スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニミニ「個人賠償責任保険」講座

広島ブログ9月22日開催の「ロックなガン教室」皆さんきてね~☆
身近な保険のあれこれを日本で一番分かりやすく解説するコーナー。

ん??そんなのいつ出来た?

今作った。

さて、つい最近の事。友人の親族が自転車事故に遭って大怪我をしてしまった。

骨折をして手術が必要な怪我を負ってしまい、ご家族の心配は尽きない。

こんな場合気になることは、怪我と保険の事。

自分が入っている保険が出るのか?

自転車の相手が保険に入っているのか?

入っていたとして、どんな保険か?

入院費用や後遺障害が残った場合の費用に慰謝料は出るのか?等々心配は尽きない。

少し話は脱線するが、オレの持論は「自転車は登録制にして、ナンバー付けを義務付けて、強制保険をかける」

こうしておけば、最悪でも自賠責並みの補償は受けられる。

ナンバーなしで自転車を走らせると、とんでもない罰金が来るようにする。

ついでに言えば、ぶつけて逃げる事件が減るのではないか。

今回の事故は幸いな事に事故相手が保険に入っていて、逃げずに対処したと聞いたので僅かでも救いがあった。

これが保険も入らずに逃げられた日にゃ泣いても泣き切れないと思う。

さて、自分の保険はひとまずおいといて、自転車にかける保険とはどのようなものがあるのか。

一番メジャーなのが「自転車保険」

これは販売店で加入出来るし、学生であれば自転車通学をする生徒対象の「学生保険」みたいなのがあるし、一般の損保会社でも扱っているところがある。

他に「個人賠償責任保険」と言って、誰かの財物や身体に損害を与えてしまった場合に対処してくれる保険がある。

話しは前後するが「学生保険(名前は保険会社によって違う)」の場合、契約者は世帯主になる。

もしご加入の方がいらっしゃればパンフレットを詳しく見て頂きたい。

保険料の割に補償範囲が広い。

自転車通学する子供の事故はもとより、同居する家族も対象になっている場合がある。

つまり、お父さんが自転車通勤をしていて誰かに怪我を負わせた場合でも保険が使えるのである。

他にも、自転車事故だけでなく公園でボール遊びをしていて、近隣の家の窓ガラスを割ってしまったとか、飼い犬が人に噛付いて怪我をさせたとか、車に傷をつけてしまった等でも保険金支払いの対象になる。


「学生保険」は3年間の契約になっているものが多いので、心当たりのある人は覚えておきましょう!

もう一つ学生保険と自転車保険の他に、事故に対応してくれるのが「個人賠償責任保険」略して「個賠」とも言う。

これはどこの保険会社でも取り扱いをしているが、加入している事を知らずに居る人が結構いる。

自動車保険に付帯している場合もあれば、火災保険についている事もある。

オレが火災保険を勧める場合は、大抵付帯するようにしているが、火災保険についている個賠でも自転車事故にも対応してくれる。

基本的に個賠は自動車事故やゴルフ事故や、業務中の事故などには対応してないが、それ以外の自転車事故の賠償等には対応してくれる。

おまけに、同居の家族が自転車で人に怪我を負わせてしまった場合でも使えるので、そのような事故を起こしてしまったら忘れずに使ってもらいたい。

但し、個賠はあくまで人の体や財物に対してなので自分の怪我は別と考えておく必要がある。

自転車保険については日経トレンディに詳しく書いてあるのでご参考までに。

以上「ミニミニ個賠講座」でした。

広島ブログ

良かったら「いいね!」も押してね~☆

コメントの投稿

非公開コメント

私も自転車で人様をけがさせてしまった場合のことが気になって加入している自動車保険会社に確認したところ,「降りても特約」なるものがついていて賠償の対象になるとのことでした。
きちんと調べておく必要がありますね。
自転車のナンバー制は,台数があまりに多いので現実的には不可能ではないでしょうか。
もし実施するとしたら相当な経費がかかると思います。

もみじ日記さんへ

そうですね!!
個賠は色んなところに付帯されてますので、予め知っておけば安心ですよね~

自転車のナンバー制は続きがありまして、相当な経費が掛かると思われますので「自転車登録税」を徴収する案はどうでしょうか??

ナンバー制にしておけば、当て逃げ等の悪質な事例は減るように思えます。

自分がどこの誰か分からなければ怪我をさせて逃げる輩も居ますからねぇ~

まっ、このブログで書いたところで誰にも相手にされませんが・・・ww

検索フォーム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。