スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保険の目的とミニミニ相続講座

広島ブログ
今朝の日経新聞に、相続に関して載っていたのでご紹介しよう。

主に親の自宅を子供が相続する場合について書かれている。

オレの昔からの持論であるが、不動産の大きなデメリットに「流動性がないところ」を挙げたい。

流動性とは、売りたい時に買い手が居ること。

「賃貸派」対「持家派」の仁義なき永遠の闘いシリーズで持家派の人が言うことば。

「将来は自分の物になるし、売却することも出来るが賃貸住まいではそれが出来ない」と。

確かにその通りであるが、売却するもなにも買い手が居てこその取引成立であり、買い手が居ないことには絵に描いた餅で終わってしまう可能性が高いのが不動産。

同じ資産でも証券になるとまったく違う。

売りたい時に証券取引所で売りに出せば、大抵は買い手がつく。(もちろんつかない事もあるが)


すぐに換金可能な証券と、買い手が見つからず買い叩かれる可能性が土地にはある事を忘れないようにしたいね。

しかし、その一点だけを取り上げて「持家はダメで賃貸にしなさい」なんて言う積りは全くない。

持家を買おうかと思った時、一歩離れて考えてみること。

「この土地と家を自分以外の第三者で欲しがる人がいるだろうか・・・」と。


話しを相続に戻すが、相続人が複数居て、相続する財産が不動産しかない場合どうする??

一般的な方法として以下の分け方がある。

「等価分割」

「代償分割」

「共有」

「現物分割」

其々にメリットとデメリットがあるが、今日は「代償分割」にだけ話しを絞って書こう。

代償分割とは、一人が不動産を相続して、残った人にはお金を払うやり方。

例えば兄弟3人が親の家を相続するとして、不動産の評価は1000万円としよう。

中の1人が不動産を相続して、残った2人に1000万円の3分の2を渡す方法。

例えて書けば「長男不動産を相続」「次男自宅を相続した長男から330万円もらう」「3男、同じく長男から330万円もらう」「長男は不動産をもらう代わりに2人の兄弟に660万円払う」

こうすれば、不動産は残るし公平に分ける事が出来るが、問題は長男に多額の資金が必要になってくること。

そこで今日の本題に入るが、「こんな時に生命保険を活用しよう!!」という流れとなる。

不動産の評価額が問題になるが、予め調べておけば問題あるまい。

そこで、親を契約者・被保険者で受取人を長男にした保険契約を結ぶ。

保険金は長男の固有の財産とみなされるので、相続財産には含まれない。(但し、契約者・被保険者・受取人が其々違う場合は贈与税がかかるので注意!!)

そのお金の中から次男と三男に渡せば長男の負担は軽くなる。

注意点としては、保険契約が有効であることと、不動産の評価に対して適切な保険契約か・・・というところかな。

老齢の親が持家に住んでいて、兄弟が多い方はいつか降りかかってくる問題なので、予め話し合っておく事が大切になるね。

その場合の保険でも、余分な特約類が付いていない商品を選ぶ事。

保険には必ず「目的がある」と書いたことがあるが、同じ死亡保険でも人によって目的が違ってくる。

ある人にとっては残された家族の為であるが、ある人にとっては相続費用の為。

またある人にとっては、事業を続けるためのものであり、ある人にとっては借金返済の為である。

保険の目的を明確にしておけば、無駄な保険料を払う事無く備えておける。

以上、ミニミニ相続講座でした。

景雲堂書店さんで古本オーロラやってます。
208871_335102623233486_1611009770_n.jpg
中区本川町1丁目1−28
相生橋西詰め信号より十日市方面へ100メートル。
景雲堂書店さんの入り口ドアを開けるとこんな棚が目に留まりますので、ご覧ください!

FuriFuriしっぽ♪のくぅーさんノビコさん新築の家をネコにジャックされたずこちんさんと4人でやってます。

来てね~!

広島ブログ

Facebookのバナーも付けてみた。
良かったら「いいね!」も押してね。

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
フリーエリア
主な著書のご紹介
                                   2007年7月アスカビジネスより出版                             「高木明房」とはオレのことなんでお間違いなく!                                      2006年3月あっぷる出版より。                               暴露本ではなく爆笑本ですのでお間違いなく!                             中卒の経済学は週刊朝日でもとりあげられました 070907_1903~01-s                                    しきゅうのお知らせall women しきゅうのお知らせ 子宮頸がん情報 allwomen.jp Noriaki

バナーを作成
最新記事
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
ブログ翻訳
RSSリンクの表示
プロフィール

銀蔵

Author:銀蔵

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。