親方にブン殴られるかも知れないので勇気を出して登る。
オレも高い所はけっこう平気な方やけどあれは怖と思う!!

しかし、こんな勇気ある職人がおらんと何も建たないのも事実。

そしてフッと横を見ると足場にはこんな横断幕が張ってあった。
091013_1041~01
「こどもたちに誇れる仕事を」やと?
十分、こどもに誇れる仕事やないか!!
現場の職人達って危なくて汚くて体にきつくてガラが悪くて・・・って思うけどその通り!!
ってのは冗談として、ほんま自分のこどもに誇りをもってええ職業やと思うよ。

これから寒くなるけど北風に負けるな職人!!

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。