スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗考

せっかくPCがあってローマ字入力出来るんやから葉書の印刷をしたろ~と思って初めて「筆ぐるめ」なるソフトを開いてみた。

ワードでもブログでも独学で何とかなったから筆ぐるめごときになめられてたまるもんか!!と思うが初めて使うソフトって手ごわいなぁ・・・

正月までに使えるようになるかなぁ・・・
まぁ2010年に間に合わんかったら11年もあるし。

さて、嫁が仕事から帰ってくるなり「始末書書かんといけんかも知れん」と広島弁でいう。

関西弁では「始末書書かなあかんがな」と言うし、博多弁では「始末書ば書かんといけんばってん(合ってる?)」と言う。
何か仕事でミスをしたらしく、客からクレームが来て珍しくへこんでいる。

「ワ~ハッハ!!心配すんな!!始末書くらい何枚でも代筆したるで~!!」
「オレなんか警察や消防に何回も提出したし、その他調書や答弁書に何枚書いたか」と慰めても笑わないからそれなりに重症である。

詳しく聞いたら会社や客や第3者に大きな損害を与えたわけでもなく、ほんのささいなミスで1ミクロンのすいばりが鼻の頭に刺さった程度のこと。
わざわざ始末書を書くほどのことでもないと思うし、会社がどんな処置を取るのか今はまだわからないがせいぜい「誰々さん始末書もんなんやて~」と陰口を叩かれて終わる程度のものである。

しかしなぁ・・・
世の中で「取り返しがつかない過失やミス」ってどれくらいある?
そんなにないと思うけどどうかな?
事故や自分の過失等で人の体や財産に損害を与えたらそれは賠償する責任があるし、会社に損害を与えても同じ。

今やから白状するが、昔オレが手がけた「H邸」のベランダは図面の寸法より100ミリ広い。

自分で図面の芯と面を間違えたことが原因で、施主のHさんはベランダが広くなって喜んでいる・・・かどうか知らない。

幸いなことに広くなったベランダは敷地の境界線からは出ることもなく施主さんの理解もあってそのままで済んだが、本来なら人様から金を貰って施工する本職がやるミスではない。
しかしながら悲しいことにちょっとした油断や思い込みでミスを犯してしまうのが人間って生き物かもしれない。

人の家の寸法を間違えるなんてとんでもないミスであるが、かといって絶対的に取り返しがつかないミスでもない。

そう考えると、自分の大きな過失で人の体を傷つけることに比べたら仕事での些細な失敗なんてなんぼでも取り返しがつくよな!!

もっとも、失敗やミスを積極的におススメするわけではないが起きてしまったことは仕方ない。

ありきたりな言葉やけど「失敗は成功の母」とはよく言ったものである。

失敗を恐れず、トライ&エラーを繰り返しながら成長しようと思う9月の終わり。

今日、仕事で大きな失敗をしてへこんでいるそこのフレンドも明日はこそはやってやろうではないか!!

ここで一句出来た。

「失敗も・過ぎてしまえば・いとをかし」
BY銀麻呂

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。