スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ交通事故講座「後遺障害編」

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
エロス語を期待して来てくれた一部のマニアックな読者さん。

ゴメン。

わけあって今日も交通事故講座にした。

ミニミニ講座は以前から書いていたのだが、最近何故か反響がある。

反響があると、書く気力もMax!

やはりコメントやいいね!を貰えるのは嬉しいものである。

さて、交通事故講座。事故に遭って最大の山場は「後遺症認定」といえる。

自賠責の後遺症も1~14級まであるが、1級違うだけでも賠償金に大変な差が出る。

もっとも、被害者で賠償金を沢山もらう人が増えれば、それだけ自賠責保険料も値上がりするので痛し痒しの面は否定出来ないが・・・

さて、事故で受傷後、180日経てば症状固定の診断を受けることになる。

勿論180日過ぎて治療する事も可能であるが、自分の意志で症状固定を選ぶことも出来る。

症状固定の診断と共に後遺障害診断書も書いてもらうようにする。

この診断書は病院備え付けの診断書ではなく、専用の診断書なので間違えないように!

書いてもらうのは受傷直後から診察してもらった主治医の先生。

因みに後遺障害で一番多い等級が12級の13と14級の9で12級の場合「局部に頑固な神経症状を残すもの」とあり14級では局部に神経症状を残すもの」とある。

自賠責の限度額では12級が224万円。

14級で75万円。

同じ神経症状でもこんなに金額が違う。

その差はどこから来るのか・・・色々とあるが、後遺障害診断書が決め手になる。

自覚症状を裏付ける他覚所見の検査がしっかりしてあるか・・・が問題となる。

ややっこしいね。

頭が痛い、背中が痛い、指先が痺れる・・・等の自覚症状があれば、レントゲンMRI、CT等の機械で誰が見ても分かる所見(他覚所見)が必要不可欠と言えるが、頸椎の神経根まで映し出そうとしても中々映らない。

そこで電気を使った検査などもするが、それらの必要な検査がされている事が大切になる。

これによって出て来る差が224万円と75万円に跳ね返る。

さて、検査が済んで後遺障害診断書を書いてもらったら、提出しなければいけないが、任意保険会社に出してはいけない。

「診断書」→「任意保険会社」→「自賠責」と書類が行くのを「事前認定」と言う。

「診断書」→「自賠責」と任意保険会社を抜くのが「被害者請求」と呼ぶ。

診断書を取り付けたら自賠責への加害者請求をえらばなければいけない。


保険会社の担当者は素知らぬ顔をして「診断書が出来たらお届け下さい、後の書類はこちらで用意します」と言うが「ハイハイ分かりました」と答えてこちらも素知らぬ顔で被害者請求をするのである。

何故か?

自賠責への被害者請求をして後遺障害が認定されれば約40日後には該当するお金が振り込まれる。

しかし事前認定で診断書を出せば、認定されたとしても自賠から任意会社にお金が渡り被害者はすぐに貰えない。

そしてとんでもなくディスカウントされた金額を提示して「賠償金はこれだけです。示談すればすぐにお支払します」と言ってくる。

「事前認定」「被害者請求」どちらが被害者にとって利益になるか。

被害者請求をするのはそれほど難しい事ではないが、レントゲン写真を取り付けたり書類を作成したりと手間がかかる。

しかし、その後の事を考えると、手間暇を惜しんではいけない!!
広島ブログ
いいね!と思えたらこちらもヨロシクね☆

コメントの投稿

非公開コメント

No title

手間暇をかけたくない方は弁護士に依頼することをお勧めします(笑)
そのためにも弁護士特約には加入しておくべきですね。

No title

12級はいくら、14級はいくらと額が決まっているのにディスカウントされたというのはどういうことなのでしょうか。被害者が自分はいくらで認定されたか自賠責に確認とって解決できないものなのですかね。

もみじ日記さんへ

まったくその通りですね~!!
オレの時は被害者請求も自分でやりましたが、出来ることなら専門家にお任せしたいところでした!!

金星さんへ

え~っと・・話が長くなるので書いていませんが、賠償金に3つの基準がありまして、自賠責基準・任意保険基準・裁判所基準とあり、一番安いのが自賠責基準となります。

コメント欄で書くと長くなってしまいますので、また改めて記事にします。

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。