スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪女?

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
当ブログカテゴリーは12もあってその中には「車」もあるが、ほとんど更新していない。

昨日の日記で、イタリアのポンコツが出てきたが、それに対して異議が出たので思い出したように書いてみる。

免許をとって初めて乗った車は箱型スカイライン、通称箱スカGTXと言う。

オレにとって最初で最後の4ドア。
当然MT。

直列6気筒2000CC、日産の名器・・・もとい名機である。

パワステ、パワーウインドウなんてもちろん付いてないしそんなもの必要ない!

大好きな車であったが、キーが折れてしまったのを機会に買い替えた。

それ以来、国産の可もなく不可もない車に乗ってきたが「何かが違う・・・」との神の声を聞いた。

そんな時に出会ったのがイタリアの名車アバルト131。

左ハンドルのMTでパワーステアリングもパワーウインドウもない。

そんなもの要らないがエアコンだけは要る。

フィアット131をトリノのカルロアバルトがチューンしたマシーンでこの車の特徴はエンジン音。

まるでフェラーリ製V8エンジンを4気筒にしたような音がした。

アクセルペダルに軽く足を載せただけで、一気にレブカウンターが吹け上がる。
その時のエンジン音といったら、まるでリトルフェラーリの如しであった。


良い車であったが、余りにも壊れ過ぎて心が折れて手放した。

次にオレの相棒になったのは、フィアットウーノ。

やはりイタリアのポンコツであるが、ターボ付きのウーノ。リトルダイナマイトであった。

想いっきりアクセルを踏み込むとFFのトルクステアが出て、どこに飛んで行くかわからないジャジャ馬。

日本ではホンダシティターボで絶滅した種の車であった。

こいつがまた故障のデパートかと思うくらい壊れた。

ある年のクリスマスイブ。女の子とデートするために走らせていたところ、信号待ちでいきなりボンネットから蒸気を吹き出した。

窓ガラスが落ちたり、マフラーが落ちたりととんでもない車であったが思い出は尽きない。

次はデトマソミニ。

ダイハツの3気筒をボンネットに収めた日伊の合作であったが、まるでゴーカートを
運転しているような面白さがあった。

イタリア車の例にもれず、タイミングベルトが切れて修理代が17万円もかかった。

次は2代目フィアットウーノターボ

友人が乗っていたのを個人売買で譲り受けた。

こいつも面白い車であったが、ラジエターに大きな穴が開いて、部品がないのでワンオフで作ってもらい8万円も修理代がかかった。

もうイタリアの車なんて乗るもんか!!

そう決心して相棒に決めたのはシトロエン。

イタリアだろうとフランスだろうとラテン民族の作る車はろくでもない。

フィアットに比べると壊れなかった方と思うが、最後はハッチバックの窓ガラスが粉々に砕け落ちて、分かれる決意を表明した。

ヨーロッパに自動車メーカーがある国はイギリス・ドイツ・スエーデン・イタリア・フランスとあるが、其々の生産国の国民性が出る。

その国民性を女性に喩えた例がある。

ドイツの車は「良妻賢母」なんとなくそんなイメージがある。

イギリスの車は「妹」やったかな・・・小さい車が多くブリティッシュグリーンが似合う感じ。

フランスは「彼女」でイタリアの車は「悪女」やら「娼婦」やら、イメージが悪い。

しかし、一旦その魅力に取りつかれると逃れなくなるのは言い得て妙である。

乗り心地や内装のクオリティなんぞどうでも良くなる。そんな事は大きな問題ではない!!

いかにスタイルが抜群で、官能的か。それだけが基準になる。

輸入車を知らない人が「車の内装」云々と言うが、マセラティのシートに座ったら呆気にとられる。

イタリア車に惚れて乗ったのは良いが余りの悪女っぷりに嫌気がさす。

それでも次に乗りたいと思うのはイタリアの車である。

まさしく「悪女」と呼ぶにふさわしいではないか!

しかし、オシャレな感覚でイタリア車に乗ると痛い目に遭う。

イタリア車に乗ってオシャレなイタリアンリストランテ・・・なんて憧れるが現実的ではない。

さぁ、次はどんな車に乗りたいかな・・・

ロメオのGTAが希望であるが、こいつも特上の悪女に違いあるまい。

当然MT。

吾輩の辞書にATはない。

銀子に獲らせる免許もMT以外にない。
広島ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

イタリア車は、うわさ通りよく壊れてたんですね~
 今のフェラーリF1は信頼性高いですが、20年前位はよく壊れてましたもんねw
 国民性が出るか~・・・おっしゃる通りだと思います。銀蔵さんの車歴と買い替えた時の理由が面白かったっす(笑  鍵が折れるとは(笑

テツヤ丸さんへ

そうですね~
F1チームなんて96年(でしたかね?)にミハエルが来るまで、まともにチェッカーを受けることができないレースばかりでしたよ。。

最近のイタ車は壊れないと聞きますが、テツヤ丸さん、お一ついかがですか??

鍵ですが、箱スカ乗りに聴いたところ、結構折れてたみたいです。

他の人も同じ経験をしたと言ってましたが・・・それは日産のせいではなく鍵屋のせいかも!!

No title

こんばんは、

銀蔵さんイタリア車ばかりなんて男前ですね!
イタリア車は悪女ですか・・悪女に出会う機会がなかなかありませんが
ロメオのGTAはいつか私も乗ってみたいです!!

ほぼ週刊エロス新聞は仕事の合間の休憩時に見ていましたが
思わず笑いそうになって何とかこらえられました。
笑いたいけど笑えない・・画面上に表示されている題名がほぼ週刊エロス新聞なので(笑)

No title

まいど!銀造さんも日産の名器、もとい名機を経験していたとは初耳だったかも。私はその名機にどっぷりハマってしまいました。もちろんあのレディです。でもスタンスは少し愛して、長〜く愛して、by大原麗子・・・ふるっ。まあ悪女を可愛いと思ってしまうのが男の愚かさかもしれませんね。では。

かわのえさんへ

コメ返が遅くなりました(__)

ロメオのGTAをご存じとは心強いですね~!!

エロス新聞をお読みになって笑いそうですか・・・
それを聞いて安心しました!

もともとエロス新聞は読み手がクスッと笑うのを目的としておりますので、正統派エロスですね!!

しかし、人に覗かれたらバツが悪いタイトルに違いありません!!

inoueさんへ

ありゃ!inoueさんとのお付き合いも相当長いですが初耳でしたか!!

L20型6気筒エンジンの感触は特別ですね~!!乗っていた期間は短かったのですが、今でも乗りたい車の一つです!!
いつまでもレディーをお大事になさってください!!

検索フォーム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。