スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200万円

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
今日は保険会社の会議であった。

半分は居眠りをしていた・・・と言うのはウソで、ちゃんと有意義な情報を聞き出して来たので、皆さんにもお伝えしておこう!

何と言っても情報提供地域ナンバー1のブログである!

エロスな話しばかりでない所も見せておかなくては。。

今日の話は30代前半の乳がん患者さんの例をとって抗がん剤治療についてのスタディ。

患者さんの乳がんは約2.5センチほどで、受診した病院は
ガン研有明病院で、そちらの医師の説明によると、
「通院治療で術後に抗がん剤治療を施す事になったらしい。

抗がん剤の名前は「ハーセプチン」
これを週に1回打ちながらの治療で約1年通院するとか。

このハーセプチン、分子標的薬と呼ばれて、ガン細胞のみを攻撃する。

従来の抗がん剤は正常な細胞まで攻撃していたのと大きく違う。これだけ聞けば素晴らしいニュースであるが、大変高価なのが難点。

冒頭の30代前半の乳がん患者さんの例をとると、年間で約200万円かかるとか・・・これは高額療養費制度を利用する前の金額なので、実際に200万円もかかるのではないが、制度を利用したとしても1年以上続く治療の出費は痛いところである。

「抗がん剤で年間にひゃく万円・・・@@?」にひゃくまんえんといえばオレの年収に相当するやんか!!@@

それが丸々薬代で消えるのか??

オレは何を食っていけば良いのか@@??水かけご飯しかないか・・・せめてお茶漬けにしてくれ!!

まっ自分は水かけご飯で我慢するとしてヨメと子供に何を食べさせる。。

まさか、平成の時代になって、ご飯に水をかけて食べる事になろうとは・・・

冗談はさておき、ガン治療で先進医療の重粒子線や陽子線治療が数100万オーバーの高額になる事は知っていたが、抗がん剤でここまで治療費が嵩むとなると、おちおちガンに罹ることも出来ない世の中となる。

さて、水かけご飯を食べるくらいならいっその事、治療なんか受けずにガン細胞に身を任せてしまうか・・・
ガンと言っても所詮は自分の中にあった細胞である。


高齢者であればそれも一つの選択肢になると思うが、まだまだ30代でそれは考えられない。


そこでお助けになるのが「ガン保険」

お金の問題を気にすることなく希望する治療を受けたいと思えば、備えておくしかあるまい。

広島ブログ
オレの年収がにひゃくまんえんなのも大問題である!!

今年は日収200万円を目指そう!!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

難しい話をわかりやすくかつ面白く書く。
さすが銀蔵さんはプロですね。

もみじ日記さんへ

過分なお言葉で恐縮です(__)


化学療法と放射線治療

今日は、銀蔵さん。
「さらな日記」管理人です。
既に、ご挨拶済みだとは思いますが・・・。

さて、乳がん患者の私から一言。
乳がんの「ハーセプチン」などの「分子標的薬」は、抗がん剤とは、別物として考えられています。
闘う相手がハッキリしている薬と、取りあえず全身に散らばっているかも知れない相手を倒す薬(=抗がん剤)の違いですね。
これらをまとめて「化学療法」と呼びます。

化学療法で使われる(抗がん剤+分子標的薬)は、ほとんどが新薬である為、開発費等を回収する必要のある製薬会社としては、どうしても高額になってしまうのです。

また、放射線治療の中には様々な方法があり、決して高額な治療ばかりではありません。
むしろ、高額な費用の掛かる放射線治療を受ける必要があるケースは、それなりに進行した状況の患者さん、だとも言えます。

ただ、相対的に日本では「がんと診断された時、それなりに進行した状態だった」と言うケースが多いので、がん治療にはお金が掛かる、と言うお話なんです。
ケーススタディとして取り上げられた30代前半の乳がん患者さんの場合、家族性乳がんの可能性が高く、また、進行が早いタイプであった、と考えられます。

のんちゃんへ

患者さんの経験からのコメントありがとうございます!!

勿論、早期発見早期治療が出来れば高額な費用が必要ない事も存じております。

ガン保険を扱っている手前上・・・

要は検診率が上がれば早期発見に繋がりますが、先進国最低の検診率では中々ね・・・

それと記事は医師法に抵触しないように気を付けておりますので・・・ご理解下さい!!

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。