スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ「個人年金講座」

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆

さぁ「個人年金」のお勉強の時間です。

個人年金とはなんぞや??から説明すると、民間生命保険会社が出している商品のこと。

個人年金は大きく3つのタイプに分けられる。

「終身年金」「確定年金」「変額年金」

終身年金は公的年金に一番近い。

確定年金は、5年とか10年とか期限を決めておいて、決められた金額を貰うタイプ。

変額年金とは読んで字の如く、貰える額が運用成績によって変わる。どちらかといえば、保険というより投資商品と考えた方がヨロシイ。

この3つの内、オレが扱っているのは確定年金だけなので、それを元に話しを進めよう。

年金の考え方には2通りある。

「保険料建て」「保険金建て」なにがどう違うのか?

保険料建てとは、月々幾ら払えば将来受け取る年金総額は幾らになる・・・という考え方と、もう一つの保険金建ては、将来の年金月額はこれだけ貰いたいので、今からの保険料はこれだけ必要・・・というタイプ。

どちらを選ぶかは年齢や加入している公的年金も考慮して考えよう。

さて、どちらのタイプでもまたまた2つに分けられる。

「5年確定」と「10年確定」

60歳~公的年金が満額支給される5年間だけの繋ぎと考えるもよし。

5年では少ないから65歳~10年欲しい・・・と考えるもよし。

何年払って、何歳から貰いたい・・・というのはある程度自由に決められる。

但し、税金面では5年より10年確定の方が有利になるので、お客さんに勧めるのは10年にしている。

個人年金保険料控除は10年確定年金しか対象にならない。


他にも注意点があるので以下に並べておく。

○ 受取人の名義が契約者か配偶者のどちらかであること。


○ 受取人と被保険者が同じであること。


○保険料を払い込む期間は10年以上あること。


○受け取る年金の種類が確定年金・有期年金の場合は、年金開始日における被保険者の年齢が60歳以上で、年金受取期間が10年以上であること。


また、加入した時期によっても若干の違いがあるので覚えておきたい部分である。


控除額が所得税と住民税で幾らになるのかは、日を改めて説明することにしようと思う。


何故か?

これ以上長くなったら読むの嫌でしょ??

広島ブログ
いいね!と思えたらこちらもヨロシク☆

コメントの投稿

非公開コメント

No title

珍しくまじめな話オンリーでしたね(笑)

もみじ日記さんへ

いつもありがとうございます!

実は面白い話しが浮かびませんでした(-.-)zzZ

No title

ちょうど、年金に入ろうと思っているのでタイムリーな記事です。

そろそろ老後を考える年ですので・・・

安くかけて、いっぱいもらえる方法を
期待しています。

ナンヨウハギさんへ

おやまぁ~そうでしたか!

また続きを書きますので読んでくださいね~

安くかけていっぱいもらえる方法ですか??

他ならぬナンヨウハギさんですから、こっそり教えますよ~ww

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。