スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の6割

さて問題です。
父親が死亡して相続放棄した場合、自分が受取人になっている父親の死亡保険金は?

1・全額もらえる
2・父親が残した債務と相殺し、残った分はもらえる
3・もらえない

答えは何番でしょう?って問題であるが、いつものように今朝の日経の記事である。

毎週日曜日の「くらし安心」ってコーナーには3択クイズが出されていて、いつも挑戦するが正解率は90%もある。

何が言いたいのかといえば、単に自慢したいだけ。

それはまぁ冗談やけど、今日の記事内に
「いかなる形でもマネー教育を受けたことがない!!」
って人の数は日本人で6割に達するとHSBCの調査結果がある。

初めて文字の大きさを変えて色なんかつけてみたけど読みやすいかな?

それはともかく、「マネー教育を受けたことがない」やから数字が多いほど不名誉である。

調査した8カ国の内で光り輝くナンバー1は「インド」の約10%。
言い換えたらインドの9割の人は何らかの形でマネー教育を受けたことになる。

次は中国・韓国・ブラジル・アメリカ・イギリスで日本と続く。

ちなみに全体の平均は43%で栄えあるドベ(最下位)はフランスである。

インド・中国・韓国の順番はなんとなくわかる気もするが、最下位のフランスは意外なところ。
まっあそこはアムールの国やからええか!!
なんせ大統領が愛人作っても理解ある国民性やからな。

しかし、この前もブログで書いたように数学オリンピックでメダルを獲るような実力が我が国民にはあるんやからそれをマネー教育に活かしたら振り込め詐欺の被害に遭うことも少なくなると思うけど、どうかな?
あれだけ、新聞・TVなどのメディアを通じて報道されているにもかかわらず相変わらず詐欺の被害者は後を絶たない。
日本人はアホで間抜けでどうしようもなく学習能力のない国民なんか?

そんなことないよな。

これはきっと「マネー教育を受けたことがない人が6割もいる!!」ことが一因ではないだろうか??

オレは子供に理数を教える能力はないが、自分の子供だけに限らずマネーとマナーは教えて行こうと思うね。

さて、最後になったが問題の答えを知りたい?

答えはねぇ・・・
$#”!%&’((())’&$%#””)

また明日^^

コメントの投稿

非公開コメント

自信ないが、答えは①か…


確か、親から子への死亡保険金は、贈与税の対象だったような気がするし、保険金は財産ではなかったはず…


答えおしえてf^_^;

No title

おやじさん
答えは4番の「くそでも食らえ」でした。ウソ^^

見事正解!!さすがオレの師匠^^

贈与税の対象になるかどうかはケースバイケースですが、自分が受取人になっている保険金は指定された人の固有財産とみなされるとなってます。
相続税がかかるかどうかも場合によりますが基礎控除額を超えなかったらかかりません。

ところで、例の試験は95点で無事合格しましたよ!

例の試験は95点ぐらいが丁度ええ。
あの問題で満点取るのはひねくれ者やな。

No title

師匠!!
それならオレはひねくれ者でないってこってすな!!
実はひそかに満点狙ってたのに^^

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。