スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「君達に贈りたい言葉」前編

広島ブログ9月22日開催の「ロックなガン教室」皆さんきてね~☆
金曜日の昼下がり。

パソコンのグーグルマップに目をやりながら思案を繰り返していた。

地図に出発点である自宅を設定する。

行先は鳥取市のとりぎん会館。

土曜日は吹奏楽コンクールの中国大会の日。

泣いても笑っても高校で最後のコンクール。遠くても応援に行って子供達の姿を目に焼き付けておきたかった。


銀子高の出番は午前11時からなので、間に合うように出発する必要があった。

そこで、一番安くて、一番早く着いて、一番楽チンな方法を考えていたところ。

高速道路の中国道経由なら約290キロの5時間くらい。

山陽道はもう少し距離がある。

さて、一般道の最短距離を調べてみると、高速を使わずに270キロのコースがあった。

有料道路を一切経由しないので料金はただ。

おまけに距離が短いのでガソリンも少なくて済む。

これしかない!!と思ったが、そのルートは中国山地のど真ん中を横切る道。

広島県で一番雪が多いと言われている道後山を超えて行く。

きっとクネクネ峠を越える道に違いないが、幸いなことに車は足周りを固めたシビック。

ホンダのFFはノーズがスイスイと入っていくので、こんな道には最適。

スバル四駆の抜群な安定感やよく曲がるホンダと、少々では脱線しないアルファロメオの足回り等はメッチャ好みである。

おっと!そんなことはどおでもええねん!!

とにかく、最短距離で料金も不要であればこの道を走る以外の選択はない。

地図を頭に叩き込んで、24日午後9時にエンジンスタートさせて一路鳥取を目指した。

信号も車も多い市内を抜けてしまうと、深夜ということもあり、刻々とオドメーターは距離を伸ばす。

日付が変わる頃には、鳥取との県境に達していた。

途中、休憩のために広い所に停車し、道路に設置してある温度計を見る。

120825_0011~01
暗闇に浮かぶ22度が周囲の静けさと共に、背筋も寒くさせてくれる。

フッと空を見上げると、標高が高いこともあるのか、満面の星が広がる。

手を伸ばせばすぐそこで掴みとれそうな星が光を放つ。

天体オンチのオレなんか、ほとんどの星が分からないが、もしかしてあれは天の川・・?

確信が無いところ、FBに投稿してみたら久美さんが「天の川ですよ」と教えてくださった。

8月24日は旧暦の七夕らしい。
さすが久美さんは博識!!

飽きもせず、落ちてくるような錯覚さえ起こす星空を眺めていると、いくつもの流れ星が見える。

願い事はただ一つ。

全国への切符、それしかない。

再びアクセルを踏み込み、鳥取市を目指す。

幸いな事に道に迷うこともなく、市内に入り仮眠をとる場所を探す。

予め調べておいたショッピングセンターに車を停めたのは午前2時。

一般道だけで5時間なら高速を使う必要はなかった。

自分の立てたケチケチ計画の大成功と、コンビニで買ったビールに酔いながら、眠りの世界へと一時逃避する。

仮眠から目が覚めると、8月の終わりとはいえ朝日は容赦なく照りつけ、開演の時間とともに気温とテンションも上がり続けた。


明日に続くかも!
広島ブログ

良かったら「いいね!」も押してね~☆

コメントの投稿

非公開コメント

これは明日続かないといけないでしょー。

まさちゃんへ

明日サボったら怒られるかな@@??

お疲れ様でした。
そんな旅をされていたとは!
すごいですね。
そして、その続き・・・楽しみにしています。

待ってました!ってカンジですねっ(笑)
広ブロ吹奏楽部の方々すでに結果報告まで済んでるもん。
真打ち登場ってか?

チェリーさんへ

チェリーさんこそお疲れ様でした!!

あそこで電話頂けて嬉しかったですよ~!☆!

この記事も書きながらウルウルしてましたが、続きをどうしましょうか・・・。。

テンションはどんどんあげてね。
血圧はあげたらだめよ。

ずこちんさ~ん

待っててくれてありがと~って感じですww

そうそう!吹部の皆さんが書かれてるので、結果は知れ渡っておりますが、泣かせるストーリー展開で書いてみますね!

金星さんへ

昨日、ドラッグストアに備え付けの血圧計で測ったら、上が140の下が98とかでメッチャ下がってて嬉しくなりました。

セロリ丸かじりの効果が・・?

終ったね

受験じゃ受験!ささっと切り替えてw

⑦パパさんへ

う~ん・・・受験ね・・・・

それについてはまたごゆっくりと(・・

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。