スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年最後の更新は名作劇場を考えるの巻

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
皆さん、2012年の暮、如何お過ごしあるか?

テレビ番組見て笑ってる場合ちゃうで~!!

今から近所のお地蔵様の頭に傘を被せに歩かないと!!!

時間的にもう手遅れかな??

さて、日本の大晦日と言えば「一杯のかけそば」の話しを抜きにしては語れまい。

北海道を舞台にした物語で、大晦日の夜、母一人と2人の子供がかけそば一杯を注文して3人で分けて食べる貧乏クサイ物語。

3人で一杯のそばを注文する母娘を不審に思った店主は機転を効かせて、同じ値段で大盛りのソバを茹でて差し出す。

大晦日に訪れる3人の席は予約席となり、後年、成長した子供がお母さんを連れて来て3人分のソバを注文したという、涙なくしては読まれない物語。

この話し、10数年前流行った話しなのでウチの子供世代は知らない。

今日の昼ごはん時にどん兵衛を食べながら、毎日美味しくご飯を頂ける事に感謝しようと話し合ったのであった。

しかし、冷静に考えてみると分かるが、この物語の主人公は母親と2人の子供のようであるが、それは違うと思う。

3人で一杯のソバを注文したお客さんの懐事情を察して、かけの値段で大盛りソバを出したソバ屋の店主が主役ではないのか?

多くのビジネスマンや経営者が喜んで拝みそうな話が「一杯のかけそば」と言えよう。

先日フェイスブックで話題になったのはディズニーランドの出来事。

ある一組の若い夫婦がランド内のレストランでお子様ランチを注文したそうな。

しかし、ディズニーの決まりでは、お子様ランチは9歳までと決まっているらしい。

おまけに子供の姿が見えない若い夫婦がお子様ランチを注文するのもおかしな話。
そこでスタッフが聞いてみたところ、夫婦には一歳になるはずだった子供が居たが、一歳の誕生日を迎えることなくこの世を去った。

生前「元気になったら誕生日にディズニーランドに行ってお子様ランチを食べようね」と約束していたと言う。

残念な事に誕生日を迎える事は出来なかったが、夫婦は約束通りディズニーランドのレストランでお子様ランチを注文した。
ところがお子様ランチは9歳までと決まりがあった。

そこで注文を受けたスタッフが気を効かせて、子供用の椅子とテーブルをセットし、「ディズニーランドからの誕生日プレゼントです」と言ってお子様ランチを持ってきた。

夫婦は大変感動し、後日手紙を出したらしい。

感動巨編ではないか!!


もう一つ、これも有名な逸話を紹介しよう。

アメリカのとある国内線の機内での事。

黒人女性と席が隣り合わせになった白人の中年女が突然ヒステリックに叫びだしたそうな。

「黒人の隣になんか座れないわよ!!」「席を移動させて頂戴!!「ふぁーすとクラスに替えてちょうだい!」と。

周りの客はハラハラしながら成行きを見守っていたが、客室乗務員の人が来てこう言ったそうな。

「お客様、大変不愉快な思いをさせて申し訳ございません」「ファーストクラスの席をご用意いたしましたのでそちらにご案内致します」と黒人女性に向かってそう言った。

機内からは拍手喝采称賛の嵐。乗務員さんの機転が効いた対応で周りの人と黒人女性は幸せな気持ちになれたが、その後の白人女性はどうしたのであろうか?

おそらくは、周囲の白い視線に耐えながらの空の旅になったことであろう。

この話は2つの示唆を含んでいるように思える。

一つは客室乗務員さんの顧客目線の機転が効いた対応ぶり。

世のサービス業の人が目指す姿がそこにある。

もう一つ。
自分勝手な我がままな権利の主張ばかり言ってると次第に誰も相手にしてくれなくなる。

つまり「人を思いやろう」と言うことに違いない。

さぁ、テレビのお笑い番組を見ながらグダグダと2時間もかけて更新した今年最後の日記は中身の薄っぺらい内容となってしまった。
それも今年の自分を象徴するような締めくくりと言えるか。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご謙遜ご謙遜。
今年の最後を飾るにふさわしい秀作ですよ。
私も「一杯のかけそば」は店主こそ主人公だと思っていました。
私と銀蔵さんにはどこか考え方の共通点があり,それだけに私は自然と銀蔵さんを応援したいという気になってしまうようです。
また,今年は銀蔵さんのお蔭で多くの友人と知り合うことができました。
本当にありがとうございました。
銀蔵さんにはぜひ短編文学賞を取っていただきたいですが,賞の有無によって私の銀蔵文学に対する思いは変わらないですし,きっと多くの銀蔵ファンはそうだと思います。
ですから,そういう意味では気楽に頑張って下さい。
来年が更に素晴らしい年になることをお祈りしています。
追伸
  先ほどまで来年公開予定記事の下書きを書いていました。
 私も「ドアを開けろ」に一歩でも近づけるように頑張ります。

No title

3つめの話は全然知らなくて、思わず拍手しましたよ! なるほどねえ。
機転もサービスも、商売も、なんでしょうね、人をまず大事にするところから、始まるのでしょうね。
考えさせられます。

年のまさに終わるころ、こちらとはお近づきになれて、とっても楽しい思いをさせていただきました。
ほんとうにありがとうございました。
ご家族のみなさま、銀蔵さん、どうぞよいお年をお迎えくださいね!

もみじ日記さんへ

おお~もみじ日記さんも、ソバやの主人が主役と思ってましたか!!

視点が同じで光栄ですよ!!

こちらこそ、もみじ日記さんとは思いで深い一年になりましたね。

お陰様で充実した一年になりました!!

来年は広ブロランキングでもドアを開けろを追い抜いて下さい!!期待しております!!

茜紫さんへ

そうでしたか!3つ目の話しを知らなかったとは!ちょうどいいタイミングで読んで頂いて良かったですよ!!

今年ある人に教えてもらった事なのですが「商売とは笑売」と同じことみたいです。

こちらこそ、知り合って短いですが、楽しい交流が出来て嬉しいですよ!!1

そういえばそちらでもノロが猛流行りみたいですね~!
どうぞお気をつけて!!良いお年をお迎えください!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメント主さんへ

おお~おめでとうございます~
わざわざご丁寧にご連絡を頂いて感謝ですよ!!

心機一転、新しい出発ですね!!

今後とも変わらぬお付き合いをヨロシクお願いします(__)

銀蔵さん

┏━━━━━━━━★┃
銀ちゃ~ん
」(。。)L ・・・・明けましておめでとうございます

最後の逸話 感動・感激!!
年始に いい話を聞かせていただいたゎ
Thanks(v^-^v)♪
授賞式 楽しみに待ってるゎよ~~
今年もヨロシク(*・∀・)从お願いします♪
       ┃★━━━━━━━━┛

コマちゃ~んへ☆

どうもいつもありがとうございます^

新年から感動してもらえて良かった良かった!!

今年もどうぞヨロシクね~

授賞式は5月なので予定開けといてね!!

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。