スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音譜に恋して」シーン17

広島ブログ
9月22日開催の「ロックなガン教室」皆さんきてね~☆
初めての方はシーン1からどうぞ。

「音譜に恋して」シーン1

シーン2 シーン3 シーン4 シーン5 シーン6 シーン7 シーン8 シーン9  シーン10 シーン11 
シーン12  シーン13 シーン14 シーン15 シーン16
2年生の去年、初めて臨んだ中国大会の結果は銀賞であった。

この年は、開催が広島県であり、幾分か地の利があるとほくそ笑んでいたが、あったとすれば交通費がかからなかった事くらいかもしれない。

そして上級生は引退を迎え、わけあって銀子はピッコロにコンバートされた。

もともと中学時代に担当していたパートなのですんなり出来るようになったと言う。

一年生の時から勤めていたステージ係もマネージャーに選ばれる。

釘を打つのが上手いから・・・と言うが、それなら打楽器パートの方が上手そうな気もする。

このステージ係は、色んなところで摩擦を生んだ。

自分で測ってセットしたステージを、第3者が勝手に動かすのがとにかく気に入らないらしい。

とろこが、世の中には5センチの椅子の向きが気に入らない人が居て、折角計ってセットしたステージを動かされることが多々あったらしい。

それが癪に触って仕方ない。

ある日、張本人の前で椅子を蹴り上げて、周りの空気を凍り付かせたというから頼もしい。

こんな事も含めて、部活は社会に出てから役に立つと思う。

話しは前後するが、県大会本番の朝。

前日に書いておいた手紙を銀子に渡した。

手紙の内容は覚えていないが、その時の記事はこちら

渡した手紙を楽譜の最後のページに挟んで本番に挑む。

フルートの音色が心なしか、涙ぐんでいるように聞こえた。

その後、手紙の存在を知った友達から「父さん、私にも手紙ちょうだい!」とリクエストを貰ったのが嬉しかった。

お父さん方、娘の大事な時には手紙を書いて渡そうぜ!


もうちょっと続いてもええかな?♪
広島ブログ

「いいね!」もヨロシク~☆

コメントの投稿

非公開コメント

この手紙でブログ記事が2つ。
「一粒で2度おいしい」というやつですね(笑)

もみじ日記さんへ

いえいえ!これだけで後10話は引き延ばせますよ!

但し、他の記事が書けなくなるので、封印してますが・・ww

検索フォーム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。