スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀蔵ラブロマンス劇場・続編

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
男が女を好きになるきっけか?


そんな事、考えたこともない。


地球上に男と女が誕生した瞬間からそうではないか?


ごくまれにもっともらしい理由を付けたがる人も居るが、多くは「仕草が好き」「声が好き」「フィーリングが合う」等がきっかけではないかな。


自分が好意を持つと、空気感染するかのように相手にも伝わり、恋愛へと発展していく。


相手の事を想うと、空腹感も忘れ眠るのも惜しくなり、星空を見上げては涙し、ハンバーグに語りかける日々が続く。


至近距離に居るだけで、心臓のリズムはベートーベンからハードロックに変わる。


同じ空気を吸っていると思うだけで、喉の奥がキュッと鳴る。


人間が生きていく間、どれだけの恋をするのであろうか?


幼い頃の初恋に始まり、思春期を経て大人の恋をする。


そのどれもが大切な恋で、次があるなどとは考えない。


まさしく「病」と呼ぶに相応しいのが恋といえよう。




彼女のどこに惚れてしまったのかさえ、今となっては覚えていない。


記憶に残っているのは、笑った時にクスッと肩をすぼめるクセだけ。


もしかすると、そのクセが好きになっていたのかも知れない。



冷たいノブを回してドアを開け、オレを見た彼女はいつものように肩をすぼめて、クスッと笑った。

広島ブログ

いいね!も押してね~☆”

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前編の次は後編と勝手に思い込んでいました。
見事にやられました^^。
明日も楽しみです。

No title

すごいなあ!!!!!
脱帽。
この発想力!!!
こういう遊び心と、機転と、人を楽しませたいっていう気持ち!!
尊敬しちゃいます。
私も見習わなければ!!!!

な~んだ

濡れ場は無いんじゃ

もみじ日記さんへ

書き始めた時は2話で完結させる予定でしたが、急遽変更作戦しました。

さて、どんな結末になることやら・・

茜柴さんへ

んまぁ~!!
茜柴さんにそう言われると恐縮ですよ!!

遊び心を見抜くとはさすがですね。

スクリーンの向こう側で楽しんでくれる人が居ると思えば創作のしがいがありますよね~

いつか茜柴さんの作品も読ませてくださいね!!

⑦パパさんへ

さぁ~次はパパさんの番ですよ!!

思う存分、妄想の世界を膨らませて書いてくださいね!

検索フォーム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。