スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ミニミニ差額ベッド」講座

広島ブログ今日もポチッと応援ヨロシク☆
皆さんも「差額ベッド」という言葉を聞いたことがあるかな?

メッチャ簡単にいうと、病院に入院する際、大部屋であれば必要ない費用であるが、希望して個室などの特別室に入院した場合は一日あたり幾らかのお金がかかる制度。

「希望」の部分が赤字なのは、自ら希望せず病院の都合で特別室に入れられた場合は差額ベッド代は発生しない。

原爆手帳の交付を受けているAさんが入院した。

基本的に治療費はかからないので、入院時に費用が発生するとは思ってなかった。

入院時に親族の方が、差し出された同意書にサインしたが、それが何を意味するものか理解出来てなかった。

さて、入院から数10日経って請求書が来て驚いた。

差額ベッド代金がそのまま請求されてきたのであった。

まさかそんな高額な請求が来るとは思ってもなかったAさんの家族は憤慨する。

差額ベッドについての説明が一切なく、自ら希望したわけでもなく、病院の指示に従って部屋に入っただけ。

もちろん、差額ベッド代は高額療養費の対象外ということも知らなかった。

Aさんをお見舞いした時、特別室に入っていたので病院の指示で入っているものと思い込んでいたオレはしくじった。

ケチなAさんが自ら特別室を希望するとは思ってもみなかったので、それに対するアドバイスをしなかった事が悔やまれる。


経済的に余裕があり、尚且つ十分な医療保険にでも加入していれば、差額ベッド代も大きな負担になることもないと思うが、どうか皆さんも頭の片隅に入れておいて頂きたい。

ポイントは2点。

◎自らが希望せず、病院の都合で特別室に入れられた場合は差額ベッド代は発生しない。

◎月々の支払上限額が決まっている「高額療養費」制度も差額ベッド代は対象外。

トラブルになる前に覚えておいてね!

分からない場合は、入院時にきちんとわかるように説明してもらうようにしよう!!
広島ブログ

「いいね!」と思ったらこちらもヨロシク☆

コメントの投稿

非公開コメント

入院なんてめってにしないし、
わからないことだらけですね。

先日息子が高熱で入院しました。
大部屋が空いていないということで、4人部屋に入ったけど、
4人部屋も特別室なんですよね。知らなかった・・・
大部屋が空いたら変えてくれるように頼んだら、
大部屋は認知症の人が入っていて、
うるさいけどいいですか?と言われました。

息子は3日で退院したので、部屋を変わることもなく、
快適な(たぶん)特別室にずっといました。
1日2000円だったから、まだよかったけど・・・

ちなみに、3日じゃ保険が出ない!!

何となくは知っていましたが,分かりやすい説明でしっかり理解できました。
何事もその道のプロに教えていただくのが一番ですね。

ナンヨウハギさんへ

えっ?息子さん入院してたの??

3日くらいで済んで良かったねぇ~!!

1日2000円でも長くなると負担が大きいから気を付けておきたい部分ですよ!

3日で出ない保険ですか?

今は「日帰り入院・日帰り手術・通院付き」が主流になってますので、保険の見直しをしておきましょう~!!!

もみじ日記さんへ

ありがたいコメントに感謝です!!

プロと言っても、どちらかと言えば何度も入院したプロかも知れませんが・・・ww

私の場合、担当主治医が「大部屋で良いよね!」と、言われたので「もちろんです!!」で、済みました(笑)。
でも、高齢者の入院になると「個室」を希望するご家族が多いようですね。ご本人では無く、ご家族の「プライド」みたいなモノでしょうか?

「医療に差がある」のは問題ですが、「部屋で(医療の)差は無い」というコトも、知っておくべきかも知れませんね。

のんちゃんへ

特別室を希望される方の中にも色々ありまして、中には超頑固で同室の人に迷惑をかけてはいけない・・・と配慮されて入る方もいらっしゃいますね。

また、立場上面会者が沢山来られる人なんかも、やはり同室の人に配慮する方がいます。

そうそう!!部屋で医療の差がないことは知っておかねばなりません・・・が・・・

今回の場合、事前に説明がなかったせいもあり騒動がおきました。

差額ベッド代が病院経営に潤いを与えてくれるのは承知してますが、個人病院ではなく総合病院での出来事やったので、思案していることろですよ・。・

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。