スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

固定か変動か??

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
さぁ、たまにはFPらしきことでも書いておかないと、自分が何屋か忘れそうな気がする。

この前から友人の相談にのっていたのが住宅ローンを組む際、固定金利にするか変動金利にするか?で大変悩んでいた。

とにかく大きな金額を借りるので、金利の僅かな差が毎月の返済額に影響を及ぼすので、悩みどころである。

通常、長期固定金利より変動金利の方が低い。


これは貸す側の立場になれば分かる。

長期固定で貸し出せば、将来金利が上がった時でも替える事が出来ないので予め高めの金利設定にしておく。

借りる側としては、毎月の返済額は変動に比べて多めになるが、金利の変動を気にする必要がない利点がある。

一方の変動金利で借りたとすれば、最初の頃は固定タイプより返済額が少なくて済むが、将来金利が上昇した際のリスクを丸被りになる。

さて、「金利」と一口に言っても様々あるが、住宅ローンに影響を与えるのは「長期金利」である。

この「長期金利」の上げ下げは何によって変わるのか?と言えば「長期国債」の価格によって変わる。

債券と金利の関係はシーソーみたいなものと覚えておけば間違いではない。

債券が売られて価格が下がると金利は上がり、反対に債券が買われて値段が上がると、金利は下がる。

一般的に言われているのは、株価が上がれば投資資金が株に向かい、債券の価格は下がり長期金利は上がる。

反対に株式市場が冴えないと機関投資家等の資金が安全資産とされる国債に向かい、長期金利は下がる。


全てがこのように動くわけではないが、「このような傾向がある」とだけでも覚えておきたい。

そして金利の動向を読むのは困難である。

今は低金利の時代であるが、これがいつ上昇に転じるかは誰も分からない。

はずであるが、相談に来た友人が「不動産屋さんは、まだまだ金利は上がりませんよ」と言ったよ。それってほんま?と聞いてきた。

なんてアホな事を言う不動産屋か!!お前は神様か!!

先に「株価が上がれば国債は下がり金利が上がる」と書いたが、去年から続く株高にもかかわらず金利が低いままで落ち着いているのは、日銀の政策による。

とにかく、変動金利住宅ローンで何が一番怖いか・・・と言えば、長期国債が売られて金利が上がること。

世界中の投機家が「日本国債はもうあかんで・・・」と考えて一斉に国債の売りを仕掛けてくればひとたまりもなかろう。

かつてのイングランド銀行やアジア通貨危機のように日本国債が標的なされないとは言い切れない。

そこで、金利上昇をヘッジする方法がないものか・・・と考えてみた・・・が、普通に思いつくのは「債券先物」か「金利先物」を使うか、他にも金利スワップやスワップオプションもあるが、どれもこれも素人が参加して使いこなせる代物ではない。

「住宅ローンの金利上昇を担保する保険」なんて作れば売れるかもよ!!

広島ブログ一日一回ポチッと押してね☆

コメントの投稿

非公開コメント

No title

タイトルを見たときは,昔の為替の話を思い出してしまいました(^_^;)
さすが銀蔵さん。
専門の話もうまいですね。
アベノミクスの効果でどうなるのでしょうか?

No title

もうかなり前から金利というのは低いですね。
下がっているから家は買いだといえるかというと先行き不安ですよね。
銀行の審査が通ったら払える保証をもらったわけではないということ。定年後にどれだけ残っているか、同じように払っていけるかが問題ですね。
内入れなどの対策を先に計画を持ってるのがいいですよね。

もみじ日記さんへ

360円の時代を思い出しますね~
以前読んだ本の中で、「円はどうして360円になったか?」と言うのがありまして、その答えが円は360度だから・・・とあったのを覚えてます。
ほんまですかね??

金星さんへ

そうですね~これから先の金利動向がどうなるのかなんて正確に予測出来ませんので、皆さん悩みどころですよ。

金利が上がっても同じように収入も上がれば問題ないと思いますが、こればかりはどうなるやら・・

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。