スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年の野望と最後の一行

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆

「同じお題で記事を投稿しよう」シリーズ

第3回目は上杉薬局さんの提案で「2013年の野望」


希望でも欲望でもない、野望というところが面白い。


さてさて、野望とは何か・・・を調べてみたところ、「身の程を知らない大それた野心」とある。


ショッカーと手を組んで世界制覇を企むのは野望と言って差し支えあるまい。


衆人監視のブログで、荒唐無稽な野望をアップするのもどうかと思うし、かといって手が届きそうな範囲では野望と呼ばず希望になってしまいそうな気がする。


こうなれば、手が届きそうで届かない。


出来そうで出来ない。

困難を伴うが不可能ではない。そんな野望を書き出してみたい。



野望ミッション・その1

「ベストセラーを書く」
ベストセラーとは、10万部売れた作品を指すが、10万部なんて最近は聞いたこともない。


読書不況などと言われている現在では、1万部売れたら恩の字。


3万部なんてホクホクと言われている時代であるが、やはり紙を一枚一枚めくりながら書かれている文字に目を通すのは楽しい。


そんな時代にあってこそ、ベストセラーを目指すのは野望と言って差し支えあるまい。


実は、数名の方が、いつもオレを人に紹介してくれる時に「将来のベストセラー作家ですよ」と言って下さる。


恐れ多いご紹介であるが、そう言われると嬉しいし、何度も言われると出来そうな気がしてくるから不思議なものである。

身の程を知らない野心であれば、オレにとっての野望はベストセラーを書くことであろう。


今、書きかけの原稿は、ブログ仲間を生徒に見立てた授業形式で進めている。


これを読んでいるあなたの名前が出てるかもね!


野望ミッション・その2

「中国短編文学賞で大賞を狙う」

過去2度応募して、2回ともボツだったので、悔しいから3度目の正直に挑戦!



野望ミッション・その3

「NTT西日本コミ大賞」で大賞を狙う。

過去、この大賞で入選を果たしたが、あまり嬉しくもなかった。


狙うのは大賞!!



野望ミッション・その4

「童話大賞」で大賞を狙う!

こちらも去年は自信満々で応募したが、見事に落選。


諦めてたまるか!


さて、ここ最近「最後の一行」を随分と意識するようになった。


どういう風に上手くまとめるか・・・ではなく、どうやって最後の一行を書かないようにするか。


あるブログ記事を読んでいて痛感したのがそれであった。


最後に余計な一文を入れたばかりに、文章全体が台無しになる例を目にした。


そういえば、失楽園という作品は日経の連載小説であった。

毎日毎日を楽しみにしていたが、クライマックスではイライラしたりハラハラし通し。


結局、最後は「えっ??こんな終わり方するの・・・??」と思ったが、今になって考えると、それは老練な作家の掌で踊らされていた事が分かる。

読み手側の感情を引きずり込んで、情景を浮かばせては読み手に考えてもらうような文章を書ければ野望が現実化するかもね。


広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
いいね!もヨロシクね”☆”

コメントの投稿

非公開コメント

身の程を知らない大それた野心・・・・・・
んじゃオイラのは間違ってないねwww

Dr.でぶさんへ

でぶさんの投稿は「身の程を知った」上での野望なので、もっと大きい野望を抱いてください!!

あっ!無理言ってすいませんね~

上杉さんも喜ぶかも!!

楽しみにしています

野望を聞かせていただき、ありがとうございます。
いつもいつも銀蔵さんのノンフィクション?小説、楽しみに読ませてもらっています。
絶対絶対、大賞取れますよ~
すごいものを書いて欲しい!とも思いますが、ちょこちょこと短いものを書いてブログにたくさん載せて読ませて欲しい!
という気持ちも実はあったりして。

その野望があった

そっか、「もう野望は無い」みたいなのwp書いてしまったけど
それがあったわ。私も童話大将狙います!

No title

銀蔵さんも野望の定義を書いておられるのを拝見し,それが基本なのか私が銀蔵さんの影響を受けているのか分かりませんか,とにかく銀蔵師匠と同じことを書けたことをうれしく思います。
「野望」がたくさんあってうらやましい限りです。
それに引き換え私の「野望」がいかに小さいことか(>_<)
ところで,最後の一文についてですが,将棋の羽生善治三冠が著書の中で,微妙な局面では,自分から好手を指すことよりも,可もなく不可もない手を指して相手に手を渡すのが最良の策と書かれています。
執筆にも将棋にも通ずる心得のようですね。

上杉薬局さんへ

そうそう!ノンフィクションなんですよ~☆

しかし、楽しみに読んでくれる人が居て嬉しいことですよ!!

こうやってコメントももらえるし、ありがたいですね~

長編の構想もあるのですが、ショートなのが得意ですのでどうなりますことやら・・。・

⑦パパさんへ

いやいや!!

パパさんはぜひ、女優さんとお付き合いする野望を実現させてください!!

もみじ日記さんへ

師匠なんて、恐れ多いですよ(・・

こちらこそ、分からない時は定義に遡れ・・・が参考になりました!

将棋でそんな作戦があるとは知りませんでした!!

さすが名人の言葉は重みがありますね~

良い事を教えて頂きました!!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメント主さんへ

こちらこそ、無理言ってすいません(__)

では、もう一つ帽子もお願いします!!

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。