スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育てのハードル?

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
先日、フェイスブックで見た投稿内容が面白かったのでこちらで記事にしてみる。

その内容とは「子育てのハードルを下げる。娘を売春婦にさせない・息子をニートにさせない」というもの。

毎日新聞の連載でどなたが書いたのか存じていないが、実に興味深い。

子供が産まれると、親としてついつい過剰な期待をしてしまう事がある。

園児の頃、読み書き計算が早ければ「天才ではないのか・・・」と勘違いしたり、運動が秀でていればそれ用の習い事に通ってみたりする。

「子供は皆天才である」と言う大切な事実を忘れて・・・


水泳なんかは泳ぎをマスターしておけば、命が助かる場面に遭遇しないとも限らないので、習わせておけば良かったと、息継ぎが苦手な父ちゃんは少しだけ後悔している。

まっ、偉い人にならなくても、立派な職業に就かなくても、何某が社会の役に立って人に喜ばれる存在であってくれたら、オレはそれで満足。


しかし、世の中にはハードルを上げて苦しんでいる親子が沢山見受けられる。

オレの知り合いにもニートの多いこと!

パッと思い浮かべるだけで5人は居る。

親と同居して働かず、昼は寝て夜はネットゲームで時間を潰し、2か月に一回は親のキャッシュカードを持ち出して年金を引き出すためにATMに並ぶ独身男が。

その金でタバコと酒を買い、家にこもって酔っ払う。

親が生きている間はそんな事も通用するが、亡くなった時に役所に届けも出さず、年金だけを受け取るようになるとさすがにこれはマズイ。。

どこの親も子供がニートになって誰からも相手にされない人間になることなど望んでいないと思うが、病気で働けない人を除いて、どうしてこんなに増えたのか@@?

とある病気で職に就けない人が言ってたが、「自分が社会で何の役にも立っていない事が苦しい」と。

「たとえアルバイトでも良いから、働いて自分の使うお金を自分の力で稼ぎたい」と。

ニートになって、外の社会を接点が無くなってしまうと、相手してくれる女も居まい。

こうなると、結婚も望めないし、子育ての楽しさや嬉しさを経験することなく人生を終えてしまう・・・のか・・?

もっとも結婚すれば子供が授かるわけでもないが・・・

さて、冒頭の「息子をニートにさせない」であるが、今読んでいた本にヒントが書いてあったような気がした。


「父性の復権」中央公論社刊

色んなデーターを元に戦後失われた「父性」を復活させることが重要!と書いてある。

あくまで「父性」であり父親ではない。

母子家庭の人でも立派に子育てをされている方は沢山いらっしゃるので「父親」ではなく「父性」なのである。

父性の役割として、「子供に社会の秩序やルールを教える」という部分があるらしい。

子供が自転車に乗り始めたら交通ルールや決まり事を教えたりするのが父性の役割とか。

そうすると、子供に社会秩序を教えない、或いは教える事が出来ない父親の増加がニートを生み出したと考えられなくもない。

広島ブログ
親が居なくなっても一人で生きて行くだけの逞しさや強かさを身に着けて欲しいと願う。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

う~ん、いいお話です。
ほんとにまったくニートになんてなってほしくない。
それがどうしたらいいのか、と言われると、
結果がすべてでは、時すでに遅し、ですものね。
それから、私がなんとなく思うのは、
子離れできない母親がぶらさがってると、
ニートができあがるような気もしています。
子育てに必要なのは、父性より母性、
自立に必要なのは、母性より父性。
なんか、ライオンが谷につきおとされる話は、
人間にもあてはまるのかも!?

No title

子育てって深いですね。
手をかけること、つけはなすこと
そのバランスはとても難しいです。
いまだに「これで良かったのか」と
後悔することは多いです。
私もさまざまな本を読んできましたが、
子どもの将来は傾向こそあるものの
誰にも予測できません。

子育てのヒントはヒントであって、
方法ではない…と
最近実感します。

息子が一人前の男になるまでは
心配はつきません。

茜紫さんへ

そうそう!!子育てには「母性」と「父性」が車の両輪のようになって進んで行くものと思われますよ~!!

「父性の復権」ではゴリラの例を出して面白い試みが載ってました。

nancyさんへ

まったくですね~!!
これで良かったって正解は見付けにくいものと思われますが、親子関係を針と糸に喩えた話がありました。

親が針で、子供が糸とすれば、針の通った後しか糸は通らない。

つまり、子供は親の通った後と同じ生き方をする、というものです。

どうしましょ。。。

どうしましょ。。。

に大笑いしてしまいました。

いやいや、親の知らない道もちゃんと歩ける筈だと
私は信じています。

⑦パパさんへ

まさかコメントに突っ込まれるとは・・・@@

そうそう!親の知らない所でも、自分で考えて切り開いて歩いてほしいです!!

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。