スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホ離婚?

広島ブログ
今朝の日経生活欄より。
「スマホ依存にご用心」

「対人関係に支障」「他の依存も招く」と恐ろしい文字が並ぶ。

ナニナニ??「SNS・音楽・ゲームが手放せない」人が増えているとか。

昔、携帯メールが普及し出した頃も似たようなことが起きていた。

寝ている間や風呂に入っている最中でさえ携帯が手放せず、睡眠時間を削ってメールをする人が急増したとか。
それの延長線上にあるのが、スマホ依存になると思われる。

ところが、携帯はメールやネット閲覧が主なのに対して、スマホはその他色んな機能があり過ぎて、携帯より依存が深刻になる例もあるみたい。

特に今流行りのSNSに音楽にゲーム。

「旦那がフェイスブックにはまってしまい、子供と出かけても投稿ネタを探すにの必死になり、子供から愛想をつかされた」

「2人きりでいても夫はスマホを見ていて会話もない」

よく見る光景であるが、こうなると人間関係を築くのが難しくなるという皮肉な結果になっていないか。

SNSを使ってネット上での友人は沢山出来ても、すぐそこにある大切な息遣いに気が付かないようでは何をいわんや。

便利で使いこなせているはずが、反対に依存症にまで発展しては元も子もない。

そこで、スマホ依存度チェックなるものが掲載されていたので、ご紹介しておこう。

●食事中にスマホを見ていることが多い。

●携帯電波の圏外には行きたくない。

●人との会話中でもメールを打つことがある。

●着信していないにもかかわらず、着信振動や着信音を感じることがある。

●SNSに書き込むネタを作るために行動することがある。

●もしSNSがなかったら人間関係が上手くいかなくなる。

●宴会などの場でアプリを操作し、時間を潰すことがある。


以上の中で5つ当てはまれば要注意。

立派な依存症と思われるので自覚しておいて方がええかも!!

そりゃあねぇ・・・イベントとか交流会に来て、一心不乱にスマホを操作してたら、良識のある人は引くよ。

スマホを利用して交流を深めるつもりが、かえって足元を見られるような行動をしていたら、何のためのスマホかと思ってしまう。

ビジネスに繋げるどころか、オレなら会話中にメールを打つ人とは組まないね。

まっ、それも本人次第であるが、これだけは言っておきたい。

スマホ見ながら自転車漕いだり、車の運転するのは止めよう!!

この前なんか、スマホ見ながらスクーターに乗っていたクレイジーな奴を見かけた。

スマホの中に体や命より大切なものがあるとは到底思えない。


そういえば一時期「フェイスブック離婚」なんて言葉があった。

実名登録が原則のFBで、昔付き合っていた異性と連絡を取り合うのが離婚原因の一つとか。

そのうち「スマホ離婚」なんて言葉がニュースのヘッドラインを飾りそうな予感がしている。

こんなたかが家電に、人生を左右されてしまうのもどうかと思うね。

景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
208871_335102623233486_1611009770_n.jpg
中区本川町1丁目1−28
相生橋西詰め信号より十日市方面へ100メートル。
景雲堂書店さんの入り口ドアを開けるとこんな棚が目に留まりますので、ご覧ください!

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね。

コメントの投稿

非公開コメント

脱スマホ難民 で頑張ってる最中だよ

当てはまるのは3つだけど
依存症予備軍みたいな気がして
危険危険

おっしゃる通りだと思います。
以前讀賣の編集手帳にも同種指摘がなされていました。
友人より家電が大切と思う人とは友人になりたくないですね。
でも私と銀蔵さんはいわば家電つながりですから,家電にもそれなりに感謝しないといけないかもしれませんね(笑)

さいこちゃんへ

まだスマホにしてないからよく分からん部分はあるけど、何となく想像出来るよ!

使いこなせるまでが面倒臭いので、使いこなせるようになると、はまる危険がありそうね(・・

まっ、自分が危険水域に入っていると認識しておくだけでも随分違うと思うよ!!

もみじ日記さんへ

まったくですね~!!

デジタル革命のお陰でこうやってブログやSNSを通じて全国の方と知り合えてやりとりが出来るのですから感謝です!!

讀賣にも同じような記事が掲載されていたとは知りませんでした。

ネットを通じて知り合った人が大切なことは勿論ですが、目の前で一緒に居てくれる人も同様に大切に思わなければ片手落ちになってしまいそうな気がします。

コメントをありがとうございました!!

検索フォーム

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。