スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頼れる男?

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
広島市の北部に土師ダム(ハジダム)と言うところがある。

春になれば桜が舞い、夏になれば湖畔で涼をとることも出来、秋になれば色鮮やかな紅葉が目を楽しませてくれる人気スポット。

子供向けの遊具もあるので、銀子が小さい頃何度か連れて行った。

ある時、遊びに行ったところ、広場で若者数名がバーベキューの段取りをしていた。

女の人は野菜を切ったり肉の用意をしたり、男は薪を拾い集め、火をおこす役目とみた。

どこでもバーベキューの役割分担ってそんなものと思う。

「肉食いたいな・・・」と横目で見ながら銀子の手をひき、ボートに乗って小一時間遊び、胃袋を満たすために帰路についた。

そこで信じられない光景を目にしたのであった。その光景とは!!?




先ほどのバーベキューコンロに火が着いてなかった。

オレ達が通り過ぎて、既に一時間以上は経過していたが、その間ずっと薪に火を点けていたのか・・@@?

挙句にまだ着かない。

火が着かなければ肉にも玉ねぎにもありつけない。

余りにも気の毒なのでオレが変わりに火を着けてやろうか・・・と思ったが止めた。

そこに居た男連中、女子の前で面目丸潰れで大恥をかいたことであろう。

まっこんな恥はかいた方が身のためになる。

最近はどこでも火を焚くなんて事は出来ないが、大工の小僧時代はドラム缶を半分にし暖をとるためどこでも火を焚いていた。

冬になると下っ端のペーペーは誰よりも現場に早く着き、ドラム缶に火をおこしておかねばならなかった。

先輩や親方が現場に来た時、火が着いてないと怒られるからである。

今のように着火剤というような便利な物はなかったので、新聞と建築材の切れ端を集めて火を着けるのであるが、これが意外と難しい。

下手な付け方をすると新聞だけが燃えてしまい肝心の木材に火が移らないのである。

空気が入るように木を組んで、燃えやすい木を下にして火が着きやすいように工夫する必要がある。

闇雲に木を重ねても火が着かない。件の若者はそんな事も知らずにバーベキューに挑み、大恥をかいたと思う。

そんな事を想い出したのも昨日の新聞で、「頼りになる男」みたいな記事が載っていた。

その記事の中で「何か災害があればサバイバルして家族を助けるような男」が頼れるとあった。


その点、オレなんかどう??

山奥の育ちなので、川の魚を突いてその場で焼いて食べる事位は出来る。

どちらかと言えば「頼れる男」というより「野生児」の方が近いか・・・

児って年でもないけど・・。・
広島ブログ一日一回クリックしてね~☆

コメントの投稿

非公開コメント

No title

銀蔵さん
「土師」ダムと大「恥」をかけましたね。
よく考えないとオチが分からないところはさすが執筆家!

追伸
  決してでぶさんを批判しているわけではありませんので念のため(爆)
 

No title

我が家も、子どもが小さい時には、よく県民の森などでキャンプしたり、近場でデイキャンプしたりしていました。
そこで、同じようなグループを見かけることも時にはありました。マキに、使い捨てライターで直接火をつけようとしているのですね、うまくいくはずありません。向こうも聞いてきませんし、こちらも でしゃばって教えてあげることもしませんでしたが。
肉にありつくまでに、だいぶ時間かかったことでしょうね。

No title

野生児 そんな男子が理想ですね↑
息子もそんな男子に育てたかったけど…どーなんでしょ⁈
いざという時「頼れる男」に女子は惚れます^_^
最近の若い女子からは、肉食男子がなかなか居ない!と良く耳にしますよ。

No title

私の父は家を自分で建てた人ですから
小さな時は男の人はなんでも出来るものだと
思っていました。
ところがところが…です。

銀蔵さんのような頼もしい方は今や貴重。
知識ではなくカラダで覚えたことは
身に付きますね。
生活に直結していたらなおさらです。

ああ…
豊かさで乏しくなった男子力

No title

昔、、、そんなことしてました。
パパは、頼りになる男でした。
また、アウトドア、やってみっか?
土師ダム、ボブスレーありましたよね?
私、あれのヒーロー。
ブレーキかけんもん。
パパ、ずーっとレバー引いたまま。
ゆっくり下られてました、アハハ~

もみじ日記さんへ

実は「土師」と「恥」は偶然でした・・ww

 

緩和ケア医さんへ

そうですか!!!はやり全体的にそういう若者が増えているのでしょうか。。

使い捨てライターで直接ですか・・・来世紀まで肉にありつけない気がしますね。。

薪でそれでしたら炭に火を付けようと思ったら気が遠くなります。

littelemamaさんへ

わぉ~コメントありがとうございます!!広ブロのランキングからお姿が見えなくなったので、どうなされているのかと気になってました。

息子さんは肉食でなくてもお母さんの誕生日にメールをくれるような優しい人なので、それで大丈夫ですよ!!!

もしバーベキューをするときに火お越し役が必要でしたら是非銀蔵にご用命を!!ww

nancyさんへ

そうですそうです!!!最近は何でも便利な道具が出来ているので、若い人が火を起せないのも仕方ない面があると思いますよ~!!

お父さんは自分で家を建てたのですか@@??それは凄い!!
オレなんか人の家ばかりでとうとう自分の家を建てることすら出来ませんでした。。

⑦パパさんへ

ボブスレーありましたありました!!!

銀子があれを大好きで何回の乗らされましたよ!!!

大人が乗っても楽しかったですね~

No title

うちのパパは、まさに、恥をかきたくない人で、
で、できないことは、最初からしない、という(^_^;)
おかげで、うちの子たちは、家でバーベキューをしたことがないです。
何度もお願いしたのですけれどね。
こういうときは、野生児にあこがれます!!

茜紫さんへ

ありゃ・・・そうですか・・・

それは残念ですね!!火を囲んで外で食べると肉の美味しさが倍増するような気がしますよ~

「火起し係」が必要でしたら呼んでくださいね~

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。