スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ自賠責講座

この前の日記で、自転車についてさんざんボヤきたおしたがここで自賠責保険にかんしてちょこっとだけ書いておこうと思う。

知ってるようで案外知らない自賠責。
正式名称を「自動車損害賠償責任保険」略して自賠責、別名「強制保険」ともいうが同じ保険である。

原付以上のバイクや自動車には入っておく義務があってこれに入ってなかったり、切れたまま乗っていたりすると「無保険車」となり下手した1発免停、もっと下手したら1発免許取り消しにもなりかねない。

保険料は車を買ったときに支払うがいわゆる「諸経費」の中に自賠責保険料が入っている。

この自賠責、車屋さんなどの代理店を通して加入するが実は民間の保険ではなく国交省管轄の官営保険である。

支払いや請求の窓口は民間の各保険会社になっているが、保険会社を通して徴収された保険料は国の管轄に入る。

年金にたとえたら国民年金と同じ1階部分にあたるのが自賠責保険になる。

自賠責や損害保険のエトセトラを詳しく書くと今年も暮れてしまうので簡単にしか書けないが、人身事故1人あたり120万円までしか補償してくれない。

例えば信号無視で自転車が突っ込んできて相手が怪我をした。自転車も壊れたが人間の怪我は120万円までなら自賠責で補償してくれるが自転車は治してくれない。

あくまでも、人身事故に限ってしか払ってもらえない実にショボイ保険内容である。

これだけでも無いよりはましとも言えるが万が一のことを考えたらとんでもなく不安になる。

それを補うために民間の損害保険があってこれを「任意保険」とも呼んだりする。

「任意やから、入ろうが入るまいが勝手」といわれたらそうだが、内容を理解して入っておかないと大変なことになる。

「任意」なんて呼び方は止めて「半強制」に変えた方がええんでないか?

この任意保険を年金に例えたら民間の企業年金や生命保険の個人年金にあたり年金制度の2階部分になる。

ここで知っておきたいのは、もしあなたが事故にあって入院したとする。
その治療費や生活費に向けて支払われるのは1階部分の自賠責から先に払われる。
自賠責は国の補償事業やから過失割合に関係なく気持ちよく払ってくれる。

そして120万円を超えたところから民間の任意保険の出番になる。
保険会社からすれば自賠責は別勘定やからいくら出てったところで知ったことではないが、自分の腹から出ていくものは少しでも抑えたいと考える。

それが払い渋りとなって現れる場合がよくあり一方的な休業補償の打ち切り通告や治療費の打ち切りなんてざらにある。

被害者の方も「自分は被害者やから自分の保険は使わん」とか化石みたいなことを考えんと脳を柔らかくして自賠責からの支払いをゆっくりさせるように労災や健康保険を使って治療点数を抑えておく必要がある。

前も書いたようにもし事故にあったら労災が適用されるのであれば先に労災。
該当しないようであれば自分が加入している健康保険を使って治療しよう。

この仕組みを知っておかないと、自由診療で自賠責の120万円をアッという間に使ってしまったらその後が面倒になるので覚えておいて損はないと思うよ。

まっこんな事故に遭わんのが一番やけどね!!
以上、今日のミニミニ講座でした。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。