スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鼻呼吸のススメ

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
ブログかフェイスブックか忘れたが、以前「最近の若者に口を開けた人が目立つ」といった内容の投稿をしたことがあった。


皆さんの周辺に居るかどうか知らないが、口を開けたまま携帯を見ている若者をよく見かける。

これは何を意味するのか考えた事があったが、オレの脳みそでは判断が付かないのでさっさと止めた。

そんな数日前の事。

FBの友達である歯科医の先生が、非常に興味深い投稿をされていた。


昔ブログを書かれていた歯科医さんで安佐南区にあるこはだ歯科医院の副院長さんがその人。



この先生が投稿した記事は、何気ないものであったが、そちらのコメント欄に非常に興味深い事が書かれてあった。


特に、乳幼児をお持ちの親御さんには読んでおいてもらいたい内容である。


こんな記事を少数の人しか見ないコメント欄に埋もらせておくのは勿体ない。


そこで、投稿主であるこはだ先生の許可を得た上で、ブログ上でも公開することにした。


以下、ちょっと長いがぜひとも目を通しておいてもらいたい。


「おしゃぶりの効用」

以前、私の症例報告を読んだという、あるIgA腎症専門の内科医が仙台から問い合わせてきました。「日本人と

フランス人だけにこの病気が極端に多いけれども、何か理由がありますか」というのです。

日本人が世界でいちばん患者が多く、フランスが二番めだということです。それを聞いて、私はすぐに気づきま
した。
これは赤ちゃんの育て方の間違いがもとなのです。日本とフランスは、子供のおしゃぶりを早い時期に取り上げてしまいます。これが原因なのです。


 おしゃぶりをドイツやアメリカのように四、五歳まで使うと鼻呼吸が習得されます。
しかし、日本の育児の現場では、一歳で取りあげるという指導を行っています。すると、鼻呼吸が習得されず、口呼吸の子供が育ちます。
その子たちに口呼吸が原因となっておこる色々な免疫病が蔓延するのです。おしゃぶりは一歳で取りあげなければいけないという考えは、現代日本の乳児教育の迷信としかいいようがないのですが、これが日本の育児関係者に浸透しきっています。


 この迷信はアメリカの六十年前の迷信です。
このころのアメリカでは、おしゃぶりを一歳をすぎても使っているとしゃべれなくなるとか甘えの象徴とかいわれ、専門家はいろんな理由をつけておしゃぶりは一歳で取りあげることをアメリカの一般家庭に浸透させました。

ところが、五十六年前にドイツである研究が行われました。敗戦後のドイツの子供はどうもおかしい、という指摘がなされたためです。
戦後ドイツの子供たちは、戦前生まれの子供たちに比べ、歯並びがたいへん悪い子や猫背の子が増えたのです。

ちょうど今日の日本の若者たちもそれとそっくりの状況を呈しているのですが、顔の骨格が変形し、出っ歯や猫背と横まがり(脊柱側彎)の子が増えたのです。

これはおかしい、とミュンヘン大学で研究が行われました。そして、その背景におしゃぶりと口呼吸の問題がある、という結論がでました。彼らが当時行った研究によれば、世界中の文化を比較してみると、比較的素朴な文化、たとえばアフリカの原住民の文化では、四、五歳まで子供を母乳だけで育てていました。これが、鼻呼吸を徹底させる環境をつくっていました。

しかし、文明国では、四、五歳まで母乳を与えるわけにはいきません。母親に四年も五年も授乳させるのは西洋の社会事情では無理だからです。しかし、研究者たちは、乳房の代替物として形と働きのよいおしゃぶりを開発し、これを四、五歳まで使わせれば、長期間にわたって授乳する場合と同じように、子供に鼻呼吸をしっかり定着させることができることに気づきました。


そして、この研究が公になると、戦勝国のアメリカはその研究結果をまるごと受け入れました。
ここがアメリカのえらいところです。

州政府でおしゃぶりを支給して、三~五歳まで使わせる政策を実施すると、子供たちはみごとに鼻呼吸を習得し、顎も兜のようにしっかりと形成され、背骨も首筋もすっきり伸びるという観察結果がでました。

西原克成『究極の免疫力』講談社インターナショナル2004年」


以上、赤字部分はこはだ先生からの転載である。


口呼吸の弊害は多くの人が知るところであるし、鼻呼吸が良いのは分かっているが、どうして口呼吸の人が目につくのか・・・

それは赤ちゃんが使うおしゃぶりにあるとの事。

口呼吸の人が増えた(?)原因がこれだけではないと思うが、なるほどなるほど!!と頷くばかりである。


確かに、赤ちゃんのおしゃぶりは早目にとった方が良いと聞いたことがあったが、一つの都市伝説と言えるのではないか。

これを読んで銀子の事を思い出してみたが、今一つ記憶がはっきりしていない。


もし、今後赤ちゃんが生まれるような事があれば、気のすむまでおしゃぶりを与えてあげようと思うのである。

広島ブログ

いいね!もヨロシクね☆”




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは(´・∀・`)

銀蔵さん、こんばんは(´∀`*)ノシ

そうなんですか~~、
うちの子はおしゃぶりを嫌がってしなかったので、
無理やりさせなかったのを後悔ですね。・゚・(ノД`)・゚・。
そして、やっぱり歯並びが悪く口をポカンと空けているので、
歯医者さんで矯正中です…。
(口をポカンは、注意をして閉じるようにさせてますが…)

将来、孫が生まれる時は、気を付けたいと思いますヘ(゚∀゚ヘ)アヒャ

No title

うちの子は、おしゃぶりはおろか
哺乳瓶さえいやがったので、
ずっと母乳で育てました。

おしゃぶりをずっとしたために、
前歯が、おしゃぶりの形に変形して、
すきすきになったっていう写真を見たので、
早く止めさせたほうがいいのかと思っていました。

現代病

現代病である、アトピー・花粉症なども実は口呼吸が原因であるとも言われています。
大人になってからでも遅くはないので、おしゃぶりをつけて鼻呼吸の訓練をしてもいいらしいです。
また、口が開かないように貼っておくテープもあるのですよね。
おしゃぶりを長くつけていたら、そんなこともいらないのですね。
銀子ちゃんの妹?弟?にぜひ、おしゃぶりつけてあげてくださいねw

鍵コメント主さんへ

いえいえ!
分からない事ばかり蔓延してますので、また色々と教えてくださいね~

ひよっこさんへ

こんばんは~
コメントありがとうございます!

ウチもね、歯並びが良い方ではないんですよ(。。

これははっきり親からの遺伝といえますが(・・

口呼吸になってしまうと、今からの季節はインフルが怖いので気を付けたいところですよね!

ぜひお嬢ちゃんを鼻呼吸に導いてあげてくださいね~☆

ナンヨウハギさんへ

素人の想像ですが、色んな要素があるように思えますよ~

ウチはご飯の時にしっかり噛むようにしつこく言ってたので、アゴが発達してますが親の遺伝で歯並びはヨロシクないのですよ・・

しかしまぁ、日本・ドイツ・フランス・アメリカの統計は大いに参考になるでしょうね~

上杉薬局さんへ

そうそう!この記事を書きながら、以前上杉さんが書いていた鼻呼吸の話しを思い出してましたよ!!

こはだ先生の話によれば、どれが正解なのかは学会でも半々に意見が分かれるみたいですが、こと口呼吸と鼻呼吸の問題になれば、反対意見はほぼないそうです。

アトピーや花粉症の原因とは知りませんでした!!

銀子の兄弟は期待出来そうにありませんので、孫が出来たらそうしましょうか~☆

No title

毎度のことながら銀蔵さんの情報収集力には敬意を表します。
参考になるお話ありがとうございました。

もみじ日記さんへ

んまぁ~
過分なお言葉に恐縮ですよ!!

もみじ日記さんもお孫さんが出来たら是非とも口呼吸でww

銀蔵さま

そうそう!ka・renも口呼吸は止めましょう!
って、何度か記事でご紹介しました。

口呼吸って、よくないんですよね。
でも、口呼吸の人が年々増えているって
TVでもやっていましたよぉ。

ka・renさんへ

うんうん!
ka.renさんとこでも読んだ記憶がありますよ~

今からの季節は口が渇いていたらインフルの餌食になるかも!!

口呼吸の人が増えているのは気のせいではなかったんですね~

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。