スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「音譜に恋して」シーン2

広島ブログ9月22日開催の「ロックなガン教室」皆さんきてね~☆
父さんと2つだけ約束しよう。

一つは練習をさぼらずに真面目にすること。

もう一つは続けること。

この2つを条件にして銀子が楽器を始めることにGOサインを出した。

多かれ少なかれ、どちらのご家庭でも葛藤がある部分と思う。

楽器を習い始めたはいいとして、ほどなくマイ楽器が欲しいと言うに違いない。

続けてくれれば楽器を買うことに躊躇しないが、まだ1年生。

折角楽器を購入しても、箪笥のこやしになるのは避けたいところ。

どうせやるなら、続けて欲しいと願うものである。

銀子にそれを問いかけると「うん、続けるよ!」との返事。

年が明けて本格的にヒャマハ音楽教室通いが始まり、それ以来約束が破られたことはなく、何年も続けて皆勤賞ももらった。

しかしまぁ、なんとお金のかかること!

楽器に楽譜代にチューナー・譜面台にメトロノームやレッスン料。

自宅での練習は近所迷惑も考えて、カラオケボックスを借りるのでまた出費。

それでも練習ごとに上手になるのが嬉しくて、せっせと通った。

110621_1827~01

当時は体が小さくて、普通のフルートでは手が届かないので「U字管」という子供用の頭部管で作られた楽器を使っていた。

その頃に思ったことがある。

どうせ楽器を習うのならプロの演奏を聴いておく必要があろう・・・と。

幸いなことにオラが街には広島交響楽団というプロのオーケストラがある。

活動拠点は銀蔵邸の近くであるし、子供向けの演奏会も開かれているので、銀子を連れて行ってみた。

それまで、音楽のコンサートといえば、永ちゃんしか聴いたことがなく、オーケストラが奏でるクラシック音楽にまったく興味がなかったところ、初めて耳にする音楽に衝撃を受けた。

体中の血管が開き肌は震え、プロ奏者が演奏するど迫力がハートを捉えた。

今までこんな世界を知らずにいたのが勿体ない・・・損した・・・と。

子供を連れて見学に行ったはずが、親の方がプロオケの虜になった。

よくあるパターンである。

それ以来、プロアマ問わず、クラッシックコンサートのファンになったオレは一人でもコンサートに出かけるようになった。

人生の幅が広がったように感じる出会いと言えた。

毎日のように練習を重ねていた銀子が初めて人前で演奏したのは2年生の時のフルート発表会。

同じ音楽教室に通う人達が集まっての発表会で「大きな古時計」を演奏した。

親はこの日の為にビデオカメラを買い、余所行きの服も買ってその日に臨んだ。


記念すべき親バカ追っかけデビューの日であった。

まだまだ続くよ♪
広島ブログ

「いいね!」も押してね~☆

コメントの投稿

非公開コメント

銀蔵さま

こんばんは。

とっても素敵なお話ですね。
芸術やスポーツは、家庭の協力なしにはできません。
その協力を理解したら、本人も一生懸命になりますよね。
家族が一緒になって、同じ方向を向くって素敵ですわぁ。

ka・renさんへ

どうもご無沙汰してます~!

そうそう!子供が何をしようとしても、家族の協力って必要ですよね~

しかしまぁ、子供が音楽を続けてくれたおかげで、親は随分と満たされた人生を送らせてもらえましたよ~!!

ありがたいことですね☆

銀ちゃ~~ん

┏━━━━━━━━★┃ 
(。・∀・)ノ゛おっはっぴ~

人生が10倍楽しくなる方法
娘のおかげです♪
銀つぁんちも同じだね(^o^)v

銀子ちゃんはまだまだこれから青春時代を満喫して 
もっとパパを楽しませてあげてね(*・∀・*)
komamichi家は 孫だね
第2の人生は孫に10倍楽しませて貰おうっと♪
もーチョット先の話しだけどアハ(*∀*)              
┃★━━━━━━━━┛

みんな輝く

土曜日は楽しかったですね。
だいぶ飲まれていたように思いますが、大丈夫なのですか?
強いんですね~
子供の応援をする親たち、
みんな輝いてましたよね。
また、次回もあったら盛り上がりましょうね~

komamichiさ~ん

うんうん、そうそう!!

もし子供が居なかったら、どれだけ味気ない人生やったかも知れないと思うと、ありがたいことよねぇ~☆

音楽も自分から進んで始めたことなので、誰よりも自分が楽しんでやっているのかも!

コマちゃんところはお孫さんが楽しみか・・・

目の中に入ってくるよ^^

上杉薬局さんへ

こちらこそありがとうございました~!!

酒は強くないんですよ・・・

翌日は心なしか二日酔いで、危うくマーライオンになるところでした(。。

吹奏楽部の初会合は大成功でしたが、子供が引退しても参加したいですね~!!

現役の皆さんの話を聴くのが楽しみですよ♪

検索フォーム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。