スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融を問え!!

今朝の日経で「金融を問う、顧客優先は本当か!!」って記事があった。

何でも中身の見えない保険商品の販売にあたって顧客の無知に付け込んだり、メリットばかり強調してデメリットの部分は黙って販売する手口が未だに横行しておるんですと!!

ええ~!!そりゃあなんですか!!
不払いやら支払い漏れ問題で散々世間や金融庁からやいとをすえられたのに、まだそんな方法で客を泣かせておるんかね。

保険会社の方針なんか、それとも営業担当のモラルの問題か知らんけど契約の約款(やっかんと読む)も見せんと契約させようとする人間がおるらしいから迷惑な話である。

これやったや雨が降りだしたら「貸した傘を返せ」という銀行と一緒のような気がするね。


ところで、かなり前のこと、自分が加入している保険で保険金を請求できることが起こった。
その時は忘れずに保険会社に連絡してきちっと払ってもらったが、それから2年あまり経ってフッと何気なしに証書をみていたら「もしかしてこれって保険金がもらえるんちゃう?」と思い早速連絡したら案の定「請求事由に該当する」ってことでありがたく払ってもらえたことがあった。

その時に調べたら、生命保険の請求にも時効があって商法で3年と決まっているらしい。
それを過ぎたら請求しても保険会社が「時効の援用」を主張したら払ってもらえないことになる。

しかし、生保が「相互扶助の精神」で成り立っている面を考えるとめったやたらと時効援用をすることは少ないと聞く。

保険やら共済に加入している人で何年か前に病気をしたとか怪我をした記憶があれば契約書を探し出して読み返してみよう。
思わぬところに埋蔵金が眠っているかもよ。

ところで、生保の時効は3年と書いたが交通事故等で払ってもらえる賠償金の請求時効は「症状固定した次の日から2年」となっているので注意が必要である。

生保と違って損保の分は時効の援用どころか下手したら債務不存在の訴訟までおこして払い渋りをする会社もある。
従って「保険金の時効が来ますよ!!」なんてご丁寧に教えてくれる損保会社なんて少ないと思っておいて間違いない。
そう考えるとまだ生保の方が契約者に優しい面もあると思うが、ここはやはり消費者の方も知識武装しておかなければいけない部分である。

さて、日経記事の冒頭に予定利率が高い昔の契約を不利な契約に勧められた人の談話が載っていた。
その談話主さんは金融関係の会社に勤務する男性らしい。

多少の金融知識があったからこそ、大事な部分に気がついたのだと思うが一般の人やったらそのまま不利な契約をしていたかもね。

さあ!!
あなたもこんな役にたたないブログばかり読んでないで、保険証書とにらめっこしようではないか!!

では、健闘を祈る。

コメントの投稿

非公開コメント

保険会社にもいろんな人がいる。

大体は、知識のない奴が、コンプライアンス違反をやらかすのよ。それは、何故か?

成績しか考えてない支部長とか、支社長にそそのかされる訳だ。

知識がないから、コンプライアンス違反とは思ってない。

まあ、こんな感じで、友達なくしたり、親戚に恨まれる。

一般の人も、せめて自分の保険の内容は知る様にしとかんと、思わぬ所で痛い目に逢うで~。

No title

おやじさん
保険なんてものは保障の多い少ないは別にして現在社会では必ず必要な商品やから正々堂々と商売したらええのにといつも思う。
中身はポンコツのくせに「程度上物ですよ~」って中古車と違うんやからねぇ・・・

オレなんかそれでなくても友達少ないからそんなことで大事な人を失いたくないね^^

追伸

最近、入院費用の自己負担分だけ保障します。って某生保でコマーシャルしてるが、転換などを勧められてる人は、内容を良く確認して、解るまで説明してもらいなさい。

新商品が出た生保は、必ず転換とか、下取りしますとか言ってきますよ。

No title

おやじさん
了解!!
ほんまに必要な商品なんかどうかしっかり理解しとかんと高いもんにつくからねぇ。

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。